【vol.1568】【MARCHレベルの壁!】英語長文のレベルの違いを克服するための精読練習法!!|受験相談SOS

質問
山火先生に質問です。MARCHの壁に詰まった時に精読の練習をしたと言っていましたが、具体的に何の参考書で精読の練習をしたか教えて下さい。

山火先生
いやー、これはね、もう武田塾チャンネルで何百回話したか分からないですが、

高田先生
本当ですか?

山火先生
あ、いや冗談です。何十回ですかね。何回ですね、すいません。分かりませんが、じゃあちょっと話していきましょうか。

高田先生
うん。壁にぶつかったんですよね。

山火先生
そうですね。あのー、

高田先生
それがMARCHの壁。

山火先生
そうですね。MARCHの壁ですよね。

高田先生
時期はいつぐらいですか?

山火先生
武田塾だと、基本的に早慶志望であれば8月末までにMARCHレベルを突破しないといけないじゃないですか。だからちょっと僕の場合、やっぱり偏差値37ということもあり、進学校っていうこともあり、遅れに遅れまして、2ヶ月くらい遅れたんですね。

高田先生
はい。10月くらい?

山火先生
10月、更に越えて11月。2ヶ月半くらい遅れたんですけど、

高田先生
11月くらいにMARCHレベルの本やって、壁にぶつかったと?

山火先生
壁にぶつかりましたね。

高田先生
それは、どんな壁ですか?

山火先生
そのMARCHレベルの参考書を十分やった気になってたんですね。MARCHレベル終えて、その後段階突破テストって感じでMARCHの過去問やったんですけどやっぱり初見の問題中々解けないと。

高田先生
うん。

山火先生
これ、結構あるあるだと思うんですけど、もう。どうしてMARCHレベルの英語長文読めないんだろうっていうところでいくつか仮設を立てまして、まず一つ目が読んでる英語長文の量が足りないんじゃないかっていう。1日3分くらいの長文を2週間読んだんですね。

高田先生
はい、めっちゃすごいですね。めっちゃ読みますね。

山火先生
そうですね。で、2週間で読もうって思ったんですけど、結局10日くらいで終わったんですが。なので、まあ30個くらい読んだわけですね。過去問とかいろんな英語長文とか。

高田先生
そしたら読めるようになるでしょう。

山火先生
って思うじゃないですか!?全然読めなかったですね。

高田先生
ああああ、じゃあ二つ目の仮設は?

山火先生
はい。精読ができてないと、思いまして精読をしようと思いました。武田塾って1日に1つとか2つとか英語長文やるじゃないですか。その英語長文を精読するっていうのはもちろんなんですが、プラス昔やった『英文読解入門基本はここだ!』ですね、英文読解の一番最初にやる緑色の大東亜レベルの問題集なんですけど、それをもう一度やり直し!

高田先生
なるほど。

山火先生
はい。それをもしっかり精読をして、かつプラスあと僕の時代は『基礎英文解釈の技術100』だったんですけど、それも自分に抜けてるなっていうところをしっかりやり直し、それを2週間ほど続けたら、なんと!

高田先生
はい。

山火先生
読めるようになったんです。MARCHレベル

高田先生
おおおおお。

山火先生
はい。

高田先生
今回質問で、精読の練習をしたと言っていましたが、具体的に何の参考書で精読の練習をしたかを教えて下さいという質問なんですけど、

山火先生
ですね。

高田先生
『英文読解入門基本はここだ!』『基礎英文解釈の技術100』

山火先生
はい、今だと70ですね。

高田先生
『基礎英文解釈の技術70』で今までやった長文、これを精読していったと。

山火先生
そういうことです。

高田先生
今まで精読は、あんまり出来てなかったんですか?そしたら、

山火先生
うーん。僕は、やってるつもりだったんですよ。武田塾の確認テストしっかりできるようにとか。精読って、ちょっとどこを精読の定義にするかなんですけれども、僕の場合はしっかりSVOCを全文触れて和訳しろって言われたら和訳出来るっていうところまでやりました。で、僕の中でそのSVOCに振れるなっていうところは正直飛ばしてましたし、和訳も多分出来るだろう、なんとなく頭で訳せれば飛ばしちゃったのでそれをしっかり全文SVOC振ってかつ和訳も出来るようにしたっていう感じですね。

高田先生
なるほど。出来たつもりだと思って、最初勉強していたのが実は出来ていなかったってことがMARCHの壁で発覚して、

山火先生
そうです。

高田先生
それで解釈の参考書もう一回やり直して、ちゃんと正しく訳せるようにしたら文章が読めるようになったと

山火先生
そういうことですね。

高田先生
というわけですね。その時に使ったのが本当は『英文読解入門基本はここだ!』くらいのめちゃくちゃ易しい解釈の参考書に戻って、そこから1から身につけていったわけですね。

山火先生
そういうことですね。

高田先生
『英文読解入門基本はここだ!』役立ちました?

山火先生
『英文読解入門基本はここだ!』は、本当に役に立ちましたね。普通だと武田塾は、大東亜レベルでやると思うんですけど、その後日大レベル越えて英語長文読んでいった後でまたやったりすると、自分の場合はすごい新しい視点が開けたなっていうのがありましたね。

高田先生
はい、分かりました。

山火先生
はい。

高田先生
なので、MARCHレベルの壁にぶつかった時、基礎の参考書に戻って解釈をちゃんとやり直すっていうのは、すごく有効なんじゃないかなと思います。

山火先生
はい!

高田先生
みなさん、是非試してみてください!今回は以上です。