【vol.1683】センター試験8割とりたい!『センター試験の壁』ダイジェスト版【英語】|受験相談SOS

質問
中森先生!

センター試験対策方法を教えて下さい!

私は今、センター6割位で8割を目指しています!

どうやったら8割取れますか?

中森先生
じゃあ科目毎に?

今回は英語メインでいきましょうか!

高田先生
これ皆さんに是非見ていただきたいのが、センター試験の壁シリーズの動画撮りましたよね?

中森先生
撮りましたね~

高田先生
あれ僕としてはめちゃめちゃいい出来だなと思ってて、センター試験対策の全てがあそこにはつまってると言っても過言では無いんじゃないですかね?

中森先生
そうだね

高田先生
なんで、今年センター試験を受ける受験生の方はセンター試験の壁シリーズ、6割の壁、8割の壁、満点の壁とかねかなり詳しく話してるんで見てもらえたらと思います。まあ概要欄のリンクからご覧ください。

中森先生
はい

高田先生
今回はそのダイジェスト版というか簡単にお話しようかなとは思うんですけど、じゃあ英語でどうしたら8割取れますか?

中森先生
大きく3つの流れがあると思うんですよね

高田先生
流れが3つ…はい

中森先生
簡単にいうと基礎知識をつける、これが第一段階ですね

高田先生
はい

中森先生
続いて時間無制限で読めるだけの力を身につける、これ第二段階

高田先生
うん

中森先生
で最後が大問別対策…まあ大きくこの3つかなとは思いますね

高田先生
基礎知識を身につけるには単語・熟語・文法・解釈のあたりですね?

中森先生
そうですね。例えば6割って言ってて文法の正解率が3割とかですって話だったら基礎知識まず無いと思うし、6割そもそもいかない段階なら基礎知識入ってないと思う。

単語とか熟語とかそのレベルでね??

高田先生
はい

高田先生
まずはこれは入ってる大前提だと思うんですよ。

だから具体的に参考書とかの見込みでいうと、例えば『システム英単語』なら1200までは終わっててほしくて、『NextStage』なら1冊終わっててほしくて、で解釈なんか1冊終わっててほしくて、で長文1.2冊終わっててほしいみたいな感じじゃないですか

中森先生
はい。じゃあここまでが6割で終わっててほしいことですかね?

中森先生
そう

高田先生
多分次で悩む人多いですかね?

中森先生
6から8割っていうのは純粋にセンターの問題を解き慣れなきゃいけないっていうのもあると思うんですよ。

だから第3段階の分野別対策も実は第2段階でやってる人もいると思うんですよね。だけどこの時間内に終わらせないといけないていうのに慣れてないと思うんですよ。

高田先生
80分間であれだけの量の長文を読むっていうのがセンター英語の酷なところですからね

中森先生
これができない人にありがちなのが、時間内に読み終わる力がないのに全訳しようとするパターン!!!

根本的に読む速さを上げるっていうのはまず絶対的に必要で、それプラス大問ごとに読まなきゃいけないことをおさえる能力が必要なんじゃないかなと

高田先生
なるほど~

中森先生
この文章だったらこういうこと聞くでしょう、とかこういう情報必要でしょうみたいなのがセンターの長文は大問ごとに結構違うじゃないですか!

高田先生
気づいてくれてればね、中森先生が言ってることあーわかる!!!ってなるんですけどね!やってない人伝わるかなあ

中森先生
だから第4問、第6問あたりは読む場所全然違うでしょみたいなのはあるじゃないですか?

高田先生
はい

中森先生
ただその手前としてそもそも読む速さが速くないといけない、正確に読まなきゃいけないっていうのはあるのでそれで武田塾が推奨してるのはやっぱりシャドーイングじゃないですか!

高田先生
はい、CDを聞いてそれを真似して音読しようというやり方ですね

中森先生
うん。

でCDで読まれてる速さくらいで読めるようにすると、長文をね。普段から読む時それを当たり前に読めるようになることを推奨してるわけですね

高田先生
はい

中森先生
で、これができるようになれば時間内には終わるようになるだろうという話なわけですよね、うん

高田先生
大問ごとに読み方を変えるっていうのは3つ目であり2つ目にも重なってくるって話しましたけど、この対策では『きめる!センター英語』とか僕おすすめですかね

中森先生
ですね。あとは縦に10年分やるとか

高田先生
チラシ問題ばっか10年分やればチラシ問題で聞かれるところっていうのが大体見えてきますからね

中森先生
そうだね。過去問10年分だと傾向変わっちゃうかもしれないから5年分プラス例えば実践問題風やるとかっていう形で慣らしていくのがいいかなって思いますね

高田先生
センター英語は大問ごとの読み方がメチャクチャ大事になってくるんで、そのあたりは今話した『きめる!センター英語』とか過去問、実践問題集使うとかそういったやり方で対策、克服していってもらえたらと思いますね

中森先生
注意するのは全訳病ね!

高田先生
はい

中森先生
全訳しさえすれば読める、解けるみたいな感じに思ってる人が結構多いと思うんですけど…

いや別に全訳しても時間内に終わるんだったら全然いいんだけどなんか全訳目的になってる人は全訳したところで解けて無いと思うんですよ

高田先生
うん

中森先生
で結局読まなきゃいけない情報ってなんなのってことがわからないままただ訳すことが目標になっちゃってる気がするんですよね

高田先生
無駄なところに時間をかけ過ぎてしまっているんじゃないかと

中森先生
そう~例えばチラシを読む時に何の情報を見ますかっていう!

旅行のパンフレットとか実際問題で出るじゃないですか、ってなった時に訳よりもいくらなのかとかどこに行くのかとかキャンセル料は何日前ならいくらなのかとか

高田先生
あ~ありますね

中森先生
なんか割引制度あるのかとか、そういう話を本当にチラシみるひとだったらそういう情報をみるじゃん。

高田先生
はい

中森先生
訳そうとか思わないでしょ!って話なんですよね

高田先生
今回はうちの会社を選んで頂きありがとうございます~とか読まなくていいよ!

中森先生
実際それが日本語の旅行のパンフレットだったとしてもこういう情報読むでしょ!っていう常識的な部分というか、普通このチラシ読む人ならこういう情報気にするでしょみたいなことが求められてることだと思うんですよ。

高田先生
うん

中森先生
これ新入試とかでも結構その傾向は強くなるかなあとは思うんですけど、この文章を通して何の情報を得たいのか?ってことを考えておくのってかなり大事かなと思うんですよね。

高田先生
うんうん

中森先生
例えばディベートの問題、なんか話し合いしてる問題だったらある人の意見はこうでこの人の意見はこうであの人の意見はこう…

この部分で一致してたり対立してたりするみたいなことを整理するとか…そういう読み方のセオリーみたいなのを身につけることが大事かなと思いますね

高田先生
そのあたりがセンター試験の高得点の鍵になってくるんで、ちょっと皆さんも対策気をつけてもらえればと思います!

中森先生
はい

高田先生
まとめると、最初単語・熟語・文法・解釈の基礎知識をちゃんとつけようねと。

でその後時間内に読み終えるように速読力を鍛えていきましょう。

で3つ目も2つ目と重なる部分あるんですけど大問ごとの読み方をちゃんと身につけようねと

中森先生
はい

高田先生
これがちゃんとできればセンター試験の8割突破も夢じゃない!

中森先生
もうなんなら満点も狙いにいけるよと。

高田先生
なるほど~で詳しくはセンター試験の壁っていう動画でかなり詳しく深くまで話してるんで英語を使う人は是非見てみてください

中森先生
はい

高田先生
今回は以上です!