ターゲット1400と1900の違い、1900にどう移るべきか

三原校・

現1400→1900
こんにちは!武田塾三原校の木原です。

最もメジャーな英単語の参考書といえば英単語ターゲットシリーズです。
学校の指定教材になっていて英単語はターゲットで覚えているという生徒さんも多いです。
武田塾の英単語の覚え方「基本単語から一語一訳で覚える」に適しており、おススメできる単語帳です。

大学受験向けとしてはターゲット1400とターゲット1900があります。
そこで今回はターゲット1400と1900の違いや、1400から1900に移るときにどこまで覚えればよいかについて書いていきます。

 

ターゲット1400と1900の違い、1900にどう移るべきか

ターゲット1400と1900の違い

ターゲット1400と1900の一番の違いは収録単語の難易度です。

英単語ターゲット1400は「センター試験から中堅私大レベル」に対応していて、簡単な単語から3つのグループに分けて載っています。
 Part1 これだけは覚えたい600語
 Part2 さらに実力を伸ばす500語
 Part3 ここで差がつく300語

英単語ターゲット1900は「国公立2次試験・難関私大レベル」まで対応していて、こちらも3つにグループに分かれています。
 Part1 常に試験に出る基本単語800語
 Part2 常に試験に出る重要単語700語
 Part3 ここで差がつく難単語400語

 

ターゲット1400と1900の収録単語の被り

この2冊に収録されている単語のうち1045語は同じ単語です。
ではどのレベルの英単語がどの程度被っているのか、図に表してみます。

ターゲット1400と1900の被り

ターゲット1400と1900を通した収録単語の難易度

単語の被り具合をみると、2冊を通した難易度は簡単な方から「 1400のPart1 → 1900のPart1 → 1400のPart2 → 1900のPart2 → 1400のPart3 → 1900のPart3 」という順になっています。

一番簡単なグループはターゲット1400のPart1です。この見出し語600にはターゲット1900にも載っている363語と載っていない237語があります。ターゲット1900に載っていない237語には、中学・高校入門レベルの基礎単語が多く含まれています。難易度の高いターゲット1900では、それらの基礎単語が省かれているということです。

ターゲット1900のPart1にある「カバー率83%」とは、Part1の見出し語800のうち563語(363+282+18)がターゲット1400に載っており、ターゲット1400一冊を完璧にすることでPart1の83%がカバーされることを示しています。

 

ターゲット1400から1900にどう移るべきか

このことから英単語を1400と1900の2冊を用いて覚える場合の使い方について次のことがいえます。

ターゲット1900から始めるべきではない

ターゲット1900ではカバーされていない基礎単語があります。
中学・高校入門レベルの基礎単語に穴があると、入試において致命的なことになりかねません。
基礎単語ほど万全にするべきは鉄則です。
不安がある場合はターゲット1900の前に基礎単語を固めることから始めましょう。

ターゲット1400を完璧にして1900に移るのが理想

ターゲット1400を完璧にするとターゲット1900のうち1045の見出し語がすでに覚えた単語になります。
特にPart1の800語では83%の単語をすでに覚えていて残り17%を覚えれば済みます。1900を覚えるのがかなりラクになるということです。
また1400と1900を通して見出し語だけで2255語と多くの英単語をカバーでき、未知の英単語に出会うリスクを減らすことができます。

最低限ターゲット1400のPart1を固めて1900に移る

入試までに残された期間などからターゲット1400をすべて終えることが難しい場合、最低限ターゲット1400のPart1を固めてターゲット1900に移りましょう。理由は1400のPart1で中学・高校入門レベルを含む基礎単語を多くカバーしているためです。

 

ターゲット1400、1900の改訂について

ターゲット1400、1900は2020年1月に改訂が予定されています。

新1400→1900

出版元の旺文社のサイトをみる限り、コンセプトは以前のものが受け継がれ、ターゲット1400、1900の収録語が大幅に変わるものではないようです。
1400と1900に収録される英単語の関係性も同様になると思われます。

ターゲットで英単語を覚えたいけどまだ持っていない場合は、改訂版を待ったほうがよいでしょう。もう持っている場合は、買い直す必要まではありません。

 

システム英単語シリーズではどうか

武田塾の英語ルートに採用している英単語の参考書はシステム英単語Basicとシステム英単語です。ターゲットシリーズ同様「基本単語から一語一訳で覚える」ことに適していることが主な理由です。

新シス単B→シス単

ちなみに2019年11月に改訂されたばかりです。その内容については動画をチェックしてみてください。

ではシステム英単語Basicとシステム英単語の2冊を用いる場合、2冊に載っている英単語の関係性はどうなっているのしょうか。
ターゲットシリーズと同様にイメージに表してみます。

シス単Bとシス単の被り

システム英単語Basicとシステム英単語では、英単語を3つのグループに分け、基本単語はシステム英単語Basicのみ、難単語はシステム英単語のみに収録し、中間の単語は共通して両方に載せる形をとっています。

2冊を通した英単語のレベル分けがわかりやすく学習管理する上でも都合がよいため、2冊を用いて基礎から入試レベルまでの単語を覚える場合、より使いやすい形といえるでしょう。

 

終わりに

今回はターゲット1400と1900の違いや1900にどう移るべきかについて紹介させていただきました。

英単語を覚えることは英語の勉強の基本です。英語という科目は勉強法に難しいところがある反面、正しく学習すれば着実に実力が伸び、なおかつ安定します。
この記事をぜひ参考にしてみてください!

武田塾の無料受験相談では、勉強や受験のお悩み相談をさせていただいています。
お悩み解決のお手伝いができれば嬉しく思いますので、お気軽にご相談にお越しください。

 

 

サンドウィッチマンが武田塾の無料受験相談を受けてみた!


90秒でわかる武田塾


武田塾合格者インタビュー2019

三原の予備校・学習塾・個別指導塾なら
[逆転合格専門]日本初!“授業をしない”
武田塾三原校
志望校のこと、勉強方法のこと、困っていることがあったら無料受験相談へ!
お申込み・お問い合わせはこちらから

〒723-0014
三原市城町1-8-1 三原駅前ビル3F
※JR三原駅より徒歩1分


受入対象は⇒大学受験生、高校生、中学生
近隣アクセスは⇒三原市、尾道市、竹原市、東広島市、世羅町
TEL:0848-36-6231
武田塾三原校へのアクセス方法

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談