獨協大学外国語学部合格!<合格体験記 Ι 武田塾水戸校>

水戸校・

こんにちは、武田塾水戸校です。

推薦入試にて志望校合格を決めた生徒より、合格体験記が新たに届きましたのでご紹介します。

 

F.Kくん(水戸桜ノ牧高校

獨協大学 外国語学部

に合格!

juken 

 

☆武田塾に入る前の成績は?☆

入塾当初の成績:偏差値50かそれより下

模試やテストであまり良い点数を取れていなかった。

 

☆武田塾に入ったきっかけは?☆

バスの広告を見ていいなとおもったから。

それと、他の塾では自習があまり重視されていないように感じた。

 

☆武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?☆

「1日の勉強量が0!」の日がなくなった。

それと同時に、1日の勉強量を計画的に使おうという意識が芽生え、暗記も得意になった。

国語の成績が上がった。

 

☆担当の先生はどうでしたか?☆

とても熱心に教えてくれて、自主学習の手助けとなりました。

 

☆武田塾での思い出を教えて下さい!☆

担当の先生が関係詞について教えてくれた時に、英語の核がわかってとてもタメになった。

毎日自習室に来ていたら、他の毎日自習室に来ている生徒とも仲良くなり、そこからお互いに励ましあい

ながら合格まで頑張ることができた。

 

 

☆好きな参考書ランキング!☆

第1位:現代文読解力の開発講座

これをやれば、模試で現代文9割取れるようになります。

何回もやるのが大事です!

 

第2位:Next Stage

これさえやれば、間違いなしです

 

第3位:システム英単語

入試に出る英単語が凝縮されていて、英単語はこれだけで大丈夫!

 

☆来年度以降の受験生にメッセージを☆

かならず毎日自習室を使ってください!(^^)!

甘えないで、とりあえ自習室に来ましょう!!!!!

自習の塾なのに自習しなかったら意味ないですよ。絶対に!!!!!

 

毎日自習室にきて、宿題に取り組んでいたFくん。

休憩スペースにて、勉強法やルート進捗について、大学についてなど情報交換を積極的にしていた姿も印象的です。

頑張っていた成果が出ましたね(#^^#)おめでとうございます!

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸
~武田塾水戸校へ受験相談に来てみませんか?~
・受験勉強全般のお悩み相談
・学校の成績のお悩み相談
・志望大学へのカリキュラム無料配布

お気軽にお問い合わせください!
TEL:029-306-9436

無料受験相談

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

<大学情報>※パスナビ調べ

獨協大学

gaikan

学部・学科

外国語学部(偏差値50.0~57.0/センター得点率66~82%)

ドイツ語学科

3年次から言語・文学・思想研究、芸術・文化研究、現代社会・歴史研究の3コースに分かれて学ぶ。

「実用的なドイツ語能力」と「幅広い思考力と積極的な発信能力」の修得を目指す。

英語学科

2年次からグローバル社会、メディア・コミュニケーション、文学・文化・歴史、言語・教育の4コースに分かれて学ぶ。

ディスカッション、スピーチ、ディベート力を磨き、国際舞台で活躍できる能力を養う。

フランス語学科

3年次からフランス語コミュニケーション、フランス芸術文化、フランス現代社会の3コースに分かれる。

オールラウンドなフランス語能力を身につけ、フランス語圏の文化から政治まで総合的に学ぶ。

交流文化学科

交流する「文化」と「社会」をツーリズム、国際関係論、社会学、文化人類学などの多角的な視点から学ぶ。

ツーリズム、トランスナショナル文化、グローバル社会の専門分野があり、多様な視点を身につける。

卒業までにすべての学生がTOEIC L&Rで800点以上を取得することを目標としている。

新入生の男女比率(2018年) 男41%・女59%

 

国際教養学部(偏差値52.5~55.0/センター得点率76~79%)

