【理系受験生の悩み】計算ミスが中々減らない!何をすれば良い?

明大前校・

受験相談
こんにちは。
世田谷区の明大前駅から徒歩3分!
個別指導の大学受験予備校武田塾明大前校です。

明大前校塾生は、世田谷区、杉並区、新宿区、渋谷区、港区、調布市、三鷹市などをはじめ、江東区からも通塾しています。

武田塾明大前校には、東京大学・一橋大学・東京医科歯科大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学東京(東京都立大学)・埼玉大学・東京工業大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、

早稲田大学・慶応義塾大学・国際基督教大学・上智大学・東京理科大学といった難関私立大学や、GMARCH(学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています!

 

中々直せない計算ミスの癖!その原因と意識すべきこと

フリー写真, フリー写真, CC0 写真, 黒板, 数学, 教育, 数式, 勉強(学習)

計算ミスは理系受験生の大敵

 理系科目を勉強しているみなさんにとって、計算ミスはおそらく最も精神的に答える間違え方でしょう。特に模試や定期テストでやってしまうと「この一か所のミスがなければもっと点数が高かったのに!」と非常に悔しい気持ちになりますし、ましてやこんなミスを入試本番でやってしまっては大変危険です。しかし、この悔しい気持ちをバネにして克服する方法を考えていけばミスはどんどん減っていきます。

計算ミスの何が怖いのか

 計算ミスで最も恐ろしいのがはじめの計算結果を応用する大問において序盤で計算ミスをしてしまうことです。たったひとつのミスだけで、解法がわかっているかどうかを問わず大問後半の問題までドミノ倒しのように減点が尾を引きます。また、答案の過程を重視しないマーク式の問題も要注意で、「数字の個数があっているから多分正解」と妥協してミスを放置してしまうことが多くありますし、部分点が一切与えれられないというシビアな条件になっています。

 もちろん、難関大学の入試問題に多い小問のない記述問題でも計算ミスは痛手です。なぜならばミス以降の答案は全て値が異なるものになってしまいますし、本来簡単な値が出る問題で不必要に計算量が多くなり余計な時間を割くといったような非常に不利な状況に立たされることになってしまいます。このように、「たかが軽いミス、今度直せばいい」と言うだけでは済まされないほど計算ミスには大きなリスクがひそんでいます。

計算ミスの克服方法1:操作をパターン化する

 計算ミスとは、根号の複雑な計算のような普段はあまりやらない計算で起きやすいです。つまり、慣れていなければいない計算ほどミスは増えます。そのため基本的には多くの計算練習を行うことが推奨されます。演習量を積み計算過程をパターンとして記憶するとただの操作になるのでミスが減りますし、また計算中に割く思考の労力も削減することができるためメリットが多くあります。計算ミス対策で演習を積むにあたっては目標点を設定して取り組むと効果がありますので、目標を超え安定して計算ができるようになるまでひたすら繰り返しましょう。

計算ミスの克服方法2:確認を怠らない

 計算ミスの起きやすいもう一つの状況は代入のような勘違いを起こしやすい計算です。これは数学が得意な人もしてしまうミスの一つで、回答時間が少ないときの焦りや解法がわかった直後の油断など計算に対する意識が薄れてしまっているときに発生することが多いです。このミスの回避方法は計算の度に「本当にこの操作は正しいか?」と確認することです。代入の際は正しい変数に数をあてはめているか、文字式の変形ではただしく字数や係数が対応しているかなど、しっかりと自分の計算の正しさが本当に正しいのかという疑いを持ってよくチェックしましょう。

計算ミスの克服方法3:ときどき見直す

 問題の見直しというと完答後に行うイメージが強いかもしれません。確かに完答後の見直しは大切ですし、時間があるならばぜひするべきです。一方でこれだけでは計算ミス対策にはあまり効率の良くない方法と考えられます。もし完答後に途中にミスが見つかった場合はそれ以降の答案を書きなおす必要が出てきてしまうためです。そのため、計算ミス対策を減らすためにも見直しは解答中にもすることを推奨します。数行計算を行ったらその箇所をよくチェックしてミスがないかを確認しましょう。万が一ミスを発見しても書き直す量が少なくて済みますし、精神的にもゆとりが生まれます。

 ただし、時間をかけすぎても良くないのでうまく時間配分を行って確実に答えを書き上げていくことが重要です。

計算ミスを減らして高得点を狙おう

 計算ミスは数学の学力が高い人にもありがちな悩みです。僅かな点差で合否が変わってしまう可能性のある大学受験においてはぜひ克服しておきたい課題でもあります。もし計算ミスに悩んでいるのであれば確実に改善しておく必要がありますし、ミスを減らすこと自体は自信にも繋がりますから自分がどこでミスをしているかなどにも注意しつつ数学の勉強を進めていくと良いでしょう!

受験相談イベントのご案内

■対象学年:既卒生・新高3・新高2・新高1
無料受験相談
既卒生・新高3・新高2年生のみなさん!
次に合格を勝ち取るのはあなたたちです!!
「今年の受験の悔しさを来年は晴らしたい!」
「残り1年!受験勉強を始めなきゃ!」
「現在の勉強では効果が出なくて不安…」
「武田塾ってどんな指導をしてくれるの?」
「今の生活を高3まで続けて大丈夫かな…」

そんな既卒生・新高3・新高2・新高1生対象の
「無料受験相談」を実施しています!

■無料受験相談 開催日

※無料受験相談会は予約制となっております
無料受験相談
お電話での受験相談へのお申込みはこちら↓
(武田塾明大前校)
TEL03-5301-7277

 

■受験相談イベント内容
①武田塾の学習法の全て
②偏差値を10上げるには
③武田塾生の1週間の学習紹介
④見学ツアー

さらに…
武田塾オリジナルアイテム「大学別ルート」
無料受験相談 参加者にプレゼント!
希望者は受験相談時に志望校をお伝えください!!
(ルート参考画像↓↓↓)

 

〇メールでの受験相談のお申込みはこちら↓

〇お電話での受験相談へのお申込みはこちら↓
(武田塾明大前校)
TEL03-5301-7277

 

 

【武田塾生の様子を動画で紹介!】↓

【武田塾明大前校】

京王線・井の頭線 明大前駅徒歩3分

TEL 03-5301-7277 (月~土)

〒156‐0043
東京都世田谷区松原1丁目38‐19 東建ビル2F・3F

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談