【高3生必見】新学期の4月に受験生がやっておくべきこと

武蔵小山校・

皆さんどうもこんにちは、武田塾武蔵小山校講師の須田です。
4月になりいよいよ新学期になりましたね。
今年度から受験生になった皆さんは闘いの1年になると思います。
さて、皆さんは新高3生になるにあたって、きちんと受験に向けた対策はできていますでしょうか?
勿論学校などでそういった対策をしているところもあるかと思いますが、中にはよくわからないまま3年生になってしまった人もいるかもしれません。
私も高校3年生の当時は受験の対策をしようにも、何をしたらよいのか分からず右往左往していた記憶があります。

そこで今回は、新学期に向けて受験生がやっておくべきことをいくつかまとめてみました。
ぜひご覧ください!

受験生が4月にやるべきこと

 

志望校を決めておく

4月になりいよいよ新学期を迎え、受験に向けて気合が入っている人もいますが、中にはまだ受験に挑むにあたって何をすればいいのかわからない人もいると思います。

勿論受験勉強をするのは当たり前なのですが、それよりもまずすべきこと、それは「志望校を決めること」です。

実感はわかなくても、まずは志望校を具体的に想定し始めましょう。

1つに絞らずとも、ある程度想定しておくことで、受験科目や出題範囲が把握しやすくなります
明確なゴールが決まっていることで自身の学習のモチベーションも維持しやすくなるため、早めに考えておくことをオススメします。

publicdomainq-0023795agqrja

 1年間のスケジュールを確認する

受験生の1年間は、あっという間に終わってしまいます。

1年とはいっても、正確に言えば受験までのタイムリミットは4月時点で10カ月半しかありません。

また、学校行事によって勉強できない期間もあるため、入試のゴールから逆算して、科目ごとの学習スケジュールを立てておく必要があります。

その学習計画を立てる際に重要なのは、どの教科にどの程度の時間をかけるかということです。

大学入試は各教科の総合点で判定されるわけですが、実はそれぞれの科目の配点は、各大学・学部によって様々です。

例えば、国公立大学を受験する場合、「大学入学共通テスト」と各大学の「個別学力入試」の両方の得点で判定されますが、配点ウェイトが大きな科目で点数を稼げないと実際には合格できません。

世間では「大学入学共通テスト」にとかく注目が集まっていますが、各大学の「個別学力入試」で問われる科目がトータルでは配点ウェイトが高い場合が多く、その科目こそ万全の準備で臨みたい科目なのです。

その「個別学力入試」ですが、そこでは各大学が受験生に求める学力を試すため、それぞれの大学・学部で工夫を凝らした問題を出題してきます。つまり、大学・学部ごとに対策が異なるのが「個別学力入試」なのです。

school_shiken_kaijou

個別学力入試も意識して一年間の計画を!

その点を踏まえると、まずは自分の目標とする大学の入試の配点を調べ、その大学・学部の「個別学力入試」の実際の過去問題を見て、効率的な学習計画を立てることが新高3生の新学年スタートの第一歩となります。

何に重点的に取り組むべきなのかなど、自分の現状の成績などを考慮しつつ1年間の学習計画を立てておくことで受験に対して優位に立ちまわることができるようになるのです。
ただ、計画を立てようとすると難しく考えすぎてしまうこともあります。後から修正することもできるように、大まかに計画を立てることが良いでしょう。

 

 4月から受験勉強を始める人におすすめの数学参考書

 

 チェック&リピートシリーズ

『数学チェック&リピートシリーズ』は大学入試の数学で頻出の基礎的な問題がまとめて演習できる参考書です。

1A、2B、3とシリーズがあり、収録されている問題数はそれぞれ307題、404題、261題となっています。

青チャートが「例題:約300題」「総問題数:約1000題」であることを考えると、若干少なめではありますね。
チェック&リピートのレベルとしては、高校数学とGMARCHレベルの受験数学との間くらいの問題が網羅されています。

基礎問題精構を少し上のレベルに平行移動した感じです。

入試対策を本格的に始めたい人や、教科書の問題は解けるのに入試の過去問や模試だと点が取れない人におすすめの内容です。

数学の教科書に載っている問題は、各単元の公式や定理の使い方が分かりやすいものが多くなっていますが、模試や入試などの実戦的な問題では解法パターンが思い付きにくいものがあります。

意外と勘違いされがちですが、高校で勉強する高校数学と、大学受験で使う受験数学は全くの別物です。ここを勘違いしている受験生は、この参考書を使うとその違いに気づくことができます。

というのも、チェック&リピートの問題はすべて入試問題からなので、そこそこ基礎が固まっていないと使えません。この参考書をマスターしてからが受験の始まりともいえるので、4月に始めるにはうってつけだと思います。

cr_IAIIBIII

『数学チェック&リピートシリーズ』は学習しやすいレイアウトが特徴です。数学の各単元のテーマごとに2題から6題ずつ問題がまとめられています。そして問題のすぐ後のページに、各問で押さえておくべきチェックポイントや、詳しい解説が見開き4~6ページで載っている構成です。

81kEc8mrpAL

また、チェック&リピートの解説についてですが、「チェック・チェック」と「解答・解説」の2段階で構成されています。「チェック・チェック」では、答案作成の際にキーとなる公式や考え方が記載されており、「解答・解説」では、そのキーとなる部分は色がついていますので、どこが作成のポイントになっているのかがわかるようになっています。あと、問題と解答が別冊ではなく1冊の中にまとめられているため、解いた後にすぐ解法を確認できます。解説自体は普通の詳しさで、別解はあまり掲載されていません。

71uLTiVRmoL
『数学チェック&リピートシリーズ』で入試レベルの典型問題に数多く触れることで、本番での得点力を高めることが可能です

以上、『数学チェック&リピートシリーズ』の特徴や含まれている内容、おすすめの理由をお話ししました。

数学の入試対策を進めたい人はぜひ参考にしてください!

終わりに

いかがでしょうか?新高校3年生になった今、上手く学習スケジュールは立てられそうですか?

4月になりこれからの1年間いろいろ不安に思うこともたくさんあるかと思いますが、ぜひ乗り越えて、笑って来年の春を迎えられるよう頑張ってください!

タグ:,