東アジア、ラテンアメリカ、英語圏および「日本」という地域研究、多文化やマイノリティーのための社会学、多言語社会のための言語学と言語習得理論などの多様な価値観を学ぶ。また、研究科目群として、スペイン・ラテンアメリカ、中国、韓国、日本、言語教育、グローバル社会、人間発達科学、総合科学の8つの研究科目群から各自の興味や研究テーマに合わせて選択し、学びを深めていく。

新入生の男女比率(2018年) 男29%・女71%

 

経済学部(偏差値45.0~50.0/センター得点率69~73%)

経済学科

経済理論、総合政策、国際経済の3コースがあり、経済学を体系的・総合的に学ぶ。日本と世界の経済情勢にも目を向け、経済学の諸領域を段階的に学習するとともに、自己表現に必要な外国語能力を養う。

経営学科

マネジメント、ビジネス、会計、情報の4コース制。企業経営に関連した科目を体系的・総合的に履修し、経営活動に関係する理論とその手法を実践的に学ぶ。外国語教育を重視し、コンピュータや会計の手法を利用した情報科学の知識・技術も修得する。

国際環境経済学科

経済学の視点から現代社会がかかえるグローバルな問題を身近な問題としてとらえ、客観的な分析力と主体的な行動力を養う。

「Introductory Lectures」や「メディア英語」の授業は英語で行われ、英語で専門領域を学んでいく。

新入生の男女比率(2018年) 男64%・女36%

 

法学部(セ試得点率 68%~77% / 偏差値 47.5~50.0

法律学科

1年次に法律学の学習に必要な入門科目を広く履修し、2年次になると各人のニーズに合わせて、行政法務、企業法務、法曹の3コースからいずれかを選択する。

◆行政法務コースは、将来、公務員、教員あるいはマスコミ関係の仕事を志望する者のためのコースである。

◆企業法務コースは、私法関係科目を中心に学び、将来、法的素養を生かして一般企業への就職を希望する学生のためのコースである。

◆法曹コースは、法科大学院への進学をはじめ、弁護士、裁判官、検察官などの法律専門職を志望する学生を対象としたコースである。

 国際関係法学科

法学と政治学の視点からさまざまな国際問題を考察し、解決するための方法を国際的な視野から研究する。

 1年次に基礎科目、憲法・人権、民法Iなどの基礎的専門科目や外国語を中心に学ぶ。なかでも、基礎科目の国際関係法入門は必修で、六法のほか多くの法分野の概説を学び、開講している専門科目の概要を理解することができる。

 2年次以降は、少人数制の演習を通じて、特定の分野について専門的理解を深める。

 総合政策学科

国際的な知識とセンスを持ち、中央のみならず地方のかかえる問題を総合的にとらえ、その解決に貢献できる人材を育成する。地域政策に関連する多彩な科目群を用意し、専門科目を体系的に学習しながら、法学部他学科の科目群からも必要な知識を吸収する。実践的な研究を行う演習は、1年次からスタート。2年次からは、地域・政策形成に関する科目を学ぶ政策・地域、政治の基礎知識を修得する政治・基礎法、法的素養を養う法律の3つの部門から選択し、専門科目を実践的に学ぶ。

新入生の男女比率(2018年) 男68%・女32%

 

キャンパス所在地

〒340-8585  埼玉県草加市学園町1の1
TEL (048)946-1900 (入試課直通)
東武伊勢崎線(地下鉄日比谷線・半蔵門線乗り入れ)獨協大学前(草加松原)駅西口下車、徒歩5分

 

 

 

無料受験相談とは

受験相談・山火

受験相談では

  • あなたのための奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 合格までやるべきすべてのこと

などについてお話しさせていただきます

受験相談の詳細はこちら

 

「絶対に志望校に合格したい」という気持ちがあれば、

今の成績や高校のレベルは関係ありません。

 

「模試でE判定だけど合格できるかな?」

「受験勉強って何から始めれば良いの?」

「勉強してるのに成績が上がらない・・・」

 

とお悩みなら武田塾の無料受験相談にお越しください。

あなたが志望校に合格できるよう全力でサポートさせていただきます。

 

 

無料受験相談

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談