ブログ

【国公立志望必見】志望校合格のためにするべき3年間の勉強計画とは!?

2023年11月10日(金)

目次

 

 

無料受験相談

 

はじめに

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

JR大森駅から徒歩3分、東京都大田区の予備校武田塾大森校です!

今回のテーマは「【国公立志望必見】志望校合格のためにするべき3年間の勉強計画とは!?」です!今回は、国公立理系受験のための3年間の最適な勉強計画に焦点を当ててお話ししたいと思います!

3年間でどのように勉強時間を配分するかが、高校での現役合格へのカギとなります。1年生から3年生までの進め方、特に3年生での勉強のギアチェンジの仕方について共有したいと思います。皆さんも、高2の秋や高3に入ってから受験を意識し始めることが多いかと思いますが、実は高1の段階から重要な部分があるのです。それについても詳しくお話ししたいと思います。

また、今回紹介する内容は武田塾の公式YouTubeチャンネルでもお話しているので、ぜひそちらも併せてご覧ください!

高1の勉強

この時期に重要なのは数学と英語の2科目をどれだけしっかりとおさえることができるかです!

当たり前ですが定期テストだけでなく、日々の勉強が非常に重要です。例えば、定期テストの範囲の中で苦手なトピックがあれば、そのトピックに焦点を当て、基礎から丁寧に学びましょう。

基礎がしっかりしていれば、それが受験勉強に直結します。逆に基礎が不足していると、受験勉強が非常に厳しいものになります。

定期テストに向けての勉強も大事ですが、それ以上に、日常的な英語学習が必要です。効率的な方法は定期テストを利用することです。定期テストでの高得点は目標にせず、範囲の内容を理解する勉強を行いましょう。そして定期テストの結果からは、自分に足りない勉強の分析などを行い、高1の基礎固めに役立てましょう。

要するに、高1のうちから数学と英語の基礎を固めることが、今後の勉強の成功に繋がります。

皆さん、日々の勉強を頑張りましょう!

258915E1-C2FC-4592-AF75-328E6F7D8FC6

高2の勉強

前半は高1の内容の延長に感じられることもありますが、後半に入ると科目の配分の変更やテストの対策が求められることが増えてきます

例えば、英語はすでにある程度の実力が身についているなと感じるなら、英語の学習時間を少し減らし、その時間を理科に振り分けることで、バランスの良い学習を意識するなどの工夫が必要になってきます。

特に学校の授業では、物理や生物などの内容が本格的になってきますので、注意が必要です。

数学の定期テストについても、1年生の頃と同じような対策で乗り切ることができるかもしれませんが、早めに参考書を取り入れた自主学習を始めると良いでしょう。ただし、この時期は定期テストの対策だけでなく、大学入試に向け自分で勉強を進める必要もあるので、計画的に進めることが重要です。
授業に遅れをとると、次の授業の内容が理解しにくくなるため、定期的な復習が必須です。特に数学の内容は進むにつれて難しくなるので、早めの対策をおすすめします。私の経験では、数学IIIは高2の年明けから開始しましたが、理想的にはもう少し早めに取り組むのが良いと感じます。

 

D2547602-5658-4110-A98D-90137B7C0449

高3に入る前の勉強配分

高3に入る前、特に夏頃にかけての勉強配分は非常に重要です。それぞれの科目でのバランスを取りつつ、効率的な学習計画を立てる必要があります

理科について言えば、物理や化学のどちらか一方を得意科目とする目標は良いアプローチです。私の経験からも、化学に集中し、物理は一旦置いておく(逆も然り)という方法が有効であると感じました。

しかし、私の場合は物理をあまり学習しなかったことが後になって後悔するポイントにもなりました。時間が限られている中で、どちらの科目に重点を置くかは慎重に選びましょう!どちらの場合でも、高3に入るタイミングで物理か化学のどちらかの実力がついていることが理想的な状態と言えるでしょう!
また、入試に向けて英語も重要な科目ですが、春以降には文法や単語にかかる時間を減らし、長文読解などの実践的な学習に集中する計画もおすすめです。

これにより、数学や理科により多くの時間を割くことができます。

要するに、夏までには各科目の基礎を固め、夏以降の時間は実践的な問題解決能力を高める方向で学習を進めるべきですね。

集中して勉強をする人のイラスト(男性)

