【受験情報】併願校を決めよう!滑り止めはそこで大丈夫?

なかもず校・

併願校を決めよう!滑り止めはそこで大丈夫?

こんにちは!

御堂筋線なかもず駅、南海電気鉄道・泉北高速鉄道中百舌鳥駅より徒歩4分
大学受験予備校 個別指導塾の「武田塾 なかもず校」です。

大体の受験生は志望校が定まっている時期だと思います。
そこで今回は第一志望の大学と併願する大学の決め方をお伝えします。

併願校を決めよう!滑り止めはそこで大丈夫?

呼び方は様々ですが、受験予定の学校は3段階で分けられます。
ここでは難易度の高い順に
チャレンジ校、実力相応校、安全校と呼びます。

それぞれ摸試の判定で言うと
チャレンジ(D・E)、実力相応(B・C)、安全校(A)
という感じですね。

以上を前提として併願校決定に必要な要素や注意点を挙げていきます。

日程

第一志望を軸として試験日の被らない学校を選びましょう。
「当然でしょ!」と思ったあなたは偉いです!
意外と願書を出すタイミングで被ってる事に気付いて慌てる人は多いので意識してなかったという人は日程も調べておきましょう。

可能であれば第一志望より早い日程に滑り止めを1つは受けておきましょう。
スポーツでも勉強でも練習(自習)ではできてた事が本番(試合やテスト)では出来なかった経験がある人は多いと思います。
入試も同じです。

摸試等で慣れていたつもりでもいざ本番となると滑り止めでも緊張すると思います。
第一志望でできるだけ力を発揮できるよう、一度リハーサルのつもりで受けておきましょう。

これは併願を考えてないよって人にも実践して欲しいです。
併願を考えないくらい行きたい学校なのであれば余計にコンディションを整えた方がいいですよ!

偏差値だけで選ばない

これ以外と抜けがちな要素です。
関西であれば関関同立を志望校とする人が産近甲龍を滑り止めにしよう!とするケースは多いです。
正直それはオススメできません。

何故かというと1ランク下くらいでは科目によっては志望校より難しい問題が出たりする場合があるからです。
また、対策をしていない出題形式がある場合その形式での出題があると難易度は更に上昇します。
実際に摸試や過去問で安全校に配置していいレベルに達しているなら別ですが、偏差値による印象だけで決めるのはNGです!

具体例を挙げると
第一志望:関西大学
滑り止め:京都産業大学
とした場合、滑り止めの方には第一志望に無い発音問題・文法独立問題があり、それらの練習をする必要が出てきます。
同じ関西の大学で偏差値の順序的には大丈夫そうに見える組み合わせでも中身で見るとマッチしていません。

関西大学の英語であれば読解・会話文の問題が出るので、同じ出題形式の大学を滑り止めに選ぶ事が望ましいです。
(もともと得意で問題なく点が取れるなら大丈夫ですが)

過去問を解いて決める

前項でも触れましたが、偏差値だけで滑り止めを決めるのはNGです。
客観的な判断材料を用意しましょう。

具体的には過去問を数年分解いてみて安定して合格最低点+10%程度の正答率を取れるようであれば滑り止めとして使えると思います。
合格最低点を安定して取れていたとしてもあくまで過去問演習の場での話!
本番で実力を100%発揮するのは非常に難しいので多少調子を落としても最低点は取れるという範囲で決めましょう。

この時期はアウトプットも大事になってきます。
問題傾向の近い大学の過去問を解く事で自身の弱点を洗い出す事も出来るのでガンガン解きましょう。
その上で解き直しを行い、苦手を無くしていきましょう。

この時期(10月11月)の過去問演習は出願校決定の材料にもなり、アウトプットの練習にもなる一石二鳥の勉強ですね!

併願校のバランス

受験校の数はバランスが大事です。
1校増やせばどうしても第一志望に割く時間が削られてしまいます。

チャレンジ校1・2校
実力相応校2~4校
安全校1・2校
くらいのバランスがいいでしょう。

私学であれば1校につき複数の日程で受験する事が可能です。
学内併願も上手に利用しましょう!

増やしすぎに注意

入試は気力と体力を使います。
それは滑り止めであっても同様です。

地方であれば予定を詰めて最寄りの都市圏に宿泊した上で一気に受験するという事もあるでしょうが、出来る限り連続受験数は抑えた方がいいです。
実際に入試を受けてみて気付いた事・分かった事を振り返って次に活かす時間も大切です。

何より、滑り止めを連続で受けすぎて第一志望を受ける頃にはヘトヘト…という事にならないよう注意しましょう。

最後に

大学受験は計画を立てて戦略的に行うものです。
そして適切な受験校決定は準備にそれなりの時間がかかります。
行き当たりばったりにならないよう、今から準備を!

武田塾 なかもず校について

あなたを志望校合格に導くため
効率的な学習計画の立案・管理・サポートを行っています。

真面目に授業を受けても成績が上がらないあなた!
今まで勉強をした事がないあなた!
是非一度、武田塾なかもず校にお問い合わせ下さい。

無料相談実施中!!

武田塾塚口校では随時無料相談会を実施しております。

「勉強って何すればいいのか分からない」
「やってるけど成績が上がらない!」
「そもそも志望校どこにしよう?」

あなたのお悩みお聞かせください。

お問い合わせはこちら

武田塾 なかもず校

〒591-8023
大阪府堺市北区中百舌鳥町6-819
玉井ビル2F

電話番号
072-275-9222

公式LINEアカウント

ID:@178evcah

ID検索で@178evcahを入力してお友達に追加してください!

またはこちらのQRコードからどうぞ
友だち追加

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 なかもず校へ