【vol.1414】【問題集の役割】チャートの例題って、問題見る前に答えを見て解法を定着させてから解くか、答えを見ずに解くのとではどちらの方が良いですか?|受験相談SOS

今回の質問
今回の質問チャートの例題って、問題見る前に答えを見て解法を定着させてから解くか、答えを見ずに解くのとでは、どちらの方がいいですか?

中森先生
いやー、チャートだったら答え見ずにまず解かなきゃダメでしょ!

高田先生
答えを見ずに解く!これ間違いないです!

中森先生
いや、てかその使い方する参考書じゃないでしょ、チャートは!どっちかっていうと講義系じゃん、これ。例えばマセマの「初めから始める」とか、坂田昭先生とか細野先生のシリーズとか、そっち系だよね。あとはやさしい高校数学とかね。

高田先生
理解してそれをまねるっていうのは講義系の参考書でやることですね。問題集でやっちゃダメですよね。

中森先生
チャートってどっちかっていうと復習の教材じゃん、問題数多くて、いろんな問題のパターン網羅して学んでいくってものだから、理解してない人が、正解率が半分もいかないような人が使うような教材ではあんまりないかなって気がしますけどね。

高田先生
で、なんで答えを見ずに解いてほしいか、なんでいきなり答えを見ちゃダメかっていう話なんですけど、武田塾の勉強の考え方って、出来る問題と出来ない問題に分けることから始めるじゃないですか。で、自分が出来る問題はやらなくていいし、出来ない問題に関してはそれをできるようにしていく、出来ない問題に力を入れていくっていうのが武田塾の勉強の基本じゃないですか。最初から答えを見て、それをまねて解くってやり方をやっちゃうと、どれが出来ててどれが出来ない問題かが分からなくなっちゃうんですよね。そうすると勉強の効率がめちゃくちゃ悪くなっちゃうので、出来ない問題に絞って勉強するっていうのが出来なくなっちゃうので、危険な勉強法かなと思います。

中森先生
うーん勉強法の基本っていうのは、最終的にできるようになりたいやり方に近いやり方でやっていくっていうのが基本じゃないですか、だから、なんていうか、答えを見ずに解くようにできなきゃいけないんですね、最終的には。だから、それが出来ないからハードルを下げてくっていう順番になるはずなので、それができるかどうかを確かめないっていうのは、最初から目的がずれている可能性が高いっていうことなんですね。

高田先生
じゃあこの質問をしてる方におそらくおすすめであろう教材は何ですか?

中森先生
僕は「初めから始める数学」、「やさしい高校数学」、特定の分野だったら坂田昭先生のシリーズとかかな?

高田先生
それを見て、じっくり一つ一つの解き方を定着させてね、と。で理解してね、と。でそっから、基礎問題精講とか厳選された問題集でちゃんと一通りのパターンを押さえて、もしチャートやるんだったら問題のバリエーション増やしたい時だよね、演習したいときだよってことですよね。

中森先生
そもそも答え見ずに解けるのかある程度ある状態で入った方がいいよってことですね、そもそもチャート入るんだったらってことですね。

高田先生
わかりました。今回は基本的な質問になりました。チャートの使い方、注意です!今回は以上です。