システム英単語 改訂新版|武田塾厳選!今日の一冊

  では中森先生今日の一冊は何ですか?

中森 今日はこちら、システム英単語改訂新版です。

  これはどんな参考書何ですか?

中森 もう武田塾ではおなじみの、いい単語がのってる単語帳ですね。

  なるほどまあ武田塾は参考書ルートを発表してるんで、いい参考書を選んでるわけじゃないですか。で、世の中いろんな参考書があるんですけどシステム英単語は武田塾的には第何位の参考書何ですか?

中森 単語帳では第一位!

  第一位なんですか?なんでそんないろいろターゲットだって単語王だっていろいろあるわけじゃないですか、一位なんですか?

中森 まあ正直な話そんなに違うのかって言われるとたいして違わないんじゃないかっていう説も。

  すごいね、元も子もないことから始まりましたね!

中森 センターまでだったら大抵のものって共通なんですよね、そんなに変わらないですけど、上の方になって出やすい単語とかのランキングをみたときにこれは的を射てるのが多いなと。

  なるほどね。あとよく聞かれるのがシスタンだけで早慶東大京大いけるんすか、と…いけるんすか?

中森 行けますね。単語に困るってことは、そんなにないんじゃないかなと。他の人に比べて自分単語知らないな、みたいな状況にはならないようにはなると。

  今、標準ペース100個でしたっけ150個でしたっけ?

中森 単語しかやらないなら150個ぐらいは当然かなと。

  はいはいはいはい。けど、ほかの宿題とかやってると100個ぐらいかな。だから、まあ、1,2か月で単語熟語文法が終えられるイメージですよね。まあそのくらいのペースでやらないとですね!忘れちゃうと思うんで、頑張りましょう。

中森 まあただ、単語でも、最初から全部はやんなくていいかな、と思いますね。順番的にはセンターまでの単語やって速読英熟語とかターゲット熟語とかで熟語やってシスタンの3章、4章とかのマーチレベル以降の単語をやってくみたいな。この正解率がやっぱりその時点での勉強がうまくいってるかどうかの指標になりますからね。

  そうですね。単語覚えられない人は何も出来ないですからね。これ重要なんで。はい、今回は以上です。