【vol.1394】自由英作文の勉強は、『英作文ハイパートレーニング』の自由英作文編だけでOK? 和文英訳編もやる必要ある??|受験相談SOS

今回の質問
二次試験の英作文が和文英訳から自由英作文に変わりました。ハイパーの和文英訳編やろうと思ってたのですが自由英作文編の方をやればいいですか?それとも両方やるのでしょうか?

高田先生
英作文は形式コロコロ変わりますからね。自由英作文が出るってなった場合どう対策していけばいいのかズバリどうですか

中森先生
和文英訳をやってから自由英作文だね

高田先生
両方やるというのが答えです

中森先生
自由英作文編だけ対策しても難しいよね

高田先生
難しいですよ。和文英訳で型を学ぶじゃないですか。

中森先生
例文をね。学ばないと。これは結構スピーキングでも同じなんだよね

高田先生
たしかに。

中森先生
なんかを自分が英語で表現したいときにそもそもそれを話せるだけのネタ、かくだけのネタがなかったら答えとして出てこないっていうのが結構あると思うんで、基本例文暗記から始まるよね

高田先生
英作文ハイパートレーニング和文英訳編の後ろに語法文例65とテーマ別文例90っていう例文があるんですよね、そこの表現をだいたい合計150個位なんですけど、そこの表現を覚えておけばある程度自由英作文に対応できるかなって思います

中森先生
あと例題かな。レッスンの方ですね。2,300文いくんでそれだけやればいけるかなと思いますし。あともっと下のレベルの英作文やりたい場合だと3級とか2級あたりの英検の例文とか英作文参考にするとか過去問とかで例文暗記するのがいいんじゃないかな。とりあえず自由に使うためにはもととなるネタが必要だよっていうのを考えてもらいたいですね

高田先生
ハイパートレーニング和文英訳編をやってください。自由英作文の方も少し話したいなって思うんですけど、僕自由英作文って和文英訳編で英作文を書くだけの表現とかストックを固めたらあと日本語の文章構成がすごく重要かなと思うんですよね。日本語の時点でどんな英語の文章を書こうかなって書く時点で英作文は勝負が決まっているなと思うんですよね。

中森先生
まあそうだよね

高田先生
なので英作文ハイパートレーニング自由英作文編を取り組むときは英語の表現がどうだったかというよりも解説に日本語の論理構成こういうふうに書いてねってところまで説明してくれてるので日本語の段階がそもそも正解したかどうかをみてほしいですね

中森先生
そうですね。あとは多分悩むのが、簡単な英語に変換する能力がない

高田先生
間違いない

中森先生
思いついた日本語のまま英語にできないんだよね、だいたい

高田先生
そうですね。あえて難しい表現が出てきますから、入試問題では。

中森先生
そもそも自分書きたいと思った内容も実はこうやって書けばすごい簡単な表現で書けるのにそれが変換できないせいでスペルミスとか表現がうまくかけなくてとかよく起こることかなって感じですね

高田先生
ハイパートレーニングの著者の大矢先生はそのあたりをめちゃめちゃ意識してます。簡単な文で書くっていうのが英作文の信条だと意識してるので大矢先生の解説習ってほしいですね

中森先生
限定されない部分が大事ですからね。取り敢えず和文英訳分編からやるようにしてくださいって言うことですね

高田先生
今回は以上です。