【英語】音読って本当に意味があるの!?【受験生からの相談】

西葛西校・

こんにちは!武田塾 西葛西校です!

 

今回の記事は、英語で大活躍するあの定番の勉強方法についてです。

突然ですが、英語の先生などがこんなことを言っているのを聞いたことがありませんか?

 

「音読は大事だ!」

「とりあえず音読をしろ!」

「音読はしていれば大丈夫!」

 

こういったセリフ、ほぼ100%の受験生が耳にしたことがあると思います。

でも実際、自主勉強で音読をしている人はそんなにいないんじゃないでしょうか?

またもしかしたら、なんとなく効果があるのかな~と惰性で音読を生徒もいるかもしれません。

そんな受験生に、質問です。

 

何のために音読をするのか、明確に答えられますか?

 

「本当に意味があるのかな?」そんなことを思いながら惰性で音読を続けている受験生...

もしかしたら、その音読は全く効果がないかもしれません...

 

 

ということで!!

本日のブログのテーマは「音読をやる目的についてです!

 

まず、①音読②解釈の学習、それぞれの役割を考えてみましょう!

目指すゴールは別々なのでそこをまず意識することから始めます。

 

①解釈の学習の役割は、英語長文を一文一文正確に「訳す」ためにするもの。

②音読の役割は、速読力をつけるもの、長文を「スラスラ読む」ためにするもの。

 

解釈の学習については、その通りですよね。

単語・文法などは、一文を正確に訳すためのもの。

そして一文が訳せれば、文章は全て「訳せる」ようになると思われます。

ですが、それだけでは「読むスピード」は補うことができません...

 

そこで必要なのが音読です!!!!

実は、「しっかり発話できるスピード」=「しっかり理解しながら読めるスピード」なので、

音読は「読むスピード」を鍛えるのに良い勉強法なのです!

逆に言えば、解釈の学習ばかりしていても、長文読解で壁にぶつかってしまうのです...

 

そもそも、皆さんご存知の通り日本語と英語は構造も、その訳す順番も全く違いますよね?

だから、英語の解釈の方法のみならず、英語の読み方を身に着けていかなければ文章がスラスラ読めるはずがないのです。

 

あとは、山火先生と高田先生が詳しく説明していますので是非ご覧ください。

 

ちなみにこのやり方は、国語にも使えます!上記の通り、「音読できるスピード」「本当の意味で読めているスピード」というのは強い関連性があるので、国語の現代文などにももちろん応用できます!

今回のポイントは、「解釈と音読それぞれのゴールをしっかり理解しつつ音読に取り組むこと」なので皆さんもぜひ、それを意識するようにしてみて下さい。

 

↓具体的な方法については次回の記事をご覧ください↓

【英語】音読の方法ってどうすればいいの?【受験生からの相談】

 

今日はこんなところで!ありがとうございました。

多くの方に「武田塾」の理念が浸透し、武田塾を選んで頂いて、
自分の夢を叶えてくれる塾生が増えることを願っています。

受験勉強は結局は自分でやらないといけません。
授業を受けっぱなしにしても成績は上がりません。

参考書の「自学自習」が最強です。
それを最適に最速でサポートするのが武田塾です!

武田塾 西葛西校では無料受験相談を随時行っています。武田塾西葛西校について知りたい方、受験のお悩みを抱えている方などはお気軽に一度武田塾西葛西校までご連絡下さい。

TEL:03-6808-9856

武田塾 西葛西校のHP→こちらをクリック

無料受験相談のお申込み→こちらをクリック