【vol.1599】今から志望校の過去問を解く!?まず過去問で見るべき注意点!!|受験相談SOS

質問
今の時期に志望校の過去問は解いてみた方がいいですか?

中森先生
まぁ今動画撮っているのが5月の中旬ぐらいですけれども、やってみたほうがいいとは思いますよね。

高田先生
受験生の子でこの動画見てたら思うのがだってまだ解けないっすよ早くないっすか?みたいな。っていう意見が多いと思うんですけど、そのへんはいかがですか?

中森先生
そうだね。いやぁね、解けるかどうかじゃないんですよね。

高田先生
はいはいはい。

中森先生
なんていうか、点数じゃないんですよ、この時点で解くのって。

高田先生
うんうん。

中森先生
あの~詳しくは武田塾の動画の大学受験の歩き方っていう動画を前に撮ってその時に過去問の使い方っていうのを話しているんですけど、この時期一番始めて過去問を見る時っていうのは、まぁ入試の勉強を始めるときでもいいんですけれど、見といてほしいのは志望校のね、出題形式とか制限時間とかそういう部分を見てほしいんですよね。

高田先生
うんうん。

中森先生
まぁ実際にこれ僕がやったことなんですけれども、国語で古文・漢文があるかないかを見ないで入試直前になっちゃったみたいなことがあったりとかね。

高田先生
おぉ~。うわ!マジ?漢文出たんだみたいな(笑)

中森先生
僕、当日に気づいたんですけど、とか。あとは英作文があるの?ないの?あったとしたら和文英訳なの自由英作文なのとか。

高田先生
はい。

中森先生
リスニングあるの?とか、世界時の論述はあるの?あるいは記述はあるの?理科とか数学で記述の分量はどれぐらいあるの?とか制限時間はどれぐらいなの?とかね。そういうことを結構知っとくってだけでもだいぶ違うかなぁとは思うんですね。

高田先生
なので、今の時期過去問をやる目的としては「ゴールを知ること」ですよね。

中森先生
そう。

高田先生
今じゃあ勉強実際春から始めてますよと。君たちはいったい今どこに向かっているんだと、どんなことが入試の時にできるようならないといけないんだと。

中森先生
うんうんうん。

高田先生
ゴールわからない状態だと別の方向に行っちゃう可能性がありますから、正しいゴールの姿をちゃんと理解してそこに向かって一直線で頑張ってこうねっていう、そういう意味での過去問演習ですよね

中森先生
はい。だからまぁ受験勉強は特にやっぱりスタートとゴール両方を意識しておくことがすごく大事だと思うんですよね。

高田先生
はい。

中森先生
だからゴールは常にこうなんかさぁ、そこだけ見ててもダメだから。今やんなきゃいけないのは当然スタートからね、現状の一に合わせてやってくっていうことにはなるんだけど。目的見失っちゃうとだいぶ紆余曲折しちゃうというか、道に迷うことが結構出てくるんですよね。実は道間違えてたっていうことに後から気づくっていうのが結構ピンチなので早い段階で最終目標を把握しといた方が良いですよね。

高田先生
なのでできなくて全然OKです!

中森先生
うん。

高田先生
勉強今始めてて、実際ね、入試の時にどんな問題で合格点取らないといけないのか。それを把握してほしいので、そのために出題傾向などを見るために過去問演習をやってください。

中森先生
ちょっとでも解けるところがあるとテンション上がりますよね。

高田先生
お!なんか成長したみたいな。

中森先生
(笑)

高田先生
それが勉強始める前と今の差ですよね。

中森先生
うんうんうん。あの、「できること探し」とか。今の自分の中でどれぐらいの抵抗ならできるのかみたいなね。当然合格点はまだまだ取れないとは思うんだけど。あ、でも出てきてる用語は別にそんな難しいのないなぁとか。

高田先生
うんうんうんうん。

中森先生
あ、でも似たような問題前の問題集でやったなぁみたいなのあるだけで、結構モチベーションに繋がってくる部分はあるので。

高田先生
はい。できなくてもそれは当たり前なのでそれは全然志望校下げる必要とかないので。

中森先生
はい。

高田先生
ゴールを知るつもりで過去問一回解いてみてください。今回は以上です。