絶対こうなるな! 授業を信じて全落ち、しくじりタケダ 武田塾長津田

長津田校・

「絶対こうはなるな!タケダのしくじり受験。」

武田塾チャンネル武田3

皆さんこんにちは、受験で紆余曲折した武田です。

 

今回は「武田のしくじり受験期!」

 

ということで、私の受験期のしくじりを紹介していきたいと思います。

※あくまで授業を受けて成績が伸びなかった一例です。

 

転機は中学生

授業との出会いは中学生の時でした。

 

「中学生になったら勉強の内容が難しくなるし、そろそろ塾でも行けば?」

 

母親のその一言から始まりました。

 

中学一年生で塾の授業に出会った私は話題の臨海セミナーに通うことになりました。

 

臨海セミナーではみんなと一緒に授業を受けていましたが、

 

英語は動詞を活用し始めたあたりから分からなくなり、それ以降勉強が嫌いになりました。

 

・しくじりポイント!

授業を過信しすぎ!

 

真面目な当時の武田君は

「授業をしっかり聞いていれば成績が上がる!」

「授業を真面目に聞きましょう!」

と言われていたことを忠実に守っていました。

 

しかし、授業はまじめに受け、ノートも取っていたにもかかわらず、復習をせず、さらに授業の内容がどんどん分からなくなりました。

 

特に英語に関しては単語を徹底して覚えなければ始まりません。

 

まずは「覚えること」と「理解すべきこと」に分けて学習をするようにしましょう!

 

内申点に全てを捧げる

shutterstock_309067889-300x197

高校は

「完璧な提出物&積極的発言」

「学級委員長」

「野球クラブチーム全国大会出場」

 

などでなんとか推薦をもらい、高校へ入学することができました。

 

当時は内申点を取ることに必死で、理科の実験で口の中の細胞をとる人にクラスで唯一立候補しました。

 

苦労の始まり!

95016529acd2ca86032ce2e2609471a1be530b48

何とか入った高校でしたが、周りのレベルが高く、次第に落ちぶれていきます。

 

周りは塾に通わずにテストで点数を取っているにもかかわらず、私はどんどん成績が下がっていきました。

 

中三で推薦が決まった後も臨海セミナー東京個別指導学院の塾二刀流を使いこなし、高校1年生からも臨海セミナーに通い、学

 

校の授業でも寝ずにノートを取っていたにも関わらず、みるみる成績は下がっていきます。

 

中学生の時に教わった「授業をしっかりうけること」といういいつけを守り、授業を文字通り真剣に受けていましたが、成績は下がりました。

 

・しくじりポイント!

授業を真面目に受ければ受けるほど成績が下がる!

 

どん底へ

ナレーター:そんなこんなで授業を受け続けていたしくじり先生、とうとう引導を渡される時が来ます。

 

高校二年生の時の河合塾模試です。

 

なんと、ここで私は偏差値38を叩き出します!

 

臨海の先生に「俺が上に怒られるだろ!こんな成績取るなよ!!」

 

と言われましたが、ふざけんなよ!真面目に授業受けてこの成績かよ!!成績上がる授業しろよ!!!」と私も心の中で思っていました。(当時です。)

 

・しくじりポイント!

模試偏差値38、理系なのに数学0点。

 

勉強ができない!

もうこの頃になってくると、

 

「勉強できない→イライラする→勉強が嫌いになる→授業を受ける→分からない→勉強ができない→イライラする」

 

の負のスパイラルに陥っていました。

 

とうとうアレに手を伸ばす

塾講師1

ナレーター)ここまで成績が全く上がらなかったしくじり先生、

 

あろうことか、「もっと質の良い授業を受ければ成績上がるはず!」と思い、

 

高校3年生の夏に代々木ゼミナールの講師の映像授業に手を出します。

 

さて、聡明な皆さんならもうおわかりの通り、

この頃の私は「理解力も悪く、暗記力も皆無、そして勉強の仕方が分からない状態」でした。

 

そんな状態で映像授業に手を出しても絶対に意味が無いにもかかわらず、手を出してしまいました。

 

映像授業はまやかしのようなものです。

 

講師の解説は確かに聞いていてわかる気がする、勝手に授業も進む、そして、雑談が面白くて楽しい。

 

何となく自分も頭が良くなった気になります。

 

しかし、頭がいいのは先生であって、自分ではありませんでした。

 

当時の私は頭のいい先生の解法や考え方を聞いて、自分もできた気になっている、勘違い高校生でした。

 

・しくじりポイント!

授業のクオリティー=学力の伸び。

 

0からの再出発!

絶望する人

順当に全落ちした私は浪人の春に受けた模試でも3科目偏差値38(英語は43)を叩き出します。

 

ここで、いよいよ「授業を受け続けても早稲田大学には行けない。」ということに気づきます。

 

高校3年間の授業が全く意味のない、文字通り0からの勉強スタートでした。

 

謎の塾との出会い

予備校に行っている人は読まないでください

流石の私でも、このまま授業を受け続けても成績が上がらないことが分かったので、ネットで「早稲田大学に受かる勉強法」を探すことにしました。

 

そこでであったのが「予備校に言っている人は読まないでください」という武田塾創業者林塾長の本でした。

 

そこには私が今まで失敗したことがすべて書かれており、はっきりと「予備校では伸びない」ということも書いてありました。

 

武田塾に対して最初はかなり怪しさもあったのですが、自分の体験に通づるものが多く、武田塾を信じることにしました。

 

