【合格体験記】たった3か月で合格!?自分に合った勉強法の見つけ方

大宮校・

こんにちは!大宮駅から徒歩5分!“逆転合格”の「武田塾大宮校」です。

大宮校塾生は、さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、川越市、戸田市、白岡市、久喜市、春日部市をはじめ、古河市など近隣の県から通塾しています。

武田塾大宮校には、東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学
東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。

~武田塾大宮校合格者の声~

 

名前:S.W

高校:浦和学院高校 

合格大学:亜細亜大学 経営学部、産業能率大学 経営学部 マーケティング学科

入塾時期:10月

当時の偏差値:35

 

Q.武田塾に入塾しようと思ったきっかけはなんですか?

武田塾大宮校のブログで合格体験記を見たとき、武田塾の”授業をしない”という方針と大宮校の校風に感銘を受けて入塾しようと決心しました。

 

Q.武田塾に入って勉強法や成績はどのように変わりましたか?

現役時や浪人してからの約半年間は毎日の勉強時間にばらつきがあったり、1日1科目しか勉強しなかったりなど、コンスタントに積み重ねるということができていませんでした。しかし、入塾してからは講師のS先生やH先生に英語・国語・政治経済の3科目を毎日必ず勉強しなさいとさんざん言われ続けた甲斐あって、毎日すべての科目を勉強するという習慣がつきました。すると、みるみるうちに英単語などの知識の定着もよくなっていきました。また、特に現役時に苦手だった英文法に関しては、整序問題を解くときの考え方などを丁寧に指導してもらったので、センター試験本番では整序問題を完答することができるまでになりました。

 

Q.武田塾に入ってよかったことは何ですか?

大手の予備校ならば、面倒を見れる期間が短すぎるため10月入塾はたいてい受け入れてくれないと思いますが、”授業をしない”スタイルの武田塾だからこそ、たったの3か月で効率的に勉強を進め、合格を勝ち取ることができました。

 

Q.担当の先生はどうでしたか?

英語の担当だった先生が、参考書ごとの勉強のやり方や注意点などを何度も何度も丁寧に教えてくださったので、もともと英語が苦手でアルファベットを見るのも嫌いだった僕でも、英語を好きになり短期間で効率的な勉強をすることができました。

 

Q.武田塾での思い出を教えてください。

自習室の席数はたくさんありますが、朝から晩まで熱心な塾生たちで満席になっていて、勉強が嫌いだった僕でさえ、そこにいるだけで自分も勉強しなければと何度も思わされました。

また、武田塾は授業をしない代わりに特訓を行うのですが、特訓は勉強を教えてもらうのではなく、参考書ごとに取り組む目的や、より良い勉強の仕方を教えてもらえます。週に1度1時間という短い時間ですが、その中で1週間で行った勉強の振り返りを行い、その反省を踏まえて次の1週間の勉強にフィードバックしていくことで、確実に1週ごとに自分に合った勉強方法に近づいていき、成績も自然と伸びていきました。

 

Q.来年度以降の受験生たちに可能な限り武田塾の良さを伝えてください(笑)

週に1度1時間という絶妙な頻度だからこそ、成績アップへつながる効率の良い勉強ができるようになっていきます。これ以上頻度が高すぎると、その期間で行った勉強のやり方の成果が出ているのかが測りきれませんし、これ以上頻度が低すぎると、受験本番までの間に自分に最適な勉強方法を見つけることができません。武田塾は、ほかの予備校ではあまり行ってくれない勉強法改善のサポートをしてくれます。だからこそ、短期間でも十分成果を出せる可能性はありますし、なにより今後の人生で活きてくるような正しい努力の仕方を学ぶことができます。

 

 ~最後に校舎長から一言~

合格おめでとう!

推薦入試の発表日に受験相談に来るなど、最初から最後まで行動力のある生徒だったと思います。最後の最後まで、講師との3人4脚で自分に合った勉強の仕方を追求したことが逆転合格につながったと思います。

 

 

武田塾に通ったらどんな一年に!?逆転合格のために君だけの受験ストーリーを

【2019年合格速報】武田塾大宮校~今年も沢山の逆転合格者を輩出しました!!

【2018年合格速報】武田塾大宮校~今年も沢山の逆転合格者を輩出しました!!