【GMARCH】共通テストによる2021年度大学入試方式の変更点

小田原校・

GMARCH、各大学での2021年度入試の変更点
(2020/4/21時点)

みなさん、こんにちは。
武田塾小田原校の岡村です。

神奈川では学校が休校のまま5月を迎えようとしています。
そろそろ志望校をはっきりと考え始めた方も多いかもしれませんね。
そういった中で、今年は「センター試験」が「大学入学共通テスト」に変更となり、学習をどのように進めるべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は多くの受験生が受験する「GMARCH」の2021年度入試情報をご紹介していきます。
大学毎の受験方式をよく確認し、今後の志望校・併願校選びに役立ててください。

※この情報は2020/4/21時点のものです。最新情報は各大学のHPをご覧ください。

GMARCH2021年度入試

学習院大学の入試情報

重要ポイント

◆大学入学共通テストを導入し、「一般大学入学共通テスト利用入学者選抜」を実施。

(2020年度入試ではセンター試験利用の方式は実施していない)

◆経済学部経営学科、文学部日本語日本文学科、文学部心理学科、理学部物理学科、理学部数学科、理学部生命科学科の計6学部では共通テスト利用入学者選抜を実施しない。

◆各学部ごとに科目や配点が異なるので、事前の確認が必要。

◆英語資格は高校2年生時の資格も利用可能。
(利用可能学部などは別途ご確認ください)

◆WEB出願時に「受験生本人に関する内容」を100字以上500字以内で入力することが必要となる。
(合否判定では使用しない)

◆調査書は合否判定に利用しない。

◆法学部のみで使用していた自己推薦特別入学試験を廃止。
 学校推薦型選抜(公募制)に変更。

 

学習院大学では、コア試験と呼ばれる一般選抜を中心とした入試を行うことを基本方針として2021年度入試を実施します。

ただ、これまではセンター利用が無かった学習院大学の多くの学部で「共通テスト利用」の方式が増えたことは大きな変更点です。

共通テストを利用したい方は↓より各学部の科目や配点を確認することをおススメします。

明治大学の入試情報

重要ポイント

◆大学入学共通テスト利用入学試験を全学部で実施。

◆学部、学科ごとに科目や配点が異なる。

◆英語資格は高校2年生時の資格も利用可能。
(利用可能資格などは別途ご確認ください)

◆各試験方式の名称が一部変更

◆WEB出願時、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を持って活動・経験してきたと受験生本人が考えている内容について、500文字以内で入力が必須に。
(入力データを得点化などはせず、入学後の参考資料として活用予定)

大きな変更が無いことこそが明治大学の特徴です。

全体では募集人員の変更などが多数見られますが、試験内容は大きく変わりません。

 

一点だけ注意して頂きたいのは、大学入学共通テスト利用での商学部。

前期日程での方式が3科目方式→4科目方式、4科目方式→5科目方式へと変更され、数学が必須となることです。

青山学院大学の入試情報

重要ポイント

◆個別日程では大学入学共通テストを併用する方式を主に実施。

(経済学部を除く、全ての学部で実施)

◆大学入学共通テスト利用を併用しない方式も一部実施。

(経済学部の全学科、文学部・理工学部の一部の学科で実施)

◆共通テストの「英語」はリーディング100点、リスニング100点満点としたうえで、各学部・学科での配点により換算。

◆全学部日程では、「独自問題」のみでの試験を実施。
(共通テストは利用しない)

◆大学入学共通テスト利用入学者選抜を実施。

(学部・学科ごとに異なります)

◆英語資格は高校2年生時の資格も利用可能。
(利用可能資格などは別途ご確認ください)

◆出願時、入学者選抜の種別を問わず、出願システムを通して「主体性・多様性・協働性に関する経験」等を入力することを必須化。
(得点化はしない)

青山学院大学を受験する方は大学入学共通テストを受験することがほぼ必須と言えるでしょう。

更には共通テストの中でも学部ごとに活用する科目も違い、個別入試の問題や科目も学部ごとに違います。

 

つまり、「どの学部を受けるか」を明確にして対策しないと全く違う対策になってしまい合格率が下がる可能性があります。

 

大きな変更となる青山学院大学。

共通テストの利用方法だけでなく、学部独自の問題傾向の変化なども注意して見ていくべき点ではないでしょうか。

立教大学の入試情報

重要ポイント

「英語」科目が大きく変化。大学独自の問題を廃止。「英語外部試験」や「共通テストの英語」を活用。

◆英語資格は高校2年生時の資格も利用可能。
(利用可能資格などは別途ご確認ください)

◆個別学部日程を廃止し、一般入試は全学部日程を5試験日実施

※文学部は最大6回。理学部は最大2回。同一試験日での複数学科への出願は不可。

◆文学部のみ、英語・国語・選択科目の3科目による個別日程の試験がある。

◆大学入学共通テスト利用入試を実施。(センター試験利用入試からの大きな変更点はなし)

 

立教大学の特徴は学部ごとの対策が不要となる点。

共通テストを受験する予定の方や英語資格を受験予定の方には併願もしやすい大学となります。

逆に、第一志望ではそれらが不要な方には若干受けづらい印象です。

浪人生の方ですと、学部ごとの赤本でしっかりと対策をした経験のある人は少し残念に感じる変更かもしれません。

 

