知らないと損する、共通テストの試験時間を短縮した5つの秘密

南浦和校・

知らないと損する、共通テストの試験時間を短縮した5つの秘密

アイキャッチ

 

こんにちは

武田塾南浦和校です。

 

受験生のみなさん突然ですが、共通テストの問題って時間内に解き終わらなくて困っていませんか?

 

時間

これは共通テストあるあるで、試験時間に対して問題量が非常に多いのが

共通テスト

 

共通テストで、課題の多くは「時間」です。

そのため、多くの人が解き切ることができなくて悩んでいると思います。

いかがでしょうか?

 

本番の時間配分に失敗する主な原因とよくある対策

 

共通テストの摸試や予想問題集で時間配分に失敗する主な原因は以下が考えられます。

nayamu_boy2

 

・解けない問題、迷う問題で延々と考えてしまう。

 ⇒対策:制限時間を設定し、一定の時間を超えたら次の問題に進む。

 

・得意・苦手や手間を問わず、問題の順序通りに解き進める

 ⇒対策:やさしい問題から解くなど、順序を考えなおす。

 

・問題の解き方に無駄が多く、テンポよく解き進められない。

 ⇒対策:問題ごとの自分の手順を検証し改善する。

 

・普段よりも慎重に解答するため思いのほか時間を消費する。

 ⇒対策:本番で+掛かる時間を見越して、演習では時間を短縮する。

 

・本番特有の緊張や焦りから、いつも通りに解けない

 ⇒対策:知識や解法のアウトプットを徹底強化する

 

上記の課題ってよくありますよね。

 

原因で共通しているのは「時間」です!!

 

共通テストで確実に高得点を獲得するには、高い学力ではなく試験時間を効果的に使うための「対策と戦略」が必要不可欠です。

 

business_senryaku_sakuryaku_man

つまり、時間の使い方次第では得点をより伸ばすことも可能です。

そんな知らないと損する、試験時間を短縮した5つの秘密をご紹介します。

 

共通テストまで約一か月直前、最高の結果をつかむためにも試してください。

 

①本番状況下で時間配分の失敗要因を洗い出してイメージする

 

共通テストは制限時間がある

時間との勝負です。

スクリーンショット 2021-12-17 000142

時間内に効率的に解くことが高得点のカギになります。

逆にいえば、失敗する可能性もあるので時間配分など試験時間戦略は「失敗防止」のために考える必要があります。

 

方法としてはこれまでの摸試の各科目を振り返り、共通テストでの時間配分の失敗につながる要因を自分の傾向を文字で可視化しましょう。

また、本番を見据えて考えましょう。

そのうえで、それぞれの状況をなるべく具体的にイメージしましょう。

これが時間を制するための第一歩です。

 

②時間の使い方を分析し見つかった弱点をピンポイント対策

共通テストの対策として、予想問題や摸試など本番を意識して取り組むことが欠かせないです。

その時大切なのは「自分がどのように時間を使っているか記録し、分析すること」です。

分析

 

具体的には、紙などにタイムテーブルでスケジュールを細かく書いていく。

大問単位での時間の使い方を把握はもちろん、小問やその解答のプロセス単位で全体の時間の使い方を把握することです。

その中で、どこに多くの時間を割いているか問題点を検証し原因を突き止めてください。

 

この問題では時間を多く使っているので、この方法で時間を短縮しようとピンポイント対策を考えていきましょう。

 

試験時間の使い方を最適化するには、この作業の精度が大きなカギを握ります。

 

 

③実際の試験時間より、短い時間で解答するトレーニングをしておく

大事な試験本番で緊張もありますが「1点も落とせない」と慎重に解答を行うと普段以上に時間がかかり、「時間がない」という課題が発生します。

 

その対策としては実際の時間より短い時間で解く練習をすることです。

例えば、制限時間60分の科目で50分を解くことです。

 

上記を行うことで10分余裕をもち、時間を追われることなく全問題に取り込めます。

特に普段から、厳しい科目は本番で致命的な時間不足に陥らないように練習しましょう。

これは焦り防止のミス防止にもつながります。

 

④選択肢の作り方や吟味方法の研究し、解答スピードを上げる。

例えば正誤問題で正しい内容の文章を選ぶ問題では選択肢の内容を単語レベルで検討する必要があり正解判断に時間がかかります。

スクリーンショット 2021-12-17 000525

こういった問題で効率よく時間配分を実現するには時間を短縮しないといけません。

 

 

その考え方としては、「選択肢の作り方の特徴を知ること」です。

 

演習時に正答・誤答の根拠となる情報が各選択肢でどういう風に組み込まれるかどう惑わされるか研究することが必要です。

 

解説を読むなどで解答のパターンをつかむことで選択肢の吟味と正解の判断に要する時間が短縮できると考えられます。

また、悩んだ問題に対して消去法の使いかにも慣れておきましょう。

 

⑤解けない問題を早めに見切って、時間のロスを削減する。

時間配分のカギを握るのは、実力的に解けない問題や過度に時間を要する問題への対処です。

 

こうした問題にでくわした際は、早めに見切って次の問題へ進むという判断が重要です。

 

仮に解答の着手中に、一定時間で解答の糸口すら見いだせない場合は機械的に次の問題へ移ること

また、目標の解答時間に達しても回答ができない場合は「あと何分で解答に行き着くか、それが残り時間にどう影響するか」を考え「中断」して次の問題に移るか考えることが必要です。

 

こうした見切りの方針を決めて時間ロスを最小限に抑えましょう。

 

まとめ 共通テストは時間意識と行動が大切

頑張る

共通テストは基礎知識は大切ですがそれ以上に「時間内に解ききる」ことが大切です。

 

確実に高得点を獲得するには、高い学力ではなく試験時間を効果的に使うための対策と戦略が必要不可欠です。

 

受験生の皆さんは意識と行動を一緒に共通テストの試験時間を短縮した5つの秘密を試してみてください

 

残り一か月頑張ってください。

◆無料受験相談受付中◆

残り時間で逆転するための第1歩として、ぜひ無料受験相談を利用してください。

ここまでお話したことを短期間で1人で考え抜くのは中々大変なことだと思います。

お困りのことについて、入塾の意志に関係なく無料でお応えします。

 

「勉強の方法がわからない」

「勉強しても成績があがらない」

「勉強しなきゃいけないけど、どうやって間に合わせるべきか困っている」

という方は、お気軽に受験相談にお越しください!

お申し込みは下記のバナーからどうぞ!

 

 

直前期の受験生に向けた、かけこみタケダ

今年も実施しています。

詳細はこちらの記事をご覧ください。


合わせてどうぞ

2021年度に合格した南浦和校の生徒の合格体験記

 

武田塾の勉強法について知りたいあなたに

Twitterも更新中!

   twitter 
@Minamiurawa_TKD

LINEの友達追加はこちらから!

友だち追加

************************

大学受験の逆転合格専門塾【武田塾南浦和校】

〒336-0018
埼玉県さいたま市南区南本町1-3-4
清水ビル 3階
(JR武蔵野線、京浜東北線南浦和駅西口より徒歩2分!)
TEL:048-872-8444
HP:https://www.takeda.tv/minamiurawa/

map