高3で間に合わなくなる箇所

高3の夏頃までに、学習の進捗はかなり進んでいるはずです。

しかし、「範囲を終えた」と「実力がついた」は異なることです。

この違いに注意深く対応する必要があります。

私自身は特に力学以外の部分(例えば、電磁気や波動に関する部分)は非常に理解が難しい部分もありました。また、高2の終わり頃から既に受験用の問題集を解き始めて気づいたのですが、一度は学んだはずの内容でも、実際に問題を解いてみると忘れている部分も多いのが現実です。高1や高2の内容についてもしっかりと理解し直していく必要があります。

らに、学校のカリキュラムにも注意が必要です。高1高2の時期にカリキュラムの基礎的な部分だけを進めているt、高3時に高1高2の実践問題にプラスして高3のカリキュラムを進めなければならなくなります。このため、早めの時期から実践問題に取り組み、基礎と実践の両方をバランスよく学ぶ必要があります。
実際、3年間が非常にタイトなスケジュールとなり、特に国語や社会のような科目に時間を割くのが難しくなる可能性が高いです。私の経験からも、早めに計画を立て、効率的に時間を使うよう心がけることが重要であると強く感じます。

以上の点を踏まえ、自身の弱点や時間の使い方について適切に計画を立てることが、高3の年に「間に合わせる」ための秘訣かもしれません。

1

主要教目以外の勉強

学習の進行において、数学や理科、英語といった主要教科への注力は欠かせません。しかし、主要教科以外、例えば国語や社会についての学習計画も重要なポイントです。

国語においては、学校の授業とテストの準備をしっかり行い、古文の単語など基礎的な部分には定期的に取り組むことが効果的です。また、現代文は比較的取り組みやすい科目であると考えられます。適切な学習方法で進めば、劇的に成績を向上させることができるでしょう。

一方で、社会科目については、日々の学習の中で知識のインプットを怠らないよう心掛けましょう。特に、試験前には一日数時間の学習時間を確保するなど、計画的に進める必要があります。

空いた時間を利用して、古文単語の復習や社会科目の学習に取り組むという方法もおすすめです。例えば、隙間時間に単語の復習を行うなど、自分に適した効率的な学習方法を探求しましょう。

まとめ

定期テストは暗記して高得点ではなく内容を理解できる勉強をしよう!

高3に入る前に理科の選択科目のどちらかを仕上げておこう!

できるだけ早くから計画的に勉強を始めて志望校に合格しよう!

今回は「【国公立志望必見】志望校合格のためにするべき3年間の勉強計画とは!?」をテーマに紹介をしてきました。皆さん、効果的な学習計画はすでに立てられましたか?今からでも遅くはありません。どんな状況からでも逆転は可能です!

特に理系の生徒さんは、多くの教科に力を入れる必要がありますが、忙しさに負けず、計画的に学習を進めることが大切です!得意な教科や弱点を見極め、焦点を絞って勉強を始めましょう。

また武田塾では無料受験相談も実施しています!今回の内容をご覧になって、
・具体的な受験勉強のスケジュールが分からない
・今の時期にやるべき勉強内容が分からない
・今やっている勉強方法が本当に正しいの分からない
というような悩みを抱えている方はぜひ一度、武田塾の無料受験相談にお越しください!
数々の受験生を志望校に送り出した受験のプロが、あなたの受験をサポートいたします!
当ブログを最後までご覧いただきありがとうございました!

お問い合わせはこちらから!

武田塾大森校では無料受験相談を行っています。

munemura

「勉強のやり方がわからない……」
「どの参考書を使えばいいのかわからない……」
「授業を受けても意味ない気がする……」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます!

武田塾 大森校

6

〒143-0023
東京都大田区山王2-7-2
パルサー山王103

【TEL】 03-6451-8211

【メール】omori@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾大森校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 西日暮里校

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里4丁目1-20
西日暮里エーシービル 303号室

【TEL】 03-5834-7137

【メール】nishinippori@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾西日暮里校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 田町校

武田塾田町校 教室内の様子

〒108-0073
東京都港区三田3-2-8
箕浦ビル 4階

【TEL】 03-6453-8351

【メール】tamachi@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾田町校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 大井町校

武田塾大井町校 教室内の様子

〒140-0011
東京都品川区東大井5丁目23-32
関ビル 3階

【TEL】 03-6433-9388

【メール】oimachi@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾大井町校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 蒲田校

武田塾蒲田校 教室内の様子

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-40-10
初穂マンション蒲田 203号

【TEL】 03-6428-7851

【メール】kamata@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾蒲田校のHPはこちら

無料受験相談

 

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる