【理系講師が語る】物理と化学の勉強法!おすすめの参考書紹介!

守恒校・

こんにちは!

 

小倉南区守恒駅から徒歩2分!

大学受験の予備校・塾・個別指導塾の

武田塾守恒校です。

 

2022年度武田塾での合格実績はこちら

 

今回は現役理系講師の視点から大学受験での

物理と化学の類似点と相違点

それをふまえての勉強方法

について書かせていただきます!

 

物理と化学は

受ける大学によっては共通テストでしか使わなかったり

2次試験において選択科目で片方だけで良かったりするので

志望校の試験情報はしっかり把握しておいてください。

 

物理と化学の類似点 得点源になる!

まず物理と化学はどちらも国立の2次試験や

私立試験において大事な得点源となります!

 

理由は試験の形式が記述式になったとしても

英語や数学ほど難易度があがるわけではない

考えるからです!

 

無論マーク形式より難易度は上がります。

また受験する大学によっても難易度は変わりますが

英語や数学ほどの差はないと思います!

s

物理・化学が得点源となる理由①

1つは、そもそも高校で扱われる物理や化学は

数学と比べるとそこまで難しい内容ではなく

ウェイトも軽いからです!

 

参考書などの厚さから

また実際に勉強や演習を行っている人なら

そう感じる人もいるのではないかと思います。

 

物理・化学が得点源となる理由②

数学は全て記述式であることがほとんどです。

 

一方、物理や化学試験の記述式は

問題の計算などをするための余白があり

解答は別途記入欄が設けられていることが多いです。

(難関大学など、例えば東大では解答記入欄などがなく

すべて自分で記述しなければならないものもあります。)

 

 

解答欄があることにより、

解答さえ合っていれば

記述を細かくみられることはなく点が貰えます。

 

また計算過程を記述することで部分点も貰えます。

 

このため、記述に対する負担が減り

解答すべき量が視覚的にわかりやすく

精神的負担も軽減されるのではないかなと思います。

 

つまり...

とにかく物理や化学は得点源にしやすい科目です!

 

 

物理と化学の相違点-暗記量の違い

続いて相違点についてです!

 

相違点としては、

化学は暗記的側面が大きく

物理は数学的側面が大きい

と私は感じます。

 

理由としては化学は扱う用語の数

物理に比べ圧倒的に多く

計算を必要とする問題は逆に減ります

 

対して物理は公式などを用い計算することがほとんどです。

 

従って、理系やとりわけ数学が得意な人にとっては

物理のほうが解きやすいと感じる方が多いと思います。

istockphoto-893460798-1024x1024

物理と化学の勉強法は?

この相違点から勉強法にも違いが生じます!

 

ここからは私自身がどのように

この2科目を勉強したのかを書きます!

 

到達した偏差値としてはどちらも70ほど

物理の方が圧倒的に好きで

国立後期試験での選択でも物理一択でした。

(前期は落ちました)

 

化学の勉強法-おすすめ参考書紹介

まず始めに化学についてです。

 

化学の場合は同じ参考書を何周もしました

物理に関しても周回はしたのですが

2倍以上周回しました。

 

しかし1冊にかかる時間物理よりも圧倒的に短いです。

 

おすすめ参考書① 化学・基礎問題精講

私が勉強の始めに扱った参考書が

「化学・基礎問題精講」です。

(「入門」や「標準」もありますがその中間の「基礎」です。)

 

OIP

この本は過去のいろいろな大学入試や

センター試験などから問題が抜粋され

また問題の後に解答・解説が記されており1冊で完結します

 

 

取り扱われている問題は過去問からなので

難易度が易しいわけではありませんが 

解説も丁寧なので始めて受験勉強する方にもおすすめです!

 

この1冊だけでもかなりいい成績まで

上がると思います!

 

(これよりも易しい「入門」や難易度の上がった「標準」

もあるそうなので1,2年生の方は入門を用いて

先取りするのもいいのではないかと思います)

 

私は「基礎問題精講」を10周近くしたのですが

過剰だったかもしれません....

 

しかし、この本は慣れてくれば1日1時間足らずでも

1週間で終わります。

 

あまり時間がかからないことから

入試直前期の復習にもおすすめです!

