東京大学に参考書だけで合格する方法 | 生物の勉強方法【武田塾名古屋校】

名古屋校・

東京大学に合格するための生物の勉強法を紹介します!

こんにちは!!武田塾名古屋校です^o^

====================================
名古屋、岡崎、豊田、刈谷、安城、一宮、小牧、春日井、半田、大府など
愛知県全域の大学受験生をはじめ、岐阜・三重からの通塾生も少なくない
大学受験予備校「武田塾名古屋校」では、無料の受験相談を行っております!
====================================

◆ 武田塾は「学力を上げる正しい勉強方法を教える」受験塾ですp(^^)qq

東京大学といえば、日本を代表する国公立大学ですね!

 

日本の大学別研究費配分額を見ても、2位の京都大学と

大幅に差をつけて堂々の1位となっており、

学術分野にいかに貢献しているかがうかがえます!

 

研究者のみならず、一般企業や、政界、芸能界

などでマルチに活躍されている方が多いです!

 

どの分野においても、活躍できるのは

東京大学が、コツコツ努力できる人材を

集めていることが影響しているかもしれませんね!

 

「将来は一流の研究者として貢献したいです!」

「一つの学問に縛られる、いろんな分野の学問を学びたい!」

「自分の興味をとことん追求できる環境に行きたい!」

 

上記のような希望を持っているあなた!も

 

東京大学に合格するために、勉強する内容は

難しくても、勉強方法そのものは決して難しくありません!

 

学力を上げるためには、仕組みがあります!

 

勉強したことを忘れにくくするコツを知り、

志望校に必要な学力を身に着ける最短の勉強計画

実践すれば、あなたも必ず合格に近づけることができます!

 

「勉強したことのない僕でもできますか?」

「得意な科目はありませんが、大丈夫でしょうか?」

「不器用なので実践できるか心配です。」

 

上記のような不安・悩みを抱える方も多いと思います。

 

何を始める上でも必ずそうですが、

最初はだれもが初心者です!

勉強もその例外ではありません!

 

スポーツや音楽、美術などの習い事は、

最初に練習の方法や技術の身に着け方を学びます。

 

勉強にも【正しいやり方】があります!

 

しかし、学校の授業では課題が出され、

「宿題として後は各自やってくるように」

と先生から指示を出されるだけで、

具体的な勉強方法は教えてくれないのではないでしょうか?

 

練習方法を知らなければ、我流で自分の思うように

やるしかないので、本当にできているかどうか

わかりませんよね?

 

もし、あなたが「正しい勉強方法」を学び、

目標までの最短の道を進むことができれば、

ライバルを抜き去ることも可能です!

 

日本最難関の東京大学であれば、やるべき勉強量

は多いかもしれませんが、効率よく勉強できれば

合格することも決して不可能ではありません!

 

今日はその中でも、東京大学の入試生物を、

参考書だけで合格点をとるための勉強方法について紹介します!

 

この記事を読んで、少しでもやる気になったあなた!は

ぜひ一度武田塾名古屋校無料受験相談

問い合わせてみてください^o^!

 

 

東京大学 | 入試生物の特徴

 

■生物試験の特徴

・大問3問(理科2科目で150分)

・問題文と実験に関する説明分が長く、

 読むだけでも大変なのに、考える必要のある問題が出題

・制限時間内に解答するのがきつく、

 解答する段階に入るまでの問題文の読み込みがきつい

・知識そのものの難易度は高くない

 

【基本的な対策】

・実験考察問題に対して、解答の読み込みだけでなく、

 自分で考え解答の方針を立てるためには何が必要なのか

 考えながら過去問のやり込みで理解を進めていく。

 

・時間に余裕のある人は、新・生物考える問題100選や

 生物の標準問題精講などで難しい問題にも免疫をつけておく

 

・どのような情報があれば、解答ができるのか、

 解き終わった問題を利用して、メモ下記を残し、

 解答を作る構成を練る練習をしておく

 

【おすすめの参考書】

■講義系参考書

・高校これでわかる生物基礎

・高校これでわかる生物

・大森徹の最強講義117講 生物 生物基礎・生物

■問題集

・リードLightノート生物基礎

・リードLightノート生物

・理系標準問題集 生物

・大森徹の最強問題集159問

・生物 新・考える問題100選

 

 

東京大学に参考書だけで合格する勉強法まとめ

今日は、参考書だけで東京大学の生物で合格点をとる

参考書を使った勉強法について紹介しました。

 

生物の試験では、単純な丸暗記で対応できる問題はなく、

与えられた条件を問題文から読み解き、実験の内容を

整理して回答の方針を考える力が必要です!

 

制限時間がきびしいので、過去問のやりこみを通じて、

いかに素早く必要な情報を抜き出し、解答の方針を

立てられるか分析しましょう!

 

ポイントは、実験考察の問題演習を通して、

【解答の方針を素早く立てるための戦略を身に着けること】です!

 

東京大学の入試生物で合格点をとる方法を紹介しましたが、

 

「各参考書はどのように使用すればいいでしょうか?」

「身についている感じがしません。助けてください!」

「問題は解けるけど、理解ができません。」

 

上記のような悩みを抱えている方もいると思います!

 

頭では理解できても、具体的にどうやって実践すれば

いいのかわからない方も多いと思います!

 

そんなあなた!も、ぜひ、

武田塾名古屋校の無料受験相談にお越しください!

 

武田塾名古屋校は、今回紹介した東京大学に限らず、

大阪大学、九州大学、北海道大学、東北大学、京都大学

名古屋大学などの旧帝国大学を志望するあなた!

 

に合わせた個別の勉強計画を無料受験相談の中で紹介しております!!

 

「忘れにくくて、効率的な」勉強方法を身に着け、

志望校に合わせた「最速の」勉強計画を実践すれば

確実に志望校合格に近づけることができます!

 

各科目ごと、各分野ごとにどのように勉強すれば

いいのかも具体的に教えますので、

ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

無料受験相談のお申し込みは電話(TEL:052-551-6020

もしくは下記の問合せフォームからどうぞ!

 

 

◆ お申込みは、こちらまでお電話ください!

電話:052-551-6020
(受付時間13:30~21:00 ※日曜・一部祝日休)

武田塾名古屋校(逆転合格の1対1完全 個別指導塾)

愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-24 第1はせ川ビル3階

JR名古屋駅から徒歩3分・名鉄新名古屋駅5分

メール:nagoya@takeda.tv

タグ:,