【直前期対策】琉球大学に今年必ず受かるためには?センターから二次試験対策まで解説!

那覇校・

こんにちは!

沖縄那覇に初上陸! ゆいレールおもろまち駅より徒歩2分

大学受験専門予備校の武田塾那覇校です。

 
7a1fbd53756c70930f665f2017375b44_t
 
前回に引き続き、直前期どう過ごせば結果が出せるか、アドバイスします!
 
とくに琉球大学の前期を受験する方は必見です!
 
 

諦めの悪い人間が結果を残す!

武田塾講師の与那嶺です。
 
直前期のプレッシャーと冬の寒さ、しんどいですよね。
 
 
ここで結果が出ている人も出ていない人も、絶対にあきらめてはいけません。
 
 
諦めの悪い人間が結果を残します。
 
 
すぐに結果が出なくても、必ずその悔しさは今後の糧になります。
 
 

実際に受かった講師は直前期何をしていたのか?

 
センター試験直前期の過ごし方に関して僕が最も気を付けてほしいことは復習を大事にしてほしいということです。
 
新問や演習を解き散らかすことは避けましょう。
 
 
僕は直前期に今までやった模試、センター形式の問題集を引っ張り出してきて、文系理系科目問わずやり直しをしました。
 
 
 
現代文なぜこの選択肢が正解なのかを吟味しなおしたり、
 
英語古文漢文抜け落ちた知識はないか論理的に正しく正答を選べているかを確認していました。
 
 
 
数学は数列や積分など時間がかかる分野で時間オーバーの原因となる計算などを洗い出し、短時間で満点を取る練習をしていました。
 
反復練習をすることでスピードやセンター特有の形式に対応できていったと思います。
 
 
 
結果、86%と自己ベストではなかったのですが結果的にどの科目も大失敗はせずに二次試験に突入できました。
 
 
 

琉球大学二次試験の傾向と対策

 
琉大の問題は医学部なら8割前後は得点したいレベルの問題です。
 
しかし、学部を問わずセンター試験である程度の勝負が決まるので、センター試験を重視して学習することがベストだと思います。
 

数学・・・確率、微積、複素数平面、数列を中心に反復練習

数学に関しては例年確率、微積、複素数平面、数列がかなり高い頻度で出題されており、難易度も易しめです。
 
医学部志望者なら満点近く取る人は少なくありません。
 
基礎問題精講レベルで基本的な問題をおさらいし、標準レベルの入試問題集を反復練習することが良いでしょう。
 

英語・・・過去問中心に長文と自由英作文の対策

英語に関しては結構長めな長文自由英作文が出題されます。
 
英語も数学と同様に標準レベルの大学入試問題集を解くことが対策となります。
 
ただ、やはり過去問が一番参考になると思うので5年分はさかのぼって解きたいところです。
 
自由英作文は参考書の模範解答を大事にしてください。
 
自分が使えそうな論理展開、語法、英文などはまるまる吸収しましょう。
 
オリジナルの表現をさけ、スペルミスを極力避け、問題文をよく読んで答えるが得点につながります。
 
 

理科・・・出題傾向をおさえて標準レベルの問題集を反復

生物は年度によって難易度にばらつきがあり、独特の問題が出題されることがあります。
 
自分は生物選択ではなかったので詳しいアドバイスは控えさせていただきます。
 
 
 
物理に関しては力学・電磁気は毎年出題されます。
 
熱や波動、原子も出題される可能性はあるので力学・電磁気を中心にまんべんなく勉強することが大事です。
 
センター試験レベルや中身も少し似たような問題が出題されるのでエッセンス、良問の風穴があればよく復習しておきましょう。
 
医学部合格者層は高得点をとってくるので、入試標準レベルはしっかり得点しましょう。
 
 
 
化学は理論・無機・有機まんべんなく出題されます。
 
医学部などは無機の割合は低いのですが、出題されないというわけではないです。
 
理論有機分野の構造決定の問題(入試標準レベル)をやりましょう。
 
 
 

受験生の皆様へ・・・

現在僕は琉球大学医学部医学科の2年次です。
 
 
琉大の医学部に通っている人は部活をして体を鍛えている人趣味私生活を充実させている人バイトでたくさん稼いでいる人が多い印象を受けます。
 
しかし、勉強するときには勉強しないといけないのが医学部です。
 
自己管理が甘かったりすると単位を落としたり留年する人も珍しくはありません(笑)。
 
 
僕は現在準硬式野球部に所属していてるのですが、西医体、、合宿、部活ペンション、バーベキュー、飲み会、新歓など楽しい行事がいっぱいあります。
 
琉大だと車通学がほとんどなので早く免許をとってドライブにも自由に行くことができます。
 
大学生は自分で好きなように使える時間が増えるので、様々な趣味にチャレンジしている人がほとんどです。
 
 
この寒い冬を乗り越えることが出来れば2019年はしっかり花をさかすことができると思います。
 
受験生の皆さんのご健闘を祈っています。
 

さあ、あと少しの期間でベストを尽くし、入試当日には自信をもって挑みましょう!

武田塾では、まだ直前の悩み相談や、個別の対策も受け付けています。

不安になったら一度相談に来てくださいね!

 

無料受験相談

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談