大学選びを始めよう!~学部・学科選び編~

水戸校・

こんにちは、武田塾水戸校です。

9月も中盤、受験生は受験校について、1・2年生も大学進学についていろいろと調べたり考えたりする時期ですね。

どの学部、学科に行きたいのかわからない。そんな声も受験相談などでたま~に聞こえてきます。

そんな方のために、大学で学ぶ学問について、少し書いていこうと思います。

これから志望校を決める2年生や1年生の皆さん、ぜひ参考にしてみてください★

今回はその中から、【人文科学系】について書いていきます。

 

★人文科学系★

人文科学系の学部・学科に共通するテーマは、「人間」。各学問分野ごとに文学や歴史、語学、教育、芸術など、研究対象となるテーマは異なりますが、いずれも人間が産み出した文化を研究し、今後の社会のあり方を模索しようとするものです

 

・文学、人文系統

日本文学、外国文学 → 言葉や表現を通じて人間の本質を探る

史学・地理学 → 時間と空間を切り口として人間の営みを研究する

哲学・倫理・宗教学 → 生きる意味や生き方、信仰など「生きる」ことを探求する

心理学・行動科学 → 心や行動のメカニズムを探求する

文化・教養学 → 幅広い分野を横断的に学ぶ

人間科学 →「人間とは何か」を多角的に学ぶ

 

・語学系統

人間の重要なコミュニケーションツール「言葉」について学ぶ学問系統です。

実戦的な外国語や日本語を学ぶ分野と、言語の理論を学ぶ言語学の分野に分かれます。大学選びでは外国人教員数や語学学習設備も参考にすると良いでしょう。

言語学では、言葉と意味の関係や、発音と音節のシステムといった言葉の機能や構造を分析・研究します。

 

・教育系統

人がより良く生きられるように心身両面にわたって計画的に教え育てることで、教育系統ではその支援方法を学びます。

教育理論や教育の本質を学ぶ教育学系、小中高などの教員養成系、幅広い知識をもった人材の育成を目指す総合科学課程に分かれます。

教員養成系では、教育現場での実践的な活動方法の習得に力を入れているところが多いです。

 

・美術、デザイン、芸術系統

美術、デザインでは、絵画や彫刻、デザインなどの伝統的な芸術に加えて、映画や写真、コンピューターグラフィックスといった新しい分野が対象となります。

各分野の歴史や基本理論を学び、基礎の技法を身につけた後、個人指導で集中的に実技に取り組みます。

卒業制作に時間をかけるのが特徴で、個人指導がポイントとなるため大学選びでは指導教員が重要な検討項目となります。

芸術学では芸術史、芸術理論を学び、芸術の本質を探究します。

 

・音楽系統

音楽を学び、演奏家、指揮者、作曲家などの音楽のプロフェッショナルを目指す学問系統です。

声楽や楽器演奏の選考では、音楽理論と演奏法を学び、楽器別で細かな専攻に分かれます。音楽学専攻では、音楽の本質とは何かを理論的に学び、音楽作品を研究します。作曲専攻では音楽理論や作曲の技法を学びます。

音楽教育専攻では、音楽を教える専門知識と指導方法の習得を目指します。

大学によっては、音楽イベントの運営や音楽ビジネスを学ぶコースもあります。

 

~~~無料受験相談実施中~~~

受験のこと、普段の勉強のこと、それ以外…気になることにお答えします!お気軽に校舎までお問い合わせください♪

武田塾水戸校

お申し込みはこちらからどうぞ♪

TEL:029-306-9436

mail: mito@takeda.tv

  • 武田塾の無料受験相談