【数学の悩み】高校数学に慣れない!どうすればいい?

明大前校・

受験相談
こんにちは。
世田谷区の明大前駅から徒歩3分!
個別指導の大学受験予備校武田塾明大前校です。

明大前校塾生は、世田谷区、杉並区、新宿区、渋谷区、港区、調布市、三鷹市などをはじめ、江東区からも通塾しています。

武田塾明大前校には、東京大学・一橋大学・東京医科歯科大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学東京(東京都立大学)・埼玉大学・東京工業大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、

早稲田大学・慶応義塾大学・国際基督教大学・上智大学・東京理科大学といった難関私立大学や、GMARCH(学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています!

 

高校数学の理解に苦労する新高校生たち!なぜ難しいのか?

 入試の科目において数学を使うかどうかにかかわらず、多くの高校生は数学のもつ難しさに直面しまた悩んでいます。実際のところはじめから数学のコツをつかめている生徒はほんの一握りです。なによりも基礎的な内容で難しさを感じで挫折するというパターンはよく見受けられます。しかし、そこで諦めてしまってはもったいないものです。自分がどうして苦手意識を持っているかという原因をしっかりと見極め、改善に努めていくことで克服することができるかもしれないのです。

中学から数学があまり得意でない!

 中学の頃から数学の成績が振るわなかった方は高校では苦労するかもしれません。中学数学は直感的な解き方をする問題が多く、また問題のパターンも難しくしない限りは多くはありません。一方で高校数学はパターンの数が爆発的に増大し、さらに基礎的な理論のレベルも高くなっていきます。このような厳しい環境で学力を伸ばすためには、早いうちから自分の中に残る苦手な箇所を修正していくことが望まれます。なぜなら、高校二年で学習する2Bは1Aよりもさらに難しい問題に直面しますし、1Aの知識を前提として話が進んでいきます。1Aの理解度が欠けたまま2Bに取り組むと他の生徒に対してより大きなギャップを生む結果に陥ってしまうのです。

 中学で苦手な箇所をもう一度軽く復習しても良いですし、1Aの序盤の学習内容にまずはしっかり取り組むなど、何かしら自分の苦手なポイントに対して確実なアプローチを仕掛けていくといいかもしれません。

数学が得意だったはずなのに!

 中学で数学は得意科目なはずだったのに、高校からいきなり点数が下がってしまった・・・という方もしばしば見かけます。こうした方は自分の持つ「数学への自信」を砕かれてしまうこともあるので注意です。せっかく数学のセンスを持ち合わせているのに、ここで無駄にしてしまっては本当にもったいないです。そこで推奨されるのが辛抱強い学習でしょう。とにかく自分が理解できるまで徹底的にやりこみ、理論の流れを確実につかみ取ることです。このパターンを繰り返し続けることで高校数学のコツが次第にわかるようになってきますし、序盤の理解度も大きく上がるため一気にアドバンテージに持ち込めます。

中学数学とのギャップに苦しむ

  そもそも中学数学のある程度高いレベルの問題は図形問題が多い一方、高校数学では複雑な数式や理論的に正しいことを求められる記述が多い傾向にありますし、不等式、絶対値、組み合わせ、三角関数のような目新しい概念や記法が次々と出てきます。さらに関数や確率に関しても中学で学習したとは言え大幅に一般的な内容を取り扱っているため多くの方が序盤で苦しい思いをします。このように中学数学に比べると格段に学習する量や質のレベルが向上するため高校生たちが環境の変化に慣れないのは無理もないことなのです。

 しかしどちらも数学であり、さらに教育の過程として連続的に学習できるよう整備されているため根底にある考え方にはある程度の共通点や関連した項目が存在します。まったくわからない、いわゆるお手上げな箇所も教科書をよく読み解いて分解して考えると意外とすんなりと受け入れることができる場合もあります。例えば新高一生がよく悩む絶対値では、「絶対値は数直線における原点からの座標点の距離である。中身が正なら+、負なら-で外す。どんな式であっても、とにかく絶対値の符号の場合分けを徹底する」ということを意識するだけでもかなり解きやすくなりますし、絶対値の意味も次第にわかってきます。

得意不得意にかかわらず、とにかく諦めずに取り組む

 教科書に書いてあるような基礎内容はいわゆるテストなどにおいて「解けないので飛ばす問題」とは異なり、できないと全く何も解くことができないという状況に陥りがちですし、学校の定期テストの範囲になっている場合はテスト本番までには理解しなければならないという時間の制約もつきます。先生によっては赤点のラインを設けますし、入試で数学を使う場合は理解は必須です。つまり、端的に言うと数学から完全に逃げ切ることは中々難しいのです。数学でいい成績を残したり、苦手意識を克服するためには結局基礎理論の理解が必要になりますし、後になるにつれ新たに学習する内容が複雑化しリカバリーが効かなくなってきますので早いうちから高校数学の基本作法をうまく把握しなければなりません。

 基礎理論は、教科書などをしっかりと読み込めば理解できるようになっています。言い方を変えれば理屈はすべて教科書に書いてあるのです。まずは諦めずに一つ一つ確実に理解する努力をしてみましょう。もしどうしても一人で解決できない場合は学校の先生や武田塾の講師の方に質問してみることもいい方法でしょう!

受験相談イベントのご案内

■対象学年:既卒生・新高3・新高2・新高1
無料受験相談
既卒生・新高3・新高2年生のみなさん!
次に合格を勝ち取るのはあなたたちです!!
「今年の受験の悔しさを来年は晴らしたい!」
「残り1年!受験勉強を始めなきゃ!」
「現在の勉強では効果が出なくて不安…」
「武田塾ってどんな指導をしてくれるの?」
「今の生活を高3まで続けて大丈夫かな…」

そんな既卒生・新高3・新高2・新高1生対象の
「無料受験相談」を実施しています!

■無料受験相談 開催日

※無料受験相談会は予約制となっております
無料受験相談
お電話での受験相談へのお申込みはこちら↓
(武田塾明大前校)
TEL03-5301-7277

 

■受験相談イベント内容
①武田塾の学習法の全て
②偏差値を10上げるには
③武田塾生の1週間の学習紹介
④見学ツアー

さらに…
武田塾オリジナルアイテム「大学別ルート」
無料受験相談 参加者にプレゼント!
希望者は受験相談時に志望校をお伝えください!!
(ルート参考画像↓↓↓)

 

〇メールでの受験相談のお申込みはこちら↓

〇お電話での受験相談へのお申込みはこちら↓
(武田塾明大前校)
TEL03-5301-7277

 

 

【武田塾生の様子を動画で紹介!】↓

【武田塾明大前校】

京王線・井の頭線 明大前駅徒歩3分

TEL 03-5301-7277 (月~土)

〒156‐0043
東京都世田谷区松原1丁目38‐19 東建ビル2F・3F

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談