【勉強法】数学が基礎は固めたのに、初見問題になると解けない・・・その解決方法とは?

名古屋校・

こんにちは!

武田塾名古屋校です!

名古屋駅から徒歩5分逆転合格の進学塾・予備校 といえば、

武田塾名古屋校にお任せください!

 

文理共通の悩みの種といえば、

「英語と数学の勉強が上手くいかない!!」

ということではないでしょうか?

 

以前、英語については細かくお話をさせていただきましたので、

今回は数学の勉強の仕方についてお話していきたいと思います。

mathmathmath

数学をやっている中でつまづくところといえば、

「公式は覚えたのに、初見問題が解けない・・・」

「解答見ればどんな公式を使うのかわかるのに、思いつかない!」

というところではないでしょうか?

たぶん誰しも経験している悩みだと思います!

そこでこのブログでは、

数学の初見問題を解けるようにするための勉強法

についてお話したいと思います!

 

初見問題を解くために・・・

初見問題を解くために必要な力とは?

初見問題を解くためには2つの力が必要となってきます!

それは下記の2つです。

 

①問題文を読んで、情報収集をする力

②公式を使って解法の一行目を書く力

 

この上記2点の力が身についているかどうかで

初見問題が解けるようになるのかどうかが分かれます。

 

①問題文を読んで、情報収集する力

こちらは、問題文より今何がわかっていて、

何がわからないから求めたいのかを考える力になります。

入試問題は、計算問題はなく文章問題ばかりです。

条件を整理して何を求めたいのかを、

日本語の文章から収集していく必要があります。

よって、この力が身についていないと

「問題が何を求めたいのかがわからず、初見問題が解けない・・・。」

という状態に陥ってしまいます。

 

②公式を使って解法の一行目を書く力

こちらは、問題文からどの公式を使って解けばいいのかがわかる力です。

高校数学では、例えば同じ面積の問題を解くときでも、

正弦定理を使うのか、微積を使うのかで、使う公式が変わってきます。

問題文からなんの公式を使うのかが判断できる必要があります。

この力が身についていないと、

「解答を見ればわかるけど、問題文からこの公式を使うことが思いつかない・・・。」

という状態に陥ってしまいます。

 

どのように勉強したら身につくの?

問題文にある情報から、条件を探す練習をする!

上記2点の力を身につけるためには、

問題文にある情報から条件を探す練習をする必要があります。

 

では、具体的にどのように練習するのか気になるところだと思います。

そのやり方は、

「問題を解くときのプロセスを考えて、

答えの1行目を導いた情報も見ていく!」

ということです。

 

「どうしてこの解答は、この解き方で始めたんだろう?」など、

一度解いた問題でも再度考えなおしてみて下さい。

そうすることで、問題文の中に解くためのポイントがわかるようになります。

それがわかれば「この時はこう!」という感じで、

そのポイントより何の公式を使って解けばいいか、どうやって解けばいいのかがわかり、

初見問題でも解けるようになっていきますよ!

 

よって、今取り組んでいる参考書の中で、

解法を覚えてしまっているようなものに関しては、再度やり直しをし、

どうしてこの解き方で始めたのか」を必ず言えるようにしてから、

初見問題にチャレンジしてみましょうね!

もし、やり直しの段階で理解できないところが出てきた場合には、

数学の詳しい参考書(講義系)を読んだり、学校の先生に聞いたりして解決していきましょうね!

 

ただし・・・

基礎事項を上記のやり方で取り組めば、

センター試験ぐらいのレベルの問題には初見でも8割ぐらい取れるようになってきます。

 

しかし、MARCHレベルや早慶レベルになってくると

解けるものもあれば解けないものも出てきます。

なぜなら、今までやった事のない新しい問題に出会うからです。

数学は、いろいろなパターンがあるので、

基礎事項を固めればどんな問題でも解けるようになるとは限りません(´・ω・`)

初めて出てくる解き方も出てきます。

その場合、「上記のやり方でやったのにできない・・・」と落ち込まずに、

「新しい解き方なんだ!どうやって解くのか考えて解けるようにしよう!」

と気持ちを切り替えて取り組みましょう!

でもそのときのやり直しの仕方は、上記のようなやり方で復習しましょうね!

 

まとめ

いかがでしょうか?

数学は、解法を暗記すればできるものではありません。

どうしてその解き方をするのか、どうして求められたのかを、

考える必要があります。

今基礎を固め終えた上で、センター試験などが初見で4割ぐらいしか取れない方は、

解法を暗記している可能性が高いです。

まだ入試までは、半年近くあります。

問題文からなぜその解き方をするのか考えながらやり直しをし、

数学の基礎固めを終えましょう!

 

このブログを読んで・・・

「数学の勉強法についてもっと詳しく教えてほしい!」
「他の勉強方法ってどうやってやるのか知りたい!」

という方は、是非武田塾名古屋校にて
無料の受験相談を行っているので、
ぜひ相談してみてください!

そんな無料の受験相談では、
1)学力を上げるための正しい勉強法
2)効率よく知識を定着させるための勉強法
を教えています!

大学受験を有利に進めたいけど、どうしたらいいかわからない。
志望校が決まっていないです、一緒に考えて欲しい。
でもOK!

あなたのお悩みにこたえていきます‼

■ 少しでも迷っていたり、

気になっている方

↓こちらのフォームから問い合わせてみてください!↓

 

無料受験相談

 

■もっと気軽に聞いてみたいという方

こちらのLINE@アカウントよりメッセージをどうぞ!^o^

LINE@

 

 

◆ お申込みは、こちらまでお電話ください!

電話:052-551-6020

(受付時間13:30~21:00 ※日曜・一部祝日休)

武田塾名古屋校(逆転合格の1対1完全 個別指導塾)

愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-24

第1はせ川ビル3階

JR名古屋駅から徒歩3分・名鉄名古屋駅5分

 

 

タグ:
  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談