【自学自習】数学の苦手分野を克服するための勉強手順

守口校・

こんにちは!武田塾守口校校舎長の末永です!

今回は、「数学の苦手分野を克服するための勉強手順」というテーマで記事にしました。

数学を使う受験生あるあるで、「ベクトルだけが苦手」「確率だけはどうしても取れない」というように特定の分野が苦手な人は多いと思います。

その苦手分野をどう克服していくのかを今回は紹介していきます。

 

数学の苦手分野を克服するための勉強手順

 

 

参考書のレベルを分野ごとにかえる

苦手分野は、今使っている参考書よりも下位レベルの参考書を使用してみましょう。

例えば、「基礎問題精講」から始めている人でも特定の苦手分野だけは「やさしい高校数学」を使うということです。

基礎問題精講やさしい高校数学ⅠA

計算だけの分野は「基礎問題精講」でいけますが、考え方が大事な分野は「やさしい高校数学」を使ってみるといいと思います。

特に確率・ベクトル・数列などの概念的な分野がオススメです。

 

得意な分野と苦手な分野で参考書を分けることは戦略的にもアリです。苦手な分野に関してはワンランクだけハードルを下げて克服していくイメージです。

細野真宏の本当によくわかる本」シリーズは、苦手分野だけハードルを下げるにあたってオススメの参考書です。

細野真宏の確率が面白いほどよくわかる本

この参考書の特徴としては、ベクトルが簡単で確率は難しめとなっています。

各分野ごとにかみ砕いて分かりやすく説明してくれるので、分野にもよりますが苦手な人でも対応できるようになっています。

 

あとは、「面白いほどよくわかる本」シリーズがオススメです。

坂田アキラのベクトルが面白いほどよくわかる本志田晶のベクトルが面白いほどよくわかる本

ここまでは、本当に基礎が全くできていないレベルの話です。

 

MARCH・早慶の場合

MARCHレベルや早慶レベルになってくると理解ができなくなってきたというケースも出てきます。

この場合は、まずそもそも克服する必要があるのかを検討しましょう。

例えば、証明問題が苦手な人でも志望校によっては記述式ではないという場合です。

この場合だと特に克服する必要もないのでやらなくてもいいと思います。

 

もし克服する必要があるとなったときは、分野を絞って特定の参考書を進めるのがいいと思います。

国公立志望の場合だと「国公立標準問題集 CanPass 数学」を使いますが、この参考書では演習量が不足している分野があったりすると思います。

国公立標準問題集canpass数学

 

その場合は、「実戦 数学重要問題集」などを使って苦手分野の演習量をカバーして対策するのがオススメです。

実戦数学重要問題集

 

あとは、「10日で極める」シリーズもオススメです。該当分野に特化して演習量を積める参考書となっています。

10日で極める ベクトル

 

ベクトルにせよ確率にせよ何かしらの苦手分野はある程度出題のパターンが限らています。

なので、絶対に克服できないということはないです。

しっかり全パターン解き方を丁寧に仕上げていけば、必ずその苦手を克服できると思います。

苦手を克服するためには

・考え方をしっかりと理解する

・よく出題されるパターンを押さえる

 

共通テスト対策でも分野だけ特化してセンター試験の過去問10年分をやり込んで克服するやり方もあります。

 

まとめ

満遍なく対策するというよりも苦手分野を重点的に対策していくのもいいと思います。

数学の苦手分野の勉強法は、参考書のレベルを分野ごとに下げて、必要であれば特定の問題集をやりましょう。

出題されるパターンを押さえて苦手を克服していきましょう。

 

無料受験相談

最後まで見ていただきありがとうございます!

武田塾守口校では無料受験相談を実施中です!

無料受験相談では、苦手科目の勉強法や参考書の選び方など受験に関するお悩み相談を受け付けております!

お一人では不安という方はお友達やご家族とご一緒にお越しください!お待ちしております!

無料受験相談

京阪守口市駅から徒歩4分!

寝屋川市、門真市、摂津市、東淀川区、旭区、鶴見区、城東区、都島区など

守口市以外の近隣の地域も通塾圏内です!

タグ:

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 守口校へ