【vol.1656】灘高式⁈先取り学習法で高1・高2生は合格率アップ!参考書で先取り学習のポイントを伝授!|受験相談SOS

質問
金沢大学医学部志望の1年生です。武田塾のルートを進めているのですが習っていないところを進めるのにはどうすればいいですか?

中森先生
先取か…?

高田先生
多分、たぶんですよ。公立の高校で私立の中高一貫校に負けまいと頑張って進めていってるところだと思うんですよね。それは偉いっす。習ってようが習ってまいがもう目指す大学に行くためにやるべきことは決まってるんで。

中森先生
まあね。志望校から考えたらそりゃね、みんなと同じことやったらなかなかねえ、受かるの難しいでしょうから、先取り先取りやってかないといけないですよね。

高田先生
ミスター先取りこと、この武田塾の高田が話をしていきたいなと思うんですけれども。僕自身も実は先取学習をしてました。僕も京都大学目指してたんで、やっぱりこう難関のあの私立の中高一貫校の子たちと戦わないといけないと考えたときにやっぱり自分ももう学校のペースに合わせてやってたら間に合わないだろうと思って参考書を使って先取り勉強してました。で使ってた教材が『高校これでわかる数学ⅡB』。

中森先生
あー、あのクマのやつね。

高田先生
はい。これを高1の冬ぐらいに始めてました。まずそもそも参考書で先取り学習できるの?っていう質問が来ると思うんですけど。

中森先生
理系は特にね、わかんない問題質問しないで進めないんじゃないかって出そうだよね。

高田先生
結論から言うと参考書での先取学習もできます。可能です。でその時気を付けてたのが、理解するよりもいったんできるようにする、っていうことを意識してましたね。やっぱり参考書、文字の情報なんでここがわかんない、あれがわかんないとか言い出したらきりないんですよ。例えば数学の微分とかで2xの二乗を微分すると4xになるじゃないですか。ベクトルの内積とかで90度の内積はこのベクトルとこのベクトル掛けたら0になるとかあるじゃないですか。そういうの説明しようと思ったら、もう大学レベルの内容とかになってくると思うんですよね。一個、一個、これがわかんない、あれがわかんないって言ったらキリないと思うんで全然先進まないんですよ。でもあのセンター試験の数学とか実際の入試問題を見てみたときにじゃあなぜ内積が0になるかっていうことを覚えとかなきゃいけないかっていうとそんなことはないですし、この微分の原則、使い方はわかってなくてもあのー問題は解けると。だからまず一旦できる問題を増やそうということでパターンを覚えてそれを解いてく、パターンを覚えてそれを磨いてくってことを繰り返していきましたね。

中森先生
学習を段階分けするってことだね。

高田先生
そうですね、はい。理解するのは後回し、法則を理解していったん解いてみるって感じ。手を動かすのは大事やなって思うんすよ。

中森先生
はいはいはいはい。

高田先生
ま、講義系の参考書って充実してるじゃないですか。読んだら理解できると。だからみんな読む方を頑張っている印象あるなあと思うんですよ。でも、やっぱり数学とか物理とかその理系科目に関しては手を動かさないと。自分の手でしみこませる、覚えこまさないと、なかなかできるようにはならないかなと思うので、どんどん手を動かしてほしいですね。これ昔中森先生か林塾長かどっちが言ってたか忘れたんですけど、iPhoneあるじゃないすか。iPhone。ここにもあるんすけど。あの、iPhoneがどうして動くのか、光ったりするのかっていう仕組みって難しいじゃないすか。でもその仕組みを知らなくてもiPhoneは使えるじゃないですか。だからそのなぜそうなるか仕組みはわかんなくてもいいから、iPhoneを使えるようになろうと。それに近くないですか、数学とか物理って。

中森先生
よく言われる本質理解って話があるじゃないですか。本質理解ってどこまでのことを本質理解って言ってるのかってなったときにキリないんですよね。

高田先生
特に初学者だと全く判断つかないと思います。

中森先生
いわゆるコツをつかむっていう段階がないとさじ加減がわかんないんだよね。だからそういう意味で言うと分かりやすいのは、解けさえすれば同じ問題は解けるわけだから、解ける問題を増やした方がそのあとの理解は楽になるっていうのは間違いなくあるとは思うんだよね。

高田先生
一旦今の段階、初学者の段階だと、解けることを優先して、解ければ別に入試受かるんで現象の理解は後からついてくると思った方が進めやすいかな、気持ちは楽かなと思いますね。

中森先生
ま、だから、解けるようになった後にもう一回講義系読み返してああ、こういう話なんだ、なんでこうなるかっていうとこうこうこういう理由だったんだって感じで理解した方がわかりやすいかなとは思いますよね。

高田先生
ま、初学者の方に届けばいいなと思うんですけれども、初学者の方が進めるときの注意点を今はなしていたので参考にしていただけたらなと思います。

中森先生
ぜひね、先取り学習で第一志望を勝ち取ってもらえればと思いますので。

高田先生
先取り頑張ってください。今回は以上です。