今回の変更は、『「どうしても立教大学に行きたい!」 けど、学部に悩む・・・』といった方でも、ギリギリまで悩んでも問題ない制度ですね。

中央大学の入試情報

重要ポイント

◆「統一入試」「一般入試」「大学入学共通テスト利用入試併用方式」「大学入学共通テスト利用入試単独方式」「英語外部検定試験利用方式」の計5種の方式がある。

◆統一入試、一般入試の2形式では共通テストを利用しない。

◆大学入学共通テスト利用入試併用方式、大学入学共通テスト利用入試単独方式では英語外部検定は利用しない。

 

中央大学もまとめてしまえば、大きな変化は無いと言えるでしょう。

中央大学は受験の方式が多く「選択肢が多い」です。

全学部共通して5つの方式があるため、しっかりと募集人員や科目などを考慮して受験計画を立てましょう。

法政大学の入試情報

重要ポイント

◆大学入学共通テスト利用入試B方式(3教科型)、大学入学共通テスト利用入試C方式(5教科6科目型)の2形式を実施。

◆上記2形式は以前のセンター利用入試の形式と大きく変わっていない。

◆大学入学共通テスト利用入試C方式(5教科6科目型)は国公立併願型で費用負担が少ない。

◆多くの学部で英語の配点が「リーディング4:リスニング1」という4:1比率に換算となる。(従来のセンター試験の英語の配点と割合が一緒)

※一部の学部では配点が異なります。

◆インターネット出願の際に、
「高等学校入学に相当する年齢からこれまでに、学校内外にて”主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度“をもって活動・経験してきたと受験生本人が考えていること」
について、100字以上、500字以下で入力することが必須に。(得点化はせず、判定に使用しない)

 

法政大学も大きな変化は無いですね。

これまでと大きな差を感じずに受験が出来るでしょう。

武田塾チャンネルでも小田原校校舎長が変更点を紹介致しました

GMARCHの2021年度入試変更点まとめ

気を付けたいのは青山学院大学と立教大学の2校。
どちらもこれまでの個別日程と比べて、共通テストの利用を前提とした内容となっているため対策の仕方が変化します。
特に青山学院大学は共通テストに加えて、独自の問題を学部ごとに受験科目が異なるなど、複数の学部での併願をしにくくなった印象です。

ただ、全体を通して「共通テスト利用形式」(これまでの「センター利用形式」)では大きな変化は見られませんでした。
国公立大学志望の方は併願のしやすい感覚です。

国語・数学の記述問題の見送り後、プレテストなどが実施されていないため共通テスト対策をしにくいと感じる方も多いかと思います。
まずは、基礎固め。

大学選び、併願校選びで時間を使いすぎないように気を付けてください。
ただ、夏頃には併願の計画を仮で立ててしまい「共通テストを受けるのか」「共通テストを受けないのか」を選択することが必要となるかと思います。

各大学での2021年度の入試変更点などはこちら

【大東亜帝国】共通テストによる2021年度大学入試の変更点

【日東駒専】共通テストによる2021年度大学入試方式の変更点

【GMARCH】共通テストによる2021年度大学入試方式の変更点

【上理ICU】共通テストによる2021年度大学入試方式の変更点

【早稲田・慶應】共通テストによる2021年度大学入試方式の変更点

正直よくわからない! そんな方は、無料受験相談へ

実際、今回の内容をまとめ直している中でも、以前確認したものから変更している点が多くありました。

更に、内容自体も各大学のHPで確認するには分かりづらさがあります。

 

もしも同様に受験方式に関して分かりづらいと感じる生徒さんや保護者様がいらっしゃいましたら、武田塾小田原校の無料受験相談へお越しください。

最適な受験方式や併願校、学習の進め方についてご相談に乗ります。

↓無料受験相談のお申し込みは↓

3種類の申し込み方法からお選びください

①「無料受験相談」より、必要事項を記入の上、お送りください。

無料受験相談

②「友だち追加」よりLINEをご登録後、受験相談希望の旨、メッセージをお送りください。

友だち追加

 

③ 校舎へ直接お電話頂き、受験相談希望の旨をお伝えください。

 TEL:0465-22-3911 (受付時間13:00-22:00)

◆武田塾小田原校◆

小田原駅近辺で大学受験の塾・予備校をお探しなら武田塾小田原校

TEL 0465-22-3911
MAIL odawara@takeda.tv
住所 神奈川県小田原市栄町2-8-37-3F
アクセス JR・小田急小田原駅東口より徒歩3分

 

各種SNSで校舎内部の様子などをチェック!

武田塾小田原校 公式Twitter

武田塾小田原校 公式Instagram

武田塾小田原校 公式Facebook

関連記事

慶應義塾大学法学部 合格体験記

武田塾小田原校 2020年合格体験記 「日本初!授業をしない塾」武田塾小田原校です。 今回は、2020年度 合格体験記をご紹介致します。 プロフィール 名前:S.Mさん 出身校:神奈川県内私立女子校 …

中央大学国際経営学部 合格体験記

武田塾小田原校 2019年合格体験記 こんにちは。「授業をしない塾」武田塾小田原校です。 今回は、2019年度 合格体験記 第五弾 をご紹介致します。 合格者のご紹介 部活を頑張っていた野球少年! 5…

AO入試・推薦入試の変更点

2021年度 AO入試・推薦入試に変化が起こる いつもブログをご覧下さり、誠にありがとうございます。授業をしない!でおなじみの 武田塾 小田原校 です。 2021年度の入試より、センター試験が「大学入…