センター試験のツボ 政治経済|武田塾厳選! 今日の一冊

山火 中森先生、今日の一冊は?

中森 今日は、『センター試験のツボ 政治経済』ですね。

山火 センター試験のツボシリーズですねこれは。これツボってやつですよね。

中森 まあ、あのシリーズはセンター向けの中でもどっちかというと固めというか。説明めっちゃ長いっていうよりはまとまって、演習問題がついてるみたいな。まとまった講義プラス問題集みたいな感じのものなんですけど。結構ツボシリーズは作者によってぜんぜん中身が違う。

山火 らしいですね。ぼくもまた聞きなんですけど。

中森 その中でも政治・経済は分厚いんですよ。

山火 厚いんですね。

中森 ツボ?みたいな。ツボのわりに分厚いんだけど。

山火 だいぶヤマはってるんじゃねーかみたいな。

中森 北斗神拳かみたいな。全個所のツボを押すのかみたいな。けっこう手厚くやってる感じなんだけど。実際、政治・経済って狙い撃つのが難しいっちゃ難しいと思うから。一通りちゃんと網羅してくれてるってのは逆にいいとは思うんですよ。ただ、扱ってるのがセンターの問題だから。けっこうセンターの政経自体ムズイんですよそれなりに。だから一冊目とかにやるものじゃないかな。やっぱ過去問入るタイミングで。過去問入ったんだけど正直なにしたらいいのかよくわからない。っていう人がこれを使うといいんじゃないかなとは思います。これの前に例えばセンター試験集中講義とか蔭山のセンター政経とかああいうのをまず読んだり覚えたりして、センターでやんなきゃいけないのはこんなもんだろうと。で一通り知識いれた後、ツボで解き方を学んで解けるようになったらセンター試験の道とかでさらに解いてより習得して過去問とかでガッツリ、ランダム形式でやり直す

山火 なるほど。完璧ですね。政経できるようになりますね。それは。

中森 そうだね。ただ政経自体難しいからね。このぐらいやんないとけっこうつらいかな。だけど、政経をどうして答え選べるかを知りたいならこれやった方がいい。知識そのものを入れたいなら集中講義とかの方がおすすめなんだけど。その入れた上で解き方を学ぶっていう意味だとぜひこれをやってほしい。

山火 ぼくみたいにできない受験生だとやっぱり視点がないんですよね。なんでそうなるのみたいな。それをできる人は教科書だけやってその後問題集ですぐできますみたいな。その間を埋める感じの参考書ですよね。

中森 なので、ツボはいっぱいあるんで。しっかり押していただきたい。

山火 北斗神拳をマスターしてください。

中森 そうですね。

山火 今回は以上です。