【vol.1316】「模試死んだ」「この偏差値じゃ間に合う気がしない」な人にお伝えしたい"今、偏差値や判定より大切なこと"!!(野口先生出演回)|受験相談SOS

今日の質問 早稲田の教育学部を目指しているのですが、模試の偏差値は英語が50強。日本史、国語は40強で間に合う気がしません。どうすればいいのでしょうか。

山火先生 我々のためにある質問ですよね。

野口先生 はい!

山火先生 野口先生、これどうしたらいいんですか?

野口先生 これ今の状況がどうなってるのかっていうのがすごい気になるんですけど。

山火先生 なるほど、同じ成績でも、「やって」その成績なのか、まったく「やらず」にその成績なのかで全然違いますよね。

野口先生 全然違います。

山火先生 もし、基礎やってて、今伸びる手前のところで偏差値50とかだったら、この後伸びる可能性全然ありますから。

野口先生 で、しかも模試の偏差値なんで、模試の偏差値なんてあんま取れなくてもいいんですよ。実際言うと。最終的な目標は志望校に合格だと思うので、模試の偏差値を上げるってのは目標じゃないんですよね。そこをちょっと履き違えないでいただきたいっていうのが一個ありますね。

山火先生 たしかに。自分も受験生によくする話なんだけど、模試の成績でみんな、もう、めちゃくちゃ落ち込んだりとかさ、たとえばA判定とかB判定出た日にはもう、家で赤飯炊くみたいな、、ちょっと古いか。ちょっと古いけど、もう、「よっしゃー、受かった俺」ってなって逆にペースダウンする子とかいるじゃん。

野口先生 いやーいますね。

山火先生 あれ、ヤバいよね。

野口先生 ヤバいですねほんとに。

山火先生 夏の模試でA判定とってもさ、正直、その後全然挽回されるってかさ、逆転が起きるじゃん。自分もずっと秋までA判定だったわ。

野口先生 僕も最終的にずっと早稲田大学E判定でしたね。

山火先生 ほんとに?

野口先生 でも諦めずにやってって、でも最後早稲田大学の対策めちゃめちゃしまくって、赤本とか20年分とか解きまくって、早稲田の教育学部行くぞ‼って気持ちでいったら、合格したっていう感じですね。

山火先生 そこ一緒だ。やっぱりさ、今の成績が、気になると思うんだけど、結局最後志望校に受かるためには「これだけやらなきゃいけない」ってのが決まってるじゃん。武田塾だったらルートがあるわけじゃん。それを、そこに到達するのが全てだから別に今成績がどこだろうと関係ないんだよね。

野口先生 関係ないですね。

山火先生 ただ、逆算していくと何月までにここまで通らなきゃいけないっていうのがあるから、いまやるべきことが決まってくるわけであって、今の成績にとらわれて、なんか「もうだめだ」な子はほんと多いんだけど、それはいけないですよね。

野口先生 間に合う気がしませんていうか、もう、間に合わせろ!!って感じですよね。

山火先生 いいっすね。いいこと言いましたね。

野口先生 だからしっかりそこの間に合うように、武田塾だったらルートがあるので、そこをもとに毎日の勉強をしっかりしていくのがベストなんじゃないかなっていうふうに思います。

山火先生 最後までE判定でも、しっかり過去問対策をして、とれるようになれば、こうやって受かってる人も、全然いるんで、しっかりやってほしいですね。

野口先生 もっと質問したいことがあれば、新宿校、中野校の受験相談に来てくれれば、僕が対応するので、是非来て下さい!!それでは、本日は以上です。