【新受験生への道しるべ】英語の勉強って、まずはなにをやればいいの?

門前仲町校・

こんにちは!

東京都江東区門前仲町・木場・東陽町・南砂・豊洲、中央区佃・勝どき・月島エリアからの問い合わせや塾生の多い、授業をせずに偏差値を格段に上げる大学受験専門個別指導予備校、武田塾門前仲町校です!!

この春から受験勉強を始める新受験生の方を対象に、
「最初になにをするべきか」を教科別にお話ししてきましたが、
今回はお待ちかねの英語です。

 

<英語の勉強は、する順番に気をつけよう>

なにから始めればいいのか?

ほとんどの人が、「まずは単語を覚えよう」と言います。
単語を知らずに文章を読むことはまず不可能なので、
そこから始めることに異論を挟むつもりはありません。

とはいえ、「まずは単語を2000個覚えなさい」といわれたら、
果たしてうまくいくでしょうか?

 

【文章を読むのは単語を全て終えてから?】
そもそも単語を覚えなければならないのは何故でしょうか?
もちろん文章を読むためです。

それでは英語の勉強が楽しくなるのはいつからでしょうか?
おそらく文章が読めるようになってからでしょう。

それでは、
「英単語を2000個覚えるまで文章は一切読んじゃダメ」
と言われたら、どういうことが起こるでしょうか?

知らない言葉をひたすら暗記する作業というものは、
「なかなか覚えられない」という点で非常に根気がいります。
正直言って面倒です。辛いです。だるいです。

先述のとおり、英語の勉強の楽しさを実感できるのは、
文章を読めるようになってからです。
したがって単語の暗記が全く苦にならない一部の人を除けば
「単語を全て覚えてから文章」というやり方では挫折する可能性はです。

 

【最初に覚えるのは基礎レベルだけ】
とはいえ、それでも文章を読むためには単語を知らないといけませんので、
ポイントは「まずどこまで覚えるか」となります。

それではMARCH以上の難関大学の受験を想定してお話しいたしますので、
まずお手元の単語帳をご覧ください。
難易度や出題頻度によって、章立てされていませんか。

たとえば武田塾で用いている『システム英単語』では、
最初から1200個までがセンター試験レベルという位置づけになっています。
この1200個をマスターしたところで英語長文に入るため、
MARCH以上を志望する方は、ここまでが最初に覚える目安となります。

また『システム英単語』以外の単語帳を使用される場合は、
 ①どのレベルの大学を想定して作られているのか
 ②難易度・出題頻度ごとに章立てされているか
この2点を考慮した上で、センター試験レベルまでを覚えてください。

 

<参考書紹介>

システム英単語(駿台文庫)
刀祢 雅彦・霜 康司(共著)

読解に欠かせない2021個の英単語と181個の多義語が収録されていて、
英単語は以下のように章立てされています。
 第1章…最頻出単語(600個)
 第2章…センター試験レベル(600個)
 第3章…難関大学レベル(485個)
 第4章…最難関大学レベル(336個)

同書の最大の特徴は、「ミニマル・フレーズ」と呼ばれる方式です。
この方式では、それぞれの単語について簡潔な語句の例文が与えられ、
単語の意味が覚えやすくなっています。

 

【覚えるときのポイント】
①最初は1つの単語に対して、意味は1つでOK
単語帳を見てみると1つの単語に対して、
赤字で書かれた意味の側に、黒字で別の意味が書いてあったりもするため、
「これ全部覚えるの…」
と、思わずため息のひとつもつきたくなることでしょう。

たしかに細かい意味まで覚えておけば入試で有利になりますが、
最初から全てを覚えようとすると、嫌気がさし、挫折のフラグが立ちます。

こうした事態を避けるためにも、最初は赤字訳を1つだけ確実に覚えて、
一通り終えて、2周目・3周目とやり込みの時期に入ったら黒字も覚えましょう。

②品詞を意識してみよう
同じ単語帳を使っているのにもかかわらず、
「これで早慶まで対応できる」
「これじゃMARCHに対応できない」
と意見がわかれるのはなぜでしょうか?

それは、同じ単語帳であっても使い方に違いがあるためで、
その違いは「発音記号」や「品詞」に注意を払っているかどうかによって生じます。

単語の意味は知っているけれど、発音記号を知らないという受験生は多く、
センター試験の場合、最大で10点の差がつきます。
また品詞で差がつきやすいのは書き換えや英作文の問題で、
特に英作文は配点が高く、ここの出来で決定的な差が生じることもあります。

最初から発音記号に目を向けるのは正直厳しいのでオススメしませんが、
品詞に関しては意識しておけばそれほど負荷にはならないでしょう。

 

*   *   *

これまでの受験英語では、リーディングの力だけで押し切ることができましたが、
最近ではTEAP利用の入試が増えているように、従来とは傾向が変わってきています。
とはいえ、入試の形が変容しようとも、単語がその基礎であることは変わりません。
最初はなかなか覚えられないかもしれませんが、
「いつか出来る!」と信じて、繰り返し暗記に励んでみてください。

 

===============================

【新受験生への道しるべ】国語の勉強って、まずはなにをやればいいの?⇒こちら
【新受験生への道しるべ】数学の勉強って、まずはなにをやればいいの?⇒こちら

 

===============================

武田塾門前仲町校では、毎日、

無料の受験相談をおこなっております。

・勉強してるのに全然成績が伸びない
・ほかの塾に通っているけど成績が伸びない
・何から勉強を始めれば良いのかわからない

などなど、受験にまつわるあらゆるお悩みに個別でアドバイスさせていただいております!

お気軽にお問合せください♪

【お問合せ・お申込み】

お電話でのお問い合わせもお待ちしております♪
===============================
日本!授業をせずに偏差値を上げる予備校
【武田塾 門前仲町校】
〒135-0048東京都江東区門前仲町2-2-2市川ビル2F
TEL:03-3642-9984
===============================
90秒でわかる武田塾 動画

  • 武田塾の無料受験相談