古文が苦手な人必見!短期間で得意科目にする方法

那覇校・

こんにちは。沖縄那覇に初上陸! ゆいレールおもろまち駅より徒歩2分
大学受験専門予備校の武田塾那覇校です。

今回は古文の勉強法について書きたいと思います。
「文法覚えることが多くて意味わからない」「ストーリーが意味わからない」「勉強しても役に立つ気がしない」などの理由で、古文嫌い!!となってしまった人も多いのではないでしょうか?

しかし、安定して高得点を取るのが難しい現代文と異なり、古文はいったん克服すれば満点も目指せる国語の得点源です。
ぜひ、今のうちに古文を得意分野にしてしまいましょう。

まず読めるようになるために・・・土台が大切

古文において文章を読む上でで土台となるのは、古文単語文法そして古文常識です。
この土台がしっかりできていれば、一見意味がよく取れなくてパニックになりがちな古文の文章も怖くなくなると思います。

①古文単語について

古文単語は基本的に一冊単語帳を決めてそれのみを完全に暗記していくのが良いです。
きっと一冊通す中で自分が間違えやすい単語などが出てくると思うので、印をつけたりして学校や塾の行き帰りなど隙間時間になるべく毎日触れるようにしたいですね。

②文法について

文法には、活用の種類や助動詞、助詞の働きや接続の仕方、敬語などが含まれます。
これも古文単語と同様何か一冊文法の問題集を通して解き、他の問題集や模試、過去問などで古文の文章問題で間違った問題などがあった際にしっかり参照して身に着けていくことが大切だと思います。

③古文常識について

古文常識はだいたい古文単語帳の巻末などについていることが多いと思います。
これは、当時の役職名や季節の呼び方などについての知識なのですが、まずは①②を覚えることを優先し、古文常識については問題を解いていて出てきたものを解説を読んだり単語帳で調べたりして覚えていくようにしましょう。

古文の問題を解くために・・・土台の使い方

土台を身に着けることができたら次はそれを使って問題を解く方法を習得していきます。
もちろん、単語や文法を身に着ければ大体の文章は現代語訳出来るようになるのですが、古文で文章を読むうえで特に重要なのは「主語がだれか」をとらえることです。
仮に単語の意味や接続詞が分かったとしても主語を間違ったまま読んでしまうと全然話の方向性が変わってきてしまいます。

主語判定のカギを握っているのは「敬語」です。

初出の登場人物が話している文では必ず主語付きで書かれているはずなので、出てきた登場人物は四角で囲うなど必ず目印をつけて、そのあとの文章にも主語を判断して書き込むようにしましょう。
これで格段にわかりやすくなりますし、センター試験では主語判定さえできれば解ける設問というのも見受けられるのでこの技術はしっかり磨いておいてください。

まとめ・・・古文はこわくない!早く味方につけましょう。

古文はどこから手を付ければいいのかわからなくて苦手意識を持ちがちですが、上記のように整理して考えることで、思ったよりもとっつきやすくしっかりやれば得点源になる科目です。
土台を丁寧に積み、問題演習を通して解き方を身に着けることでぜひ古文を得意科目にしてしまいましょう!

個別の相談は、ぜひ武田塾の受験相談へお越しください。

無料受験相談はこちら


教科別勉強法

♠ 数学
数学の正しい勉強法-本質を見抜こう-
数学を苦手科目から得意科目にするには?「ひらめき」の見つけ方!
沖縄の高校2年生のみなさんへ(学習計画・数学)

♦ 英語
英文法マスター 文法問題100%を目指そう! ①正誤問題
英語長文対策:多読か精読か?多読は今すぐ始めるべき?!
英語4技能のWriting – 英作文をマスターするには?
シャドーイングの効果が出ない?!
沖縄の高校2年生のみなさんへ(学習計画・英語)

♥ 国語
現代文の攻略方法 – 安定して高得点を取るためには?
古文が苦手な人必見!短期間で得意科目にする方法
沖縄の高校2年生のみなさんへ(学習計画・現代文)

♣ 物理
物理の攻略方法-基礎を固めよう!

♣ 化学
化学が苦手な人必見!効率の良い勉強法

★ 政経
【社会の選択科目】政治経済の攻略法 -特徴を知ろう!

【番外】段階突破テスト
段階突破テストの重要性~厳しいけど合格しよう!~
【段階突破テストの逆転合格】現代文100点!最後には必ずできるようになる!

 

武田塾では、入塾の意思に関係なく、受験のお悩みや勉強法などについてのご相談を無料でお受けしています。

無料受験相談のご予約・お問い合わせ

●お電話:098-917-1798まで。

●HPにて:こちら

  • 武田塾の無料受験相談