【vol.1658】文転受験生必見‼︎高田流 受験で使わない科目の定期テスト対策法|受験相談SOS

質問
「先月文転した神戸大学経済学部を目指している者です。自分は文転なのですが学校のクラスは理系クラスのままなので中間テスト期末テストの特に物理と化学で欠点を取ってしましそうで不安なのですが、おすすめの回避策とかありますか?あったら教えて下さい!」

高田先生
中森先生、先日僕と清水先生で文理選択の落とし穴っていう動画を出したんです。で、他にも文転に関する話とかも僕動画で話したことあるんですよ。そうしたら文転した子から悩みの相談が来てるので今日はそれに答えてもいいですか?

中森先生
どうぞどうぞ。

高田先生
今回頂いてる質問こちらです。「先月文転した神戸大学経済学部を目指している者です。自分は文転なのですが学校のクラスは理系クラスのままなので中間テスト期末テストの特に物理と化学で欠点を取ってしましそうで不安なのですが、おすすめの回避策とかありますか?あったら教えて下さい!」

中森先生
うん。

高田先生
これまでの武田塾チャンネルで文転いいよとか、学校の授業内職しようとか、色々と話してきました。やっぱり心配なのはテストなんですよ。僕も明石北高校の理系クラスに入ってて文転してるので物理、化学、数学Ⅲのテストとかがめちゃくちゃきつかったです。その時の個人的な体験談話してもいいですか?

中森先生
どうぞどうぞ。

高田先生
まず僕がやってたのは、まず学校の授業内職してるんですよそもそも。

中森先生
そうだね。

高田先生
だから話聞いてないので、まず理解するところからのスタートなんですよね。そこでやってたのは参考書ですね。数学Ⅲだったら『初めから始める数学Ⅲ』。物理は橋元先生の『物理を初めからていねいに』を読んでいました。で、化学もなにかそういう講義系の本を買ってまず理解することから始めましたね。

中森先生
はい。

高田先生
で、なんとなくこういう感じなんだということを数学、化学、物理と理解して、次何したかっていうと学校の傍用問題集の重要っていうやつだけやっていました。

中森先生
あぁ~なるほどね。

高田先生
僕の学校だったら、物理が『リードα物理』、化学が『セミナー化学基礎+化学』を使ってたんです。

中森先生
ほぉ~

高田先生
学校のテストも先生優しいので、なんだかんだリードαそのままとか、セミナーそのままの問題とかいくつかあるんですよ。それをちゃんと取れれば欠点免れるなっていうのはわかったので、リードαとセミナーのもう全部は無理だってなって、なんかリードαってA、B、C、Dの4段階ぐらい分かれているんですよね(問題が)。で、A・Bぐらいまではなんとか全部仕上げて、もうC・Dいいわと思って写しましたね。

中森先生
あぁ~

高田先生
で、なんとか30点とか40点取って、赤点とか欠点はセーフみたいな。セミナーもそんな感じですね。セミナーも重要例題みたいなやつだけやって乗り切ってました。

中森先生
まぁだからこれ、如何に負担を減らすかの勝負なんだよね。

中森先生
そうなんです!

高田先生
無勉でさ、突破はやっぱりなかなかできないわけじゃない。

高田先生
できないです、(できたら)天才ですね。

中森先生
だから、最低限ここさえやればなんとかなるっていうのは、先生の出している問題とかを問題集とかから一回調べて難易度予測することが大事ですよね。

高田先生
で、やっぱここで時間かけすぎちゃうと今度受験勉強がおろそかになっちゃうんで、僕もリードαとかセミナーとか一応解けるようにはしてましたけど、仕組みとか一切わかんなかったですもん。

中森先生
はい。

高田先生
化学平衡何かわかんないけどとりあえずこうしたら答えは出るみたいな。もうその丸暗記っすね完全に。パターン暗記で乗り切ってました。

中森先生
僕も先生の出す問題予測して大体やってました。

高田先生
中森先生当てそうですもんね。

中森先生
フフ(笑)。でも大体授業中大事だって言ってるとこだすじゃん、やっぱりさ。

高田先生
あ~確かにそれメモっとくのは大事かもしれないですね。

中森先生
もしくは聞いて覚えとけばいいだけの話だから。うん。で、あと優秀なノートが書くのが上手い友達が強調して書いているところはおそらく先生が繰り返し言ってたところだなって思うから、それを見せてもらってそこだけ覚えるとか。

高田先生
なるほどなるほど。そうですね、だからここでまぁテスト勉強確かに心配なので例えばそのテスト1週間前とかはテストに完全にシフトしてもいいと思うんですよ。受験勉強一旦止めて。学年にもよりますけど。

中森先生
うん。

高田先生
で、その1週間の中でまぁ多分僕の学校の先生は傍用問題集からよく出す先生だったので傍用問題集の対策。あるいはまぁ教科書から出す先生、プリントから出す先生、授業中の発言がめちゃ出る先生、色々タイプは違うじゃないですか。

中森先生
うんうん。

高田先生
それぞれの先生の傾向を予測して、それに合わせた対策をしてほしいですね。先生の傾向を整理してね、最低限でいいので、満点取ろうとしなくていいので、ここさえできれば欠点免れるなっていうギリギリのラインを攻めるようにしてもらえたらなと思います。

中森先生
ただね、最後に1つだけいいですか。欠点っていう言い方がね、僕は赤点だったんですよ(笑)。なんか結構みんななんて呼ばれてるのかなぁみたいな。

高田先生
それ気になりますね。

中森先生
最後アンケート取りますかじゃあ。

高田先生
アンケート取りましょう。

中森先生
皆さん赤点とか欠点のことなんて呼んでました?自分の学校ではなんて呼んでるか良かったらアンケート答えてもらえたらなと思います。

高田先生
僕は欠点でした。

中森先生
僕は赤点でした。

高田先生
というわけで今回は以上です。