現代文をどうやって読めば良いのか分かりません。点数もテストによってまちまちです。

松本校・

こんにちは!武田塾松本校 教務の長田です。

今回は松本校の生徒がよく悩んでいる現代文への取り組み方についてです。

 

学校の現代文の授業では学校でとり扱う文章がどのような内容か、作者が何を意図して書いたのかということを教えてくれます。言い換えれば、文学としての文章を扱い、文学を楽しめるようになるための授業をしてくれていると私は考えています。

ですが、入試では文学を楽しむだけでは点数がとれません。点数をとりたければ点数をとる為の勉強をしなくてはいけないのです。

では、どのようにすれば点数がとれるようになるのか。

端的に言えば自分が一番点数をとれる読み方を身につければ良いのです。

私は以下のようにして評論文を読んでいますし、生徒にもまずはこのように読んでみるようにアドバイスをしています。

 

評論文にはいくつかの種類があります。そしてそのほとんどが対比を含んだ文となります。この対比関係をつかんでいる状態で読んでいれば、それぞれのメリットやデメリットをつかむこともでき、内容理解が深まります。ですからまずは「何と何の対比の文なのか」を読み取る必要があります。

 

また、段落などにも種類やつながりがあります。抽象的な話をしている段落具体的な話をしている段落など、また、段落の文頭に「すなわち」や「ということは」などつなぎの文が来ていれば全文と何かしらの関係があることも見抜けます。そうすると段落をまとめたもっと大きなまとまりを見つけることができるでしょう。


こういったことに気をつけて評論文を読んでいくとあることに気がつくはずです。

ほとんどの評論文の展開は

問題提起

対比1について

対比2について

まとめ

とこのような流れになっています。

この構造が分かれば棒線部について必要な部分を抜き出す問題などは余計なところを読む必要もなくなりますし、何がどこに書いてあるのかも分かるようになってきます。

こういったことに気がつけるようになれば、初見の文章でも「このように展開されるのであろう」と予想して文章を読み進めることができるため非常に楽になります。

 

 

何も考えずに文章を読んでいるだけでは点数は安定しませんし、手応えも獲られません。

文章の構造をつかみ、内容を理解していくようにすることと、話の展開を予想しながら読んでいくことを続けていけば自分なりの現代文の読み方が身についていくでしょう。

 

それでもできない!という方は読める人がどのように読んでいるのかを勉強していく必要があります。

実際に見てみることで、「なるほど」と感じる物があるかもしれません。

 

松本校でも講師が問題を解いているところを見せながら、やり方を示しています。話を聞いている生徒さんを見ていると「なるほど、そうやってといていくんだ」と納得していたり、やらなければいけないことを「ひとつひとつ」アドバイスされるため、徐々にできるようになってきたりしています。

また、センター現代文を早く解くには文章を早く読むしかないと考えていた生徒さんも、時間の短縮の方法などを教えると、「現役時代に知りたかった、この方法ならめちゃめちゃ早く全文を読まなくてもすみそうだ」と驚いていタリしました。

松本校では、このようにして生徒の現代文の点数を伸ばしています!

 

無料受験相談
松本校に受験相談の予約をする

オススメ記事

センターで8割とれるあの分野が実は完全独学だった・・・?

同じ勉強時間なのにあの人はなぜできる

数学の勉強をするときに気をつけるべきこと

来年絶対合格すると決意した方へ

今年の成績あまり良くなかったなという方へ

新学期スタート!志望校合格の為に今やるべきことは?

8月時点で偏差値40。MARCH志望です。

非進学校の高校2年生です。非進学校から大学に行くためにはどうすれば良いですか?

年中無料受験相談受付中ですのでお気軽にお電話ください。どんなささいな質問でもかまいません。

連絡お待ちしております。

無料受験相談
松本校に受験相談の予約をする



他の塾にはない武田塾の強みってなに?
武田塾の強み
松本市の個別指導なら武田塾松本校
武田塾公式ブログ

Youtubeでも活動中!武田塾チャンネル
武田塾チャンネル

  • 武田塾の無料受験相談