非進学校の高校2年生です。非進学校から大学に行くためには何をすれば良いですか?

松本校・

今回の受験相談は
自分の学校は進学校ではないんですが、大学に行きたいです。どうすればいいですか?
というものです。
高校入学当時は大学について一切考えてなかったけど、勉強する内に行きたくなったということはよくあることだと思います。しかし、自分の高校の卒業生の9%しか四年制大学に進学しないという状況だとあきらめてしまったり、先生も進学をオススメしなかったり対応できなかったりすることもあるでしょう。
ではあきらめるしかないのでしょうか。

そうではありません。
ただし、進学校に通っている人たちと同じようにしていては勝負にならないことも事実です。
そういった人たちより質よく勉強していくことが必要になるでしょう。
ですが、利点もあります

 


非進学校の利点

進学校では授業の難易度が高く、ついて行くのがやっとになってしまう生徒さんが多くいます。そういった方は授業に縛られ自分が本来しなくてはいけない勉強ができないということが起こります。
そうなると成績は伸びず、定期テストも付け焼き刃の知識で挑んでしまうため、模試や入試で実力が出し切れなくなります。

しかし、非進学校では授業が比較的簡単だったりします。そのため、授業外のことをする時間をとることができます。(そうしないと必要な知識がそろわないということもあります)自分のペースで、自分に必要なところを重点的に勉強できるため、成績をアップさせることは容易です。

このように非進学校には進学校にある悩みがない分勉強時間を確保できたり、自分のやらなければいけないところに時間をかけて勉強できたりするというメリットがあります。
しかし、当然のことながら大きなデメリットがあります。

 


非進学校の不利点

  • 学校が受験の雰囲気にならないため、周りの状況だけをみて安心していると全然歯が立たない。

受験は学校内だけで無く日本全国の受験生と戦わなければいけないということを自覚していないとこの状況に陥ります。多くの方はこの勘違いから脱却できずに「こんなはずではなかった」と嘆くことになります。

 

  • 授業のレベルが入試のレベルにまで達しないため、授業に頼っていると入試レベルの問題が全く解けない。

学校の成績は良いはずなのに模試では全然ダメという方はこれです。実際のレベルの問題が解けるようにならないことには模試でも本番でも点数がとれるわけがありません。

 

  • 大学受験サポートのできる先生の数が少ないため、どのように勉強して良いか分からない。

自分に必要な勉強が分からない。何を勉強して良いのか分からない。だから授業で扱っている物を勉強するということになります。先ほども言ったとおり授業の勉強をしていても大学に合格することは難しいでしょう。そのためそういったことを教えてくれる先生に聞いてほしいのですが、対応できる先生がいないので仕方ありません。

 

  • 勉強しやすい空間がつくられていない

休み時間の教室や自習室(ないところもある)で集中して勉強できる設備が整っていないので勉強に集中できないということもよくあります。学校の大多数の生徒が必要としていないため仕方が無い部分ではありますが、その雰囲気では自分の成績を伸ばすことは難しいでしょう。

 

デメリットはどれだけやる気があってもそれをサポートできる体制が整っていないということです。
ではこのデメリットを解消するためにはどうすれば良いでしょうか。

 


デメリットを解消するためには?

  • 学校が受験の雰囲気にならないため。周りの状況だけを見て安心していると全然歯が立たない

★塾や予備校に通うなどして、進学を希望する生徒に囲まれる状況を作る。
塾や予備校は大学進学を目指している人が集まります。つまり、擬似的な進学校になります。そうすることで周りと比較しながら頑張れたり、全国のレベルと比べながら勉強したりできるようになります。

 

  • 授業のレベルが入試のレベルにまで達しないため、授業に頼っていると問題が全くとけない

★授業を完全に捨て、自分の必要なところの勉強に時間を充てる。
メリットのところでも少し話しましたが、必要ない授業をなくせばいくらでも時間を作ることができます。また、こうすることで進学校の生徒よりも必要な勉強をすることができるので、非進学校のメリットにもなります。

 

  • 大学受験サポートのできる先生の数が少ないため、どのように勉強して良いか分からない。

★インターネットなどでサポートしてくれる先生や塾予備校の先生に聞けるようにする。
塾や予備校には入試専門の先生がたくさんいます。そういったその道のプロに任せれば何が必要か、どうするべきかのアドバイスがもらえるはず。ただ、集団形式だと多くの人に該当することを教えてくれたりするので自分にぴったりかどうかは少し不明です。

 

  • 勉強しやすい空間が作られていない

★地域の有料自習室を利用する。自習スペースのしっかりした塾を見つける
自習室があるところを使って勉強するようにしましょう。図書館でも良いんじゃない?という考えも浮かびますが、私はあまりオススメしません。オススメしない理由としては
周りに自分と同じように頑張っている生徒が多くいるわけではないこと
時期によってたくさんの人が利用するため、混雑してしまうこと
です。
有料自習室であれば、自分と同じ状況の生徒が集まって勉強しているので良い雰囲気でもあります。さらに勉強に必要な設備もそろっているはずなので快適に利用することができるでしょう。

 

と、このように非進学校の生徒さんは進学校の生徒さんに比べて準備することがいっぱいですが、準備をしっかり整えることができれば、進学校の生徒さんより良い勉強ができるようになるはずだということです。

 


この記事を読んでくれている方々は武田塾について知っているかもしれませんが、武田塾では

  1. 授業は一切しない!
  2. 塾生は逆転合格を狙って一生懸命頑張っている!
  3. 志望校合格ルートがあるので安心して勉強できる!
  4. 快適に使える自習室が完備されている!

という非進学校の方が大学に合格できる準備が整えてあります。
大学の合格を目指している生徒さんは一度受験相談に来て、塾の様子を見に来てください!
冬だけ・かけ込みタケダ開催中!

今、君に読んでほしい記事

年中無料受験相談受付中ですのでお気軽にお電話ください。どんなささいな質問でもかまいません。

連絡お待ちしております。

無料受験相談
松本校に受験相談の予約をする



他の塾にはない武田塾の強みってなに?
武田塾の強み
松本校公式ブログはこちら!
武田塾公式ブログ

Youtubeでも活動中!武田塾チャンネル
武田塾チャンネル

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談