【vol.1659】高1・高2はまず英語・数学から‼︎国語・理科・社会の追加の時期/タイミングを教えます!|受験相談SOS

質問
旧帝理系志望の高1です。英数以外に手を出すのは英数がどれだけ完成してからですか?

中森先生
んーこれはやっぱ気になるよね。センター試験も終わっちゃうしね。

高田先生
でそもそもちょっと前提なんですけど。武田塾、もし高1から勉強するんだったら、高2から勉強するんだったら、英語と数学、こっから始めようねって言ってるじゃないですか。全科目まんべんなくやるよりも。じゃあ次、気になるのは次英数どんだけやったら物理言っていいんですか、化学やっていいんですか、っていう質問だと思うんですよ。中森先生的に基準とかルールってありますか?

中森先生
基準は武田のルート的に日大レベル終わったら、科目追加ですね。

高田先生
基礎ですね。

中森先生
はい、まあまあ、ね。全範囲がまんべんなく基礎終わって点の取り方わかったらですかね。だからもう点の取り方っていうのが重要で、参考書終わっただけだと微妙なんですよね。模試とか、過去問とかで点とれるとこまで仕上げないとなかなか定着しないと思う。やり方が間違ってるかもしれないしね。そこまでやるのが基本かなあと。

高田先生
これはなんか、英数両方ですか、どっちか1個ですか?

中森先生
えーっと英数以外に手出すんなら、英数どっちも終わってからの方がいいんじゃないって気はするんだけど。

高田先生
たとえば英語仕上がりましたよ。英語、センターとか、その共通テストとかで点数取れるようになりましたよと。じゃあ次物理始めようかなーと思ったけど数学まだなら数学早くやったほうがいいよってことですよね。

中森先生
そうですね。ま、あの文系で数学使わないんですとかならわかるけど、英数絶対使うことがわかってるなら量が多いから先に終わらせた方がいいじゃないですか、基礎に関しては。

高田先生
なるほど、なるほど。じゃ数学ってなるとこの子高1なんで数Ⅲまでの基礎ですよね。結構、もう多分この子はもう早く始めたい!って感じだと思うんですけど、結構まだまだ英数時間かけてじっくり仕上げてから行った方がいいよぐらいの感じですね。アドバイスとしては。

中森先生
そうですね~。まあとりあえず一つの目安は共通テストっていうのが一つの目処になるとは思うんだけど。あれはⅢがないんで、Ⅲをやるならそれはそれで別に自分で追加でね、日大レベルの過去問やってけばいいかなと思うんですけども。やっぱその共通テストで点とれるとこまでやる、あるいは英語だったら英検2級とるぐらいのとこまでやったほうがいいかなって感じですかね。

高田先生
やっぱこう、いろんなね、物理化学やりたいって気持ちはわかるんですけど、まずは英数集中して、英数を形にしてから始めようってことですね。たださっき共通テストって話があったんですけど、共通テスト過去問がないじゃないですか。どうやって対策したらいいですか?

中森先生
今日の一冊でも紹介したんですけど、『はじめての共通テスト対策』っていうZ会から出てるこれ予想問題集ですね。実際のプレ問題と、要はプレっていうのは実験問題みたいな公開してるやつと、それをもとに作った予想問題があるんでそれをともかく解いていくといいかなと思いますね。

高田先生
まあ要はセンター問題の代わりじゃないですけども共通テストがどんなもんなんだってことを知って、ある程度ちゃんと取れてるなってなってから、次物理増やす、化学増やすとかってやっていってもいいですね。

中森先生
結局ね、あのー科目を増やしても、受験に間に合えさえすればいいわけじゃないですか。基本的な考え方として。パンクするのが一番まずいとは思う。

高田先生
増やしすぎて。

中森先生
そうそうそう、そうだし、なんか今までやってた科目を他の科目を増やした結果回らなくなるっていうのは避けたいじゃないですか。先にやってた科目のほうが優先度高いんだから。当たり前だけど。だからそっちがちゃんと点取れるとこまで仕上げてから進むっていう考え方でやってかないとまあ結構危ないかなあと思いますよね。

高田先生
そうですね。なんでまあ、高1なんでね焦る気持ちとか、色々目移りしちゃったりとかあると思うんですけども、英数完成させてそれで武器にしてほしいですね。

高田先生
ま、もし他の科目やりたいなら試験前とか学校のね、定期試験でやる勉強を入試レベルで使えるところまで基礎の完成度を上げてくとかはありだと思う。例えばだけどね。それをちゃんと知識キープしながらやってけば後々、本格的に科目対策に入るときもアドバンテージになるじゃないですか。だからそういう形でやった方がいいかなと。あくまでも全範囲をまとめて完成させていくのは英数優先でやってったほうがいいかなあと思いますね。


はい、こんな感じで高校一年生の皆さん頑張ってください。今回は以上です。