おすすめ参考書② 実戦 化学重要問題集

基礎問題精講を周回していくうえで、

8割以上問題なく解けるようになり次に使用した参考書が

「実践・化学重要問題集」です。

9784410143243

 

この本は先に述べた「基礎問題精講」よりも問題数が増え

難易度も格段に上がります

 

また単元の始めに要項がまとめられているので

簡単にその単元の軽い復習ができます。

 

そしてA問題とB問題の2つの難易度の問題分けがされており

B問題まで演習することにより難関大学レベルまで

学力を身につけることができます。

 

A問題は「基礎問題精講」と同様レベルなので

余裕のある人や難関を目指す人はB問題にもチャレンジ

してみてください。

 

これも3周はしました。

 

同じ参考書の周回について...

ここで参考書や問題集の周回についてなのですが

私は化学があまり好きではなく、すぐ忘れそうだったので

すべての問題を飛ばさずに何度も解きました。

 

解けなかった問題に印をつけて、その印をもとに2,3周目

と進んでいく方が効率は格段にいいと思いますが

化学に関しては、試験まで時間に余裕がある内は飛ばさずに

演習をしました。

 

こればっかりは人によるので早めに自分に合ったものを

見つけ出すしかありません。

 

物理の勉強法-おすすめ参考書紹介

次いで物理です。

 

おすすめ参考書① 物理のエッセンス

まず物理の参考書で入門のおすすめのものとして

物理のエッセンス」というものがあります。

物理のエッセンス

この本は問題数が少なく、要項がわかりやすいため

・物理がさっぱりだと言う方

・苦手意識が強い方

・単元がすべて終わってない方には

まず始めにおすすめします!

 

しかしそこまで苦手意識がない人であれば

飛ばしても大丈夫です。

 

おすすめ参考書② 良問の風

私自身、本格的に受験勉強を始めようとしたときに物理は

あまりできるわけでもなかったのですが

「良問の風」からスタートしました。

ryoumon_official-min-768x491

この本も入試の過去問から問題が抜粋されており

難易度は高めではありますが

問題と解答・解説が別冊となっており解説もわかりやすいです。

 

物理に関しては解けなかった問題を中心に周回しましたが

解けた問題もある程度頭の中で筋道を立てたり

たまに解いてみたりといった感じでした。

 

中堅国立大やMARCH志望の方は

この1冊で十分だと思います。

 

おすすめ参考書③ 名門の森

良問の風が8割以上解けるようになって

次に扱ったのが「名門の森」です。

 

611C8NPLQlL

この本は問題数も多く難易度もかなり高めです。

 

かなり骨が折れましたが成績に還元されるものも大きく、

物理に対して絶対的な自信が持てます!

 

早慶以上の難関大を目指している方は是非チャレンジ

してみてください。

 

おすすめ参考書④ 過去問

そして最後の締めとして扱うものが

「自分の受ける大学やセンター、共通テストの過去問」

です。

 

過去問は確実にチャレンジしてみてください!

 

自分の今の立ち位置もわかりますし

傾向や対策もとっていける

1番優れた演習問題となります。

 

まとめ

参考書や問題集は数多く存在しますが大事なことは

①今現在の自分に合った難易度のものか

②これにより到達できるレベルが適切か

の2つです!

 

また勉強時間の優先度で言うと

数学・英語→物理・化学

といった順番になります。

 

時間に余裕がもてないのであれば

数学を一通り終えてから物理化学に取り組むでも

良いと思いますが、

夏までには物理と化学に関しても

一通り終えていないときついと思います。

 

以上、簡単にどういった勉強をしたかを

書かせていただきました!

 

【最後に】

受験勉強に正解はなく、なるべく早い内から取り組んで

自分にあったやり方をみつけることができれば

合格にぐっと近づきます。

まずは行動あるのみです。

応援しています。

 

武田塾はなぜ授業をしないのか。

私たちは

授業は無駄が多く

成績を伸ばすためには非効率

と考えています。

 

なので授業は行いません!!

 

その代わり、

最速で成績を上げる自学自習法

お教えいたします!

 

正しい勉強方法を教えます

まず偏差値を上げる3つの

ステップを理解してください。

「わかる」・「できる」・「やってみる」

GnBFi9MmQExH8kU9rrbejmAFQwtkkKHMQkeYwdCh

多くの生徒は③「できる」まで到達しません。

それは学校の授業が①「わかる」までしか

行わないからです。

塾や予備校でさらに同様の

授業を受けても成績は伸びるでしょうか?

 

成績を伸ばすには・・・ ③「できる」までやれ!

そこで大切なのは

自学自習です!

同じ問題を何度も繰り返し「やってみる」

そして繰り返し完璧に「できる」まで続ける

 

武田塾では授業ではなく

生徒1人1人にあった自学自習の勉強法を

徹底指導しています。

 

正しい勉強法で最速で

志望校に合格しませんか?

