武田塾の英語の勉強法!!おすすめ参考書紹介その②

松山校・

こんにちは!!

武田塾松山校の坂井です(^^)/

センター試験までちょうど1ケ月ですね!!

みなさん、調子は順調ですかね!?

 

昨日は英単語帳の「システム英単語」をご紹介しましたね!!

今日はその続きで第2弾(^^♪
↓↓第一弾はこちら↓↓

『武田塾の英語の勉強法!!おすすめ参考書紹介その①』

 

その前に...

恒例の!!

さて、それでは今日も「今日は何の日コーナー」です!!

ーーーーーーーはい、今日は日本人が初めて飛行機の飛行に成功した日です(^^♪

1910(明治43)年のこの日、東京・代々木錬兵場(現在の代々木公園)で徳川好敏工兵大尉が日本初飛行に成功しました。

飛行時間は4分、最高高度は70m、飛行距離は3000m。

実際には5日前の14日に飛行に成功していたが、公式の飛行実施予定日ではなかったため「滑走の余勢で誤って離陸」と報告されたそうです。

武田塾 飛行機 画像

 

ということで、

飛行機のように皆さんもきちんと最後の追い込みを飛ばしていきましょう!!

 

昨日はみなさんに英単語の覚え方を紹介しましたね(^^♪

それでは、今回は英文法の覚え方をきちんと確認していきましょう!!

 

英文法の参考書といえば、もちろん、これ!!Next Stageですね!!

ただVintageなどの別の参考書をやっているという方もいらっしゃるかと思います。

しかし英文法の勉強はそこまで違いが出るものでもないので今回はNext stageについての勉強法を教えたいと思います!

別の参考書を使っている方も参考にしてみてください!!

そんな英文法の勉強の仕方でやってしまいがちな間違いといえば、

答えをそのまま覚えちゃう!!とか

英文法は、なんとなくで解けちゃったり、

やりすぎて、最初の問題は、③だなと答えをおぼえてしまったりと...

 

英語 文法 おすすめ 参考書

 

単語は1語1役が言えればOK!!

じゃあ、文法は、左側の問題の答えが当たればOK??

それは違います!!

文法の勉強法はNext Stageをやるうえで

答えの丸暗記になってないか、

単語のように「答えが当たればよい」ではない!!

英文法は答えを覚えることがゴールではありません!!

POINT!!

『文法の勉強は単語とはやり方が変わる!?』

これは武田塾でも実際に質問も非常に多いところです!!

「ん~~~~~~~~むずかしい( ;∀;)」

最初はなかなか難しいと思います!!でも、時間をかけてただ覚えるのではなく、成績のあがる、意味のある勉強にしていきましょう!!

 

「Next Stageの右側(解説)を覚えても

 実際の問題は解けない!!」

 

覚え方がわかってないとダメ!!

右側は実際の入試問題に出てこないので...

本来なら左側の問題と選択肢だけで

正解にたどり着かないといけない!!

 

つまり、入試では左側(問題と選択肢)だけで

右側(解説)が思いつかないといけない!!

 

ただ右側の知識を

覚えただけじゃダメ!!

「この問題でなぜ右側の知識が必要なのか?」

それがわからないといけない!!

 

例えば、時制の問題の4択が

①現在形②過去形③未来系④現在進行形で

正解が②過去形だったとする。

なんで??

問題文のこの部分に”yesterday”とか”last year”とか

過去をあらわす単語が入っているから!!

これが英文法の勉強法です!!

 

右側を暗記するのではなく、

右側の知識を使って、どう左側の問題を解くのかが重要!!

そのため最終的に右側の知識は身に着けないといけない、ということです!

このことに気を付けて勉強をしていきましょう。

 

ただ......Next Stageだけでは不安な方!!

文法苦手とか英語苦手って方には、

もっと詳しく解説してくれる参考書をご紹介(^^♪

 

文法が苦手でわからない人必見!!講義系おすすめ参考書!!

さて、みなさん英語が得意で、文法も得意で

Next Stageをガンガンやれちゃう!!

間違っても解説読めば即納得できる!!

という状況なら、一番いいのですが......なかなかそうもいきません( ;∀;)

 

ということで、

なかなか勉強がうまくいかないという方のために!!

今回わかりやすく教えてくれる、参考書をご紹介!!

↓↓それがコチラ↓↓

英語 おすすめ 参考書

こちらEvergreen」(^^)/

武田塾の生徒さん達には「Forest」のほうが親しまれているかと思いますが、名前が変わっただけなので一緒です!!

Forest⇒Evergreenですね!!

これは、最初から最後まで全部通して読むものではありません!!←ここ重要!!要注意です( ..)φメモメモ

Next Stageをすすめていく中で、

ここわからないなって問題があったとき、

そしてNext Stageの解説を見ても、ちんぷんかんぷんな時に、

この「Evergreen」の解説を読んで理解しましょう!

たとえば、

「Next Stage」の『仮定法』の問題を解いててわからない問題に直面!!

⇒Next Stageの解説を読む!!

⇒さっぱりわからない!!(*_*;

⇒そうだ!!こんなとき!!

 「Evergreen」(^^)/⇒「Evergreen」の『仮定法』のページを開く!!

⇒なるほどなるほど(。-`ω-)

 

ってな具合です!!

こんな感じで、要所要所でこの参考書を使うことでわからない点を確実につぶして

英文法の勉強もバシバシすすめていきましょう(^_^)/

それでもわからない!って人は先生や友人に質問してわからないところを徹底的になくしましょう。

英文法はいろいろなところにつながるのでここを乗り切ればここからがやりやすくなる!!

文法が分かれば長文も読めるようになるはず!

英語の勉強も、そのほかの勉強法も気になる!!

もっとお話聞かせて(*'ω'*)そんな方は

↓↓こちらをクリック↓↓