【中3向け】大阪府公立高校入学者選抜に向けて過去問演習のポイント

なかもず校・

大阪府公立高校入学者選抜に向けて赤本演習のポイント

御堂筋線なかもず駅、南海電気鉄道・泉北高速鉄道中百舌鳥駅より徒歩4分
大学受験予備校 個別指導塾の「武田塾 なかもず校」です。

普段は高校生向けの記事ばかりですが、今回は中学3年生に向けての記事を書いてみました。

 

大阪府公立高校入学者選抜に向けて過去問演習のポイント

過去問を解く意味

過去問はあくまで過去問です。
摸試と同じように合格点を取ろうと満点を取ろうと実際の入試には影響がありません。

ではなぜ過去問を解くのか?
大きな理由は3点あります。

①自分の理解度を確認するため。
⇒どこが解けてどこが苦手なのかを把握する。

②問題傾向を把握するため。
⇒どんな風に聞かれるのか?どんな問題が出るのか?を把握する。

③時間感覚を身に着けるため。
⇒自分がどの大問でどの程度時間をかけないと解けないのか把握する。

過去問演習をよりよいものにするためにも、この3点を意識して解く事を覚えておいてください。

 

演習のポイント

無目的に赤本を解いても問題を覚えてしまうだけで効果は薄いです。

大学受験の時も赤本は解く事になるので今から赤本の使い方を覚えておきましょう。

 

①まずは全範囲の復習を終わらせる。

過去問は中学3年間の全範囲(今年は特殊で一部例外あり)から出題されます。

なのでまずは苦手な範囲を無くすよう3年間の総復習を行いましょう。

 

②解いてすぐ答え合わせをしない。

まずは時間制限内で解きましょう。

その後にすぐ答え合わせをするのはNG!

その後延長戦として、悩んだ問題や時間が無くて飛ばした問題を解きましょう。

答えが変わるようであれば最初の答えを消さずに書いておきましょう。

どれだけ延長したかも記録しておいて下さいね。

⇒なぜか延長戦をするのか?

時間が足りなくて解けなかった問題なのか理解が足りなくて解けなかった問題かを判断するためです。

時間が足りなかった場合はスピードアップのための勉強を、そもそも分からなかった場合はその単元を復習しましょう。

 

③満点を狙わない。

本番の試験もそうですが、過去問演習でも満点を狙う必要はありません

大阪府の場合、各問の正答率が公開されています(下図参照)

大阪府公立高校

これは大阪府のHPで公開されてる資料の一部を切り抜いたものです。

この図を見て分かる通り、平面図形の「平行線と線分の比」の問題は正答率が0.4%しかありません。

北野天王寺大手前これらの難関校を目指す場合であっても正答率1%を切るような問題に時間をかけるより他の問題を解き直した方が効率的です。

他の問題はもう大丈夫!あとは難問を取りこぼさないように突き詰めるだけ!というタイミングでやれば問題ありません。

特にC問題が出る学校であれば難問も増えてくるので、抑えるべき問を意識して解き直ししましょう。

 

最後に

正答率に関しては別ですが、過去問を解く意味であったり過去問を解く時に注意する点は高校入試でも大学入試でも同じです。

高校入試はあくまで通過点、その先に大学入試を見据えて勉強をしましょう!!

 

武田塾 なかもず校について

あなたを志望校合格に導くため
効率的な学習計画の立案・管理・サポートを行っています。

真面目に授業を受けても成績が上がらないあなた!
今まで勉強をした事がないあなた!
是非一度、武田塾なかもず校にお問い合わせ下さい。

無料受験相談

無料相談実施中!!

武田塾なかもず校では随時無料相談会を実施しております。

「勉強って何すればいいのか分からない」
「やってるけど成績が上がらない!」
「そもそも志望校どこにしよう?」

あなたのお悩みお聞かせください。

お問い合わせはこちら

武田塾 なかもず校

〒591-8023
大阪府堺市北区中百舌鳥町6-819
玉井ビル2F

電話番号
072-275-9222

公式LINEアカウント

ID:@178evcah

ID検索で@178evcahを入力してお友達に追加してください!

またはこちらのQRコードからどうぞ
友だち追加