武田塾ではそのノウハウを

YouTubeやWebサイトで

全て公開しています!

(逆転合格.com)

是非一度目を通していただきたいです!

(英単語の覚え方を例に挙げていますが、その他にも数多くの勉強法の動画があります!)

 

一人で不安なら「無料受験相談」へ

自学自習で正しい勉強法を継続できるならば

コスパ・スピードともに

最強の勉強法です!

 

もし

「一人で続けられるか不安がある」

「わからない点があるから質問したい」

こう思っている方

塾ではその勉強法を皆さんが

確実に実行できるよう

全力でサポートさせていただきます!

 

武田塾では「無料受験相談」を実施しております。

 

・志望校に逆転合格する勉強法

・あなたにぴったりの参考書紹介

・武田塾の詳細や料金説明 など

 

入塾義務はございませんので、

まずはお気軽にお近くの武田塾までお問合せください。

 

※この時期はお問合せが多くなりますので、

お急ぎの方はお早めにお申込みください。

 

受験相談には

生徒と保護者・生徒のみ・保護者のみ

いずれでもOKです!

 

しかし、事前予約制となっておりますので

下記のバナーorお電話からご申し込みを

お願いします!

(応募後は校舎より日程調整のお電話を

させていただきます。)

 

お電話でお申し込みの方は

093-231-5865 にて”受験相談希望”

とお伝えください!

無料受験相談

 

【初めての方へ】武田塾ってどんな塾?

【初めての方へ】武田塾で短期間で成績が上がる理由とは?

【初めての方へ】なぜ授業をしないのか?どんな生徒が向いてる?

【はじめての方へ】武田塾の体験特訓はココがすごい!

【塾生インタビュー①】武田塾に入塾後の変化とは!?

【塾生インタビュー②】入塾後3か月で模試の点数70点アップ!何が変わった?

【料金について】武田塾の料金は高い?

高1・高2生向けブログ

【高1生】最初の模試でスタートダッシュを決めよう!

【受験と部活を両立】勉強時間を生み出すコツ!

【高2生に伝えたい!】部活引退後に成績が伸びる条件は?

【高3になる前に!】時期ごとの科目の優先順位は

【高2生】高2から受験勉強を始めると..?

【高2生】受験まであと1年!受験勉強は何から始める?

【高1・高2生向け】最強勉強法!1週間単位で計画をたてろ!

高3生向けブログ

【高3生】過去問はいつから始めるべき?

【高3生】過去問分析のやり方は

(随時更新します!)

浪人生向けブログ

【守恒・小倉南区で浪人を検討している方へ】浪人の実態について話します!

【守恒・小倉南区で浪人を検討している方へ】武田塾での浪人の評判とは?守恒校が評価します!

【浪人生】理想の1日の勉強スケジュールとは?

小倉南区高校生向けブログ

【小倉南区】小倉南区周辺の自習スペースを紹介!

(随時更新します!)

受験お役立ち情報

【志望校迷ってる人へ】志望校の選び方を解説します

英検ってとった方が良い?

【理系の社会】コスパ最強!理系のおすすめ社会科目とは

【定期テスト】大学受験と定期テストどう向き合う?

【志望校選び】どっちがいい?大学生の1人暮らしvs実家暮らし

【スマホ】受験生にスマホは必要?

勉強中に音楽を聴くのはあり?なし?

【大学受験】勉強時間はどのくらい必要?長時間勉強のコツは?

大学情報

【九大志望必見】九州大学の英語の傾向と対策は?

【九大志望必見】九州大学の文系数学の傾向と対策は?

【九工大志望必見】九州工業大学の数学の傾向と対策は?

【北九大志望必見】北九州市立大学の英語の傾向と対策は?

 

勉強法

【超効率復習法教えます】自分だけの最強参考書を作れ!

【理解講師が語る】物理と化学の勉強法とおすすめ参考書!

【数学勉強法】数学の勉強におすすめのサイト3選!

【数学苦手な人へ】苦手な人向け勉強法とは?

英語長文が読めるようになる方法①

英語長文が読めるようになる方法②

大学受験って独学で大丈夫?独学のメリット・デメリットとは。

 

武田塾守恒校へのご連絡・アクセスはこちら

日本初!授業をしない武田塾 守恒校

〒802-0971-1689

福岡県北九州市小倉南区守恒本町2丁目5-16

TEL 093-231-5865

受付時間
<月~土>
自習室利用可能時間 13:00~22:00

電話受付対応時間  13:00~21:30

武田塾守恒校HPはこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