志望校合格のために今の自分に何が必要か?考えてみよう!

水戸校・

こんにちは、武田塾水戸校です。

最近更新が滞ってしまっておりました、すみません。

センターが終わり、いよいよ私立入試も始まりました。入試から返ってきた受験生の顔を見ると「もう少しできたはず・・・!」

「時間が足りなくなってしまった」などと悔しそうな顔の生徒もいれば、「やれることはやったかな(^.^)!」とすっきりした顔の生徒もいて、

様々です。私立入試後半戦、国公立2次とまだまだ入試は続きます。

体調管理を入念に行いつつ、最後まで戦い抜きましょう!!!

現役生とは、新年度面談を開始しております。直近の特訓レポートの状況から、現状把握を行ったり、志望校に向けてこれからどんな

テキストをこなしていかなければならないのか、来年度の目標ペース(〇月までに日大突破)、オススメ受講コースなどをお話させていただいています。

水戸校では、最低限受験で必須になる科目(私大で使用する科目)は受講をお勧めしております。

現在行っている面談でも、上位私立大学を志望の生徒は3~4科目、国公立志望の生徒は5~7科目で受講を決めています。

それに加えて、水戸校でお勧めしているのは小論文個別特訓の受講です。

武田塾では、小論文の指導も行うことができます。どのようにやっているかというと、小論文の指導に精通した先生に特別にお願いして、

塾生が書いた小論文を動画で添削していただいています。

この先生の指摘が、詳しく、丁寧なんです。学校の先生ではなかなかここまで言ってくれない(教えてくれない)だろうな、というところまで

細かく指摘してくださっていて、この通りに本番の小論文が書けたら怖いものなしだろうな、と思います。

水戸校では、小論文が受験であるかないかは関係なく、受講をお勧めしています。

「医学部志望や国公立2次で小論文がある生徒以外が受講して何か意味あるの?」と思われるかもしれません。

でも、そうではないんです!!

小論文の試験がない学校を受験したとしても、国語の読解力が付き、長い設問文を正しく読む力が身に付きます。
また、小論文の中で必ずそのキーワードについえのニュースを調べることになっているので、自分が大学で勉強したいこと、将来仕事で
就きたい分野についての最新の情報を知ることができ、時事にも強くなります。時事に敏感になっておけば、面接の際に役立つ知識をたくさん得ることができます。

もちろん「文章を書く力」も身に付くので、先まで見据えると、大学のレポートや論文、会社での書類作成にまで活かせそうですね。

勉強において「無駄なこと」はひとつもありません。

将来を見据えた時に、今の自分にとって必要なことに積極的に取り組んでいきましょう。

小論文関連の武田塾チャンネルの動画をいくつか貼っておきますので是非参考にしてください(#^^#)

小論文個別特訓ですが、今年の様子を見ていると、最初はなかなか書けない生徒が多いです"(-""-)"

ですが、何とかして書かないと力は身に付きません!

書き出す前に「どのような段落構成で書くのか」「話をどう展開するのか」、“設計図”を頭の中に作り、書いてみる。

そして、少し時間をおいてから自分の回答を見直し、リライトしていく。この繰り返しが大切です。

小論文を通して、「自分の解答を客観視する能力」も鍛えていきたいですね。

 

 

無料受験相談とは

受験相談・山火

受験相談では

  • あなたのための奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 合格までやるべきすべてのこと

などについてお話しさせていただきます

受験相談の詳細はこちら

 

「絶対に志望校に合格したい」という気持ちがあれば、

今の成績や高校のレベルは関係ありません。

 

「模試でE判定だけど合格できるかな?」

「受験勉強って何から始めれば良いの?」

「勉強してるのに成績が上がらない・・・」

 

とお悩みなら武田塾の無料受験相談にお越しください。

あなたが志望校に合格できるよう全力でサポートさせていただきます。

 

 

無料受験相談

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談