忘れるなかれ!!センター試験の後にはセンターリサーチ!

大宮校・

こんにちは!大宮駅から徒歩5分!“逆転合格”の「武田塾大宮校」です。

大宮校塾生は、さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、川越市、戸田市、白岡市、久喜市、春日部市をはじめ、古河市など近隣の県から通塾しています。

武田塾大宮校には、東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学・埼玉大学
東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。

センター試験後

いよいよセンター試験本番が近づいてきました。初めて受ける人、毎年受けている人、思いはさまざまあると思います。さて、今回はそのセンター試験を受けた後のお話です。

 

センターリサーチ

センター試験後にはセンターリサーチを出します。

センターリサーチとは、本試験後に自己採点と志望校を提出して、提出者の中から合格可能性を判定するものです。大手予備校各社が実施しています。提出者数では河合塾・駿台が、集計速度では東進が優れていますが、どこがいいというよりは複数提出しましょう。それだけ情報の質は上がります。

ある予備校のものではA判定だったが、他のものではC判定が出ていた!という自体も起こりうります。

複数のリサーチ結果を基に合格する可能性を性格に測ることができます。

では、センターリサーチの重要性を志望大学の種類ごとに説明します。

 

国公立大学受験者

国公立大学の入試ではセンター試験が1次試験となるので、センターリサーチは必須です。

 

国公立大学の出願はセンター試験後なので、順位如何によっては出願校を変える必要も出てきます。その判断のためにもセンターリサーチは必ず提出しましょう。

 

私立大学受験者

センター利用入試・同併用入試を除いては、センター試験の結果は私立大学入試に何の影響もありません。それでも私立大学受験者にもセンターリサーチを出す意義はあります。それは、ライバルたちの成績状況を知ることです。

 

各社センタープレ試験の判定結果における順位とセンターリサーチでの順位を比較することで、他の受験者の成績推移を大まかにではありますが、予想することができます。また、そもそもの人気度、すなわち受験者数の予想にも役立ちます。

これは受験計画を見直す上で大変重要な情報です。場合によっては追加で滑り止め校を出願する必要も生じてくるでしょう。

 

志望校が国公立大であれ私大であれ、センターリサーチは必ず活用しましょう。

武田塾に通ったらどんな一年に!?逆転合格のために君だけの受験ストーリーを

【2018年合格速報】武田塾大宮校~今年も沢山の逆転合格者を輩出しました!!

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談