【英語】選択肢を絞り込む方法(リーズニング)【受験生からの相談】

西葛西校・

こんにちは!武田塾 西葛西校です!

 

前回は、「長文の速読力を高める勉強法」について総合的に紹介しました。

以下の3つから自分の状況にあったポイントを特定して、それぞれにあった勉強法を行うという内容でしたね?

 

➀そもそも単語、文法、構文がわからない

②読み飛ばししてしまい、本文を何度も読み直すことが多い

③文章は読めても、解答の段階で迷って時間を取られてしまう

 

まだ効果的で具体的な対策法がわからない!っていう人はまず↓前回の記事↓をチェックしてください!

【英語】速読力を高める勉強法は音読しかない?【受験生からの相談】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

さて、ということで!!今回のブログのテーマは、まだ記事にしていなかった

「③文章は読めても、解答の段階で迷って時間を取られてしまう」を解決する勉強法である、

「リーズニング」の方法についてです!

 

そもそもリーズニングってなんのこと?

 

って、皆さん思っているかと思われます。

リーズニング(=Reasoning)とは、その名の通り、解答の根拠を論理的に考えて推測することです。

Reason
動詞 [自動詞][他動詞]

1a 論理的に考える推論する.(他動詞の場合は、[目的語]を論理的に考える推論する)

 

                                引用:Weblio 英和辞典・和英辞典 reasonより

 

要するに、「何故この選択肢では不正解なのか」というのを、論理的に考えるということですね。

長文を解く上で、特にセンター試験などでかなり重要になってくる内容なのですが、

意外とこの「リーズニング」のやり方を知らない、またはなんとなくやってしまっているという受験生は多いです。

 

 

じゃあ、リーズニングの具体的な勉強法って?

➀例えば、長文問題にこういった問題が出たとします。

「Q4.本文内容と一致するものを次の選択肢うちから1つ選べ」

 

②そして、このように選択肢イを解答に選んだとします。

(ア) ×
(イ) 〇
(ウ) ×
(エ) ×

 

③ここで、選択肢それぞれに解答の根拠を全て書き出す。
(ア) × 2行目と矛盾
(イ) 〇 10行目と一致
(ウ) ×  12~13行目と矛盾
(エ) × 言及なし
(オ) × 5〜7行目と矛盾

 

答え合わせの際、必ず全ての選択肢の根拠が正しいかを確認する。

➡一つでも間違えていた場合は、なぜ間違えたのかを確認してから、次の長文へ進む。

 

なんとなく②で終わらせて、答え合わせの際も「正答できたかどうか」だけ確認して満足してしまっている受験生が8割ぐらいを占めていると思いますが、実はめちゃくちゃ損してます!!!!

「もし問題の選択肢が少し違っていたら間違っていたかもしれない」という可能性を潰す=文章をしっかりと選択肢に落とし込むクセをつけることで、その場しのぎではない本当の長文問題力が身に付きます。

 

特に「単語や文法には自信があっても長文が何故か苦手」という受験生は、このリーズニングが出来ていないことが多いです!

なので、練習問題を解いている間などは是非この「解答根拠を実際に書き出して」➡「答え合わせで確認」というプロセスを絶対に実践してください。思っているほど時間もかかりませんし、そもそも時間を気にするのは本番だけで十分です。存分にリーズニングの練習をこなすようにしてください。

 

あとは、中森先生が詳しく説明していますので是非ご覧ください。

 

今回のまとめ

今回のポイントは、英語の長文問題において「解答の根拠を実際に書き出し、答え合わせで全ての根拠の正誤を確認する」ということので皆さんもぜひ、それを意識するようにしてみて下さい。これさえしばらく続ければ飛躍的に点数が上がります。

この方法は、国語の文章題にも応用できることなのでぜひぜひ活用してみてください!!!!

 

今日はこんなところで!ありがとうございました。

多くの方に「武田塾」の理念が浸透し、武田塾を選んで頂いて、
自分の夢を叶えてくれる塾生が増えることを願っています。

受験勉強は結局は自分でやらないといけません。
授業を受けっぱなしにしても成績は上がりません。

参考書の「自学自習」が最強です。
それを最適に最速でサポートするのが武田塾です!

武田塾 西葛西校では無料受験相談を随時行っています。武田塾西葛西校について知りたい方、受験のお悩みを抱えている方などはお気軽に一度武田塾西葛西校までご連絡下さい。

TEL:03-6808-9856

武田塾 西葛西校のHP→こちらをクリック

無料受験相談のお申込み→こちらをクリック