この本を5回ほど読み込み、武田塾の勉強法で浪人すると決めた私は

 

武田塾に相談に行ったり、武田塾チャンネルやネットの情報をかき集めて勉強の仕方を徹底的に分析しました。

 

偏差値38から早慶へ

早慶

そのあとの結果は、一年間武田塾の勉強法で参考書を進め、早稲田大学慶應義塾大学に合格することができました。

 

浪人期の勉強法は他のブログで書きますので、興味ある人は読んでみて下さい。

 

現在は逆転合格したノウハウを惜しみなく生かし、偏差値40から早稲田大学合格を目指して指導に当たらせていただいております。

 

武田より

名称未設定のコピーのコピー (20)

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

今回は私が失敗した理由を書きました。

 

私はやる気があるのに成績が上がらない塾は本当にありえないと考えています。

 

私は塾を信じて授業を受け、ノートを取ったにもかかわらず、全く成績が上がりませんでした。

 

本当に嫌な思いをしました。

 

私は武田塾鶴見校で成績を上げること、それは使命だと考えています。

 

同じように悔しい思いをしないように徹底してサポートしますので、

 

本気で成績を上げたい人は是非一度ご相談ください。

 

武田塾長津田校 統括校舎長 武田 直也

 

武田塾長津田校 おすすめ記事一覧!

武田統括校舎長の指導した生徒が偏差値18.8UP!!

武田塾長津田校のここが凄い!『第一弾』偏差値38から早慶へ、武田副校舎長!!

あなたは気にしていますか!?予備校を選ぶ際の注意点!!

武田塾入門! 武田塾を徹底紹介。 武田塾長津田校

「逆転合格の体現者」武田副校舎長を紹介します! 

結果が出ます!武田塾の英語の成績の上げ方。

 

武田塾とは?

詳しい説明はこちらの記事↓

日本初!授業をしない武田塾ってどんな塾?

武田塾黒ロゴ

 

①授業をしない

武田塾の最大の特徴は授業をしないこと!

そして、なぜ授業をしないかというと授業は成績をあげる上で非効率だからです。

学校でみんな同じ時間同じ先生から授業を受けていると思いますが、同級生それぞれの成績は異なりますよね。

実は授業を受けるだけでは成績は上がらないんです。

学習には「わかる」→「やってみる」→「できる」が重要ですが、この中で「わかる」しか授業ではやってくれません。

また、授業では進むペースが限られてしまいます。

武田塾では参考書を使って生徒の志望校に間に合うペースで学習を進めて行ってもらいます。

しっかり「できる」ところまで面倒を見るのが武田塾です!

 

②毎週の確認テストと個別指導

 

①宿題をしっかりと出します

武田塾では解説のわかりやすい参考書を使って学習を進めていきます。

そして、一人ひとりの志望校に合わせて宿題をしっかりと出していきます。

かなりの量の宿題を出すため、最初は戸惑うかもしれませんが、復習をしていくうちに段々と定着していきます。

しっかりと復習日を計算した宿題を出しますので、毎日こなした課題を定着させてもらいます!

 

②個別指導の時間に口頭チェックがある

宿題をやって確認テストをしても、答えを丸暗記しては意味がない。

そこで、武田塾では講師が生徒に対して1対1で担当し、やってきた宿題の解答の根拠が理解できているかどうかの確認を行います。

解答の根拠も含めてできているかどうか確認をすることで、本番の試験の問題が解ける力を養います。

 

③カリキュラムを全体で管理

常に志望校から逆算してカリキュラムを一人ひとり管理しています。

そのため、確認テストでその週に合格点を取れなかった場合や、もう少しペースをあげたほうがいい場合はすぐに修正をします。

一週間に一回ある確認テストや、宿題の達成度を元にやるべき量を適宜調整しています。

 

武田塾と普通の個別指導の違い

個別指導塾と武田塾の違い!

無料受験相談

 

武田塾の勉強法で早慶に合格した武田が受験相談。

塾長

ここに断言します。

「成績、上げます。」

私武田は元々勉強が嫌いで、全くできませんでした。

偏差値が30台だったこともあり、志望校である早稲田大学には程遠く、現役受験生時代には受験校に全落ちしてしまいました。

 

現役の時の受験は大失敗でした。

 

そこから武田塾の勉強法に出会い、念願だった早稲田大学、そして慶應義塾大学に合格することができました。

そこだけ聞くと、順風満帆かと思われますが、そこには様々な苦難や葛藤がありました。

もちろん、受験には数多くの苦しいことや辛いことがあります。

しかし、「正しい勉強法で、しっかりと勉強時間を確保すれば成績は上がる!」

これだけは自信を持って言えます。

 

勉強が嫌い、若しくは苦手な人の気持ちは痛いほどわかります。

 

しかし、受験を乗り切れば将来かけがえのない財産になります。

一人ひとりにしっかりと寄り添いますので、勉強の苦手な人ほど武田塾鶴見校にお越しください!

 

勉強が苦手でも、やる気が少しでもある生徒さん、ぜひお待ちいたしております。

 

武田塾長津田校 副校舎長 武田 直也

無料受験相談

 

---------------------------------------------------------

武田塾長津田校 アクセス・電話番号

〒226-0027

神奈川県横浜市緑区長津田5丁目1-12

松ビル2,3階(受付は2階になります。)

Mail:nagatsuta@takeda.tv

TEL:045-532-3764