【vol.1564】【英語を稼ぐレベルに持っていく!】京都大学志望!早慶レベルまでいって単語や英作文を更に鍛えるには!|受験相談SOS

質問
京大経済理系志望です。現在英語が早慶まではいっていて稼ぐレベルまで持っていくには何をやればいいでしょうか?rise4や最難関大への英作文、英検準1の単語帳とかでしょうか?

高田先生
というような、京大の英語対策の質問が来ています。僕自身も武田塾の参考書ルートをやって、京大の英語を突破したわけなんですけども、結論から話すと、必要なのは『解釈力』と『和訳力』が長文に関しては必要かなと思います。なので早慶までやったからと言って京大の問題が解けるかというと、もちろん実力的には解けない問題もないことはないんですけど、ちゃんと構文を把握する力とか、ちゃんと英文を和訳する力とかを更につけていく必要があると思います。

高田先生
僕自身も、早慶レベルといえば『やっておきたい英語長文700』とかあるじゃないですか、あれが終わった頃に京大の英語の模試とか受けました。大体、150点中、最低80点できれば90点取りたいっていうのが合格ラインなんですね。に対して、僕150点中40何点とか、50点いかなかったんですよね、僕。なので『やっておきたい英語長文700』をやっただけでは、僕は太刀打ちできなかったんですよ、京大の問題は。

中森先生
何が太刀打ちできなかったの?

高田先生
解釈力と、難しい単語への対応力ですね。それで、解釈を更に鍛えていくっていう意味で『ポレポレ英語長文プロセス50』が甘かった部分があったのでポレポレの復習を更にしたりだとか、途中で挫折しちゃったんですけど、『英語読解の透視図』に手を出してチャレンジしたりとか、あと単語力という意味で『話題別英単語リンガメタリカ』とか『システム英単語』でも派生語までしっかり覚えたりとか、そういう対策をしていきましたね。

中森先生
最終的に何が自分の中で効果が大きかった?

高田先生
和訳の演習経験っていうのがやっぱり大きかったですね。京大の過去問やったりとか、大阪大学の和訳の問題とかもあったりしたので、それで過去問をどんどん解いたりとか、和訳の経験をしていくことで、こういう文がきたらこうやって訳せれば得点が取れるんだなっていう経験が大きかったと思います。

中森先生
そうするとまず、京大と阪大の過去問をやってみた方が良いって感じ?

高田先生
そうですね。早稲田の傾向と京大の傾向は全然違うので、京大の過去問をまずやってみて、足りていない力を把握して、解釈なのか、和訳力なのか、あるいは難しい単語への対応力なのか、それを見つけてそれを潰していくっていう感じですね。

中森先生
英作文はどう?

高田先生
英作文の対策は徹底的にやっていくべきだと思います。なので、早慶までいったら分野別の参考書として『英作文ハイパートレーニング和文英訳編』からスタートして、最難関大への英作文なんかも最終的にはやってほしいなと思います。

中森先生
『英会話問題のトレーニング』とか、和文英訳系だったら『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』やるとか。

高田先生
なのでまあ、難関大学の英作文対策もそういう参考書でやっていくって感じですかね。

中森先生
はい。とりあえず過去問にまず入って、何が出来ないか把握する、そしてそれがどうしたらできるようになるかを見て、それぞれやっていくっていう感じですかね。

高田先生
そうですね、なので一概にルートを終わらせたからすぐ解けるというわけじゃなくて、やっぱり大学ごとの対策はいると思うので、その対策を早く見つけて着手してほしいですね。

中森先生
やっぱり稼ぐレベルまで持っていくっていうのは、過去問をベースに判断するべきっていうところですよね。やっぱり早慶とは全然違うのでっていう話ですね。

高田先生
はい。ぜひ京大に受かってください。今回は以上です。