九州大学に受かりたい人必見!九大の物理・化学の傾向と対策!!

西新校・

こんにちは!

福岡市地下鉄駅2番出口から徒歩0分、大学受験専門「日本初!授業をしない武田塾西新校」です。

西新校には、福岡市(早良区、城南区、中央区、西区)、糸島市周辺の高校生、浪人生からのお問い合わせを沢山頂いております。

 

武田塾では、九州大学九州工業大学、北九州市立大学などの福岡県内の国公立大学を始め、東京大学、京都大学、一橋大学、大阪大学、東京工業大学、東京医科歯科大学、北海道大学、東北大学、お茶の水女子大学などの最難関国公立への逆転合格者を多数輩出しています。

また私立大学では、地元の西南学院大学、福岡大学はもちろん、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学などの超有名私立大学への進学者も多数います。

 

関東や関西地区で広まっている武田塾だからこそ、地元進学者以外にも手厚いサポートや、合格カリキュラムの作成が行えます。
他の塾や予備校にはない、武田塾の個別サポートシステムを利用して一緒に合格を目指しませんか?

 

 

九大物理、化学の分析と対策!!!

九大

1、九大の物理

 

<分野別の傾向>

 力学   
分量が多い、設定や条件が変化した後の問題が解けるかが勝負所

 

 電磁気  
典型問題がほとんど、標準的な入試問題

 

波動   
年により、難易度の差が激しい

 

 熱力学  
比較的簡単な問題が多い

 

どの分野も、あまり難問がないので合格に必要な点数はある程度高いと思われる

 

<対策>

標準的な入試問題を解けるようにすることが先決です。

そのうえで、既習分野は過去問を解き始めてください!

 

赤本には5年分しかないので、大手予備校のデータベースを活用してください!

 

 

力学では、運動方程式、エネルギー保存、運動量保存のどれを使うかを常に意識してください。

電磁気では、定義を正確に理解してください。

ex)磁束とは? ホール効果とは?

 

特に、電磁気を得意にすると、

他の受験生に差をつけることができます!

 

現役生を中心に、電磁気は苦手な人が多いですが、

入試ではあまりひねった問題はでていません!!

 

逆に、力学は苦手なひとが少ないですが、

入試でひねった問題が出るときがあります!!

 

苦手な分野を作らないようにしましょう。

 

<おすすめの参考書>

 標準的な入試問題を解くには、良問の風がオススメです!!!

 基本的な問題は、これを完璧にすれば、ほぼ全て網羅できます。

 

物理を得点源にしたい人は名門の森もオススメします!!

良問の風と同じ著者です。

これができれば、多少難しい問題も太刀打ちできます

 

九大を目指すのであれば、

名門の森までやってほしいです!!!

 

2、九大の化学

 

<分野別の傾向>

 理論      
大問1は知識問題で易しい、大問2,3の計算問題は難しいときがある

 

 無機      
単独で問題になることは、ほとんどない

 

 有機      
構造決定が例年でる、高得点が欲しい

 

 高分子     
細かい知識を要求されることがある

 

個人的には、大問4,5の得点で差が大きくつくと思います!!

 

<対策>

入試まで、時間がある人は理論の計算を得意にしましょう。

時間がない人は、構造決定高分子に時間を振り分けましょう。

  

構造決定は問題のパターンが決まっているので演習量が点数に比例します!!

また、各小問が連動しているので、1つ分かれば全部分かることが多いです。

 

高分子は、ひたすら暗記です。

九大の高分子は、得点源にしやすいです!!!

 

現役生は、あまり手が回らない人が多いですが諦めずに勉強してください。

短時間で得意になると思います。

 

化学は、暗記と理解のバランスが大切です!!!

覚えるべき部分と、理解する部分を分けて勉強することが、高得点のカギになるとおもいます。

 

<おすすめの参考書>

解説が詳しく、網羅性のある問題精講シリーズがオススメです!!

他の参考書と比べて一問に対して丁寧な解説をしています。

 

基礎問題精講は、タイトルだけ見れば簡単そうですが(笑)、ある程度難しいです。

これができれば、入試の標準問題は一通り解けます!!!

九大志望の人は、とりあえず基礎問題精講を完璧にすれば合格点ラインには届くと思います。

 

標準問題精講は、化学を得点源にしたい人向けです!!!

かなり、難しいですが余裕のある人は検討してみてください!

 

ただし、標準問題のほうの、化学基礎の範囲は九大にはオーバーワークだとおもうので、飛ばしても良いと思います

 

化学が苦手な方には、大学受験Doシリーズをおススメします!!!

問題精講の著者と同じです 

有機、無機の暗記が苦手な人にも、おススメできます!!

基礎固めとして、最適な参考書です

 

<補足>

*九大は理科2科目を150分で解きますが、時間の配分は受験生によって異なります。

 僕は、物理を先に解いてました。大体、65-70分ぐらいで終わらせて、残り時間は、化学に使いました。

 化学の方が時間をかけるほど、点数が伸びると考えたからです。

 

皆さんも今のうちから、自分に合った、時間配分を探してみてください!

 

 

 

 

武田塾西新校では、入塾の意思に関係なく
受験のお悩みや勉強法などについてのご相談を無料でお受けしています。
無料受験相談のご予約・お問い合わせはこちら↓

無料受験相談

〒814-0002
福岡県福岡市早良区西新4丁目9番37-1号
西新橋山ビル4F
TEL:092-851-0781

 

 

 

タグ:
  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談