振り返る癖を作ろう!?成果のでる振り返り法!!

松戸校・

こんにちは!武田塾松戸校の細田です!!

とうとう夏休みが終わってしまいました。受験生の皆さんは当然夏休みはしっかりと勉強していたと思いますが、夏休みの最初の頃に勉強したことしっかりと覚えていますか?勉強したことを忘れてしまっている人もいるのではないでしょうか?

そこで本日は勉強の振り返りについてお話しします!

なぜ振り返りをするのか?

振り返りの一番の目的は、自分には何ができて何ができないのかを確認するためです。
自分の状況が分からずに勉強しても成績は向上しません。

突然ですが、ここで勉強が「うまくいっている生徒」と「微妙な生徒」の先生との受け答えの例を挙げます。

勉強がうまくいっている生徒の受け答え

先生:「何をやったの?」
生徒:「〇〇の参考書を××までやって、成績が△△まで上がりました。」

勉強が微妙な生徒の受け答え

例1
先生:「何をやったの?」
生徒:「〇〇の参考書を××くらいまでやりました。」

例2
先生:「何をやったの?」
生徒:「英語を2時間やりました。」

例3
先生:「何をやったの?」
生徒:「単語と文法をやりました。」

いかがでしたでしょうか?皆さんも先生とのやり取りで「微妙な生徒」の受け答えをしてしまったことはあるのではないでしょうか?

この例のようにうまく勉強ができている生徒は、「何を」「どれくらい」「どうなったか」をしっかりと把握できています。それに対して、勉強が微妙な生徒の特徴として、勉強した「時間」や「量」のみしか把握していません。

勉強では何をやったのか、それをやったことによって何ができるようになったのかをを確認する必要があります。

どのように振り返るのか?

それではどのように振り返ればいいのでしょうか?
「とりあえず勉強してから振り返ればいいや」ではダメです!!

振り返りをするためには、勉強する前にまずは何をできるようにするために、何を勉強するのかを考えましょう!!

『目的を決める』→『勉強スタート』→『その目的が達成できたかどうかを振り返る』

この順番で勉強することによって、その目的が達成したか、しないかの振り返りが自動的にできるようになります。

しっかりと振り返りをしないと、せっかく時間を使って勉強したのに、何ができるようになったのか、何が身についたのか分からないままになってしまいます。それでは時間や労力が非常にもったいないです。

次には期間単位での振り返り方についてお話しします。

1日単位の振り返り

達成目標と量がどこまで終わったかを、毎日に確認する必要がある!
しっかりとその日にやった内容が理解しきれているかを確認することが重要!!

一週間単位の振り返り

1週間全部の範囲の中で、今はどこまで身についているかを確認する。特に初日にやった内容がしっかりと覚えているか確認する必要がある。
武田塾の場合、4日2日ペースの前半の4日間の進めた範囲を本当に理解・覚えているのかを確認する。

1週間では勉強がうまくできない日もあると思います。その場合は、何が原因なのか、リカバリーが別日にできるかもしっかりと確認しましょう!!

1ヶ月単位の振り返り

1ヶ月間の勉強では抜けてしまう範囲も出てくるので、戻る範囲を意識すること。
そして、今の時点からあとは何をやるのか、年間計画において消化できた範囲を確認しましょう!!このままで間に合うのかは、今の進捗具合によって変わります。

進捗によっての変化

1ヶ月間で参考書はどれくらい仕上げられたのか、その結果、共通テストなどの過去問の点数を何%くらい上げられたのか、模試がどれくらい良くなったのか、入試の期間までにこのままのペースで終われるのか、終われないとしたらどこでペースUPするのかなどを確認しましょう!!

 

まとめ

◯振り返りをする目的は、今の自分には何ができて何ができないのかを確認するため。

◯振り返りをしないと軌道修正できないので、今の勉強が順調なのか分からない。

◯1日〜1週間では、しっかりと内容を理解できているかを確認。

◯1ヶ月であれば参考書が終わっていたりするので、勉強内容を理解しているかや忘れていないか結果を確認するだけでなく、模試や過去問の結果などの実力的な成果を振り返る必要がある。

◯その振り返った結果から今後の方針を決める

 

受験生の皆さんへ

武田塾松戸校では、「いつ」「何を」「どのくらい」「どうやって」学習を進めればよいかを明確にし、ひとりひとりオーダーメイド形式で勉強の計画をたて、それを実行できるよう徹底的な管理とサポートを行ってまいります。塾に来ない日も、何をすればいいかはっきり示します。 

このページをご覧になっておられる方の中には、塾選びに迷っている方もおられるかもしれません。しかし、迷っている間も受験までのカウントダウンは進んでいます。

どうすれば志望校に合格できるのか、道筋をしっかりと示します。その道筋を正しく歩めるか、徹底的に見守ります。絶対に後悔はさせません。ぜひ一度、武田塾松戸校にお越しください。

無料受験相談

 

武田塾とは?

武田塾は「授業をしない」という独自のスタイルで、偏差値30台・E判定からでも短期間で難関大学に逆転合格を可能にする予備校です。

校舎にて行われる特訓は「先生1名:生徒1名」の完全個別指導。1週間の自習計画を作成し、どのように進めていくか勉強のやり方を指導します。1週間後に自習内容の定着を確認する確認テストをテストを行い、そのテスト結果をもとに次の1週間の自習計画・宿題を作成します。

成績を上げるには自習が一番良い」という考えで、生徒自身が一人で効率よく勉強できるようになることを目標にしています

 

なぜ授業を行わないのか?

そもそもなぜ授業を行わないのかというところからお話しします。
結論から言うと、授業を受けるだけでは成績を上げるのが難しいからです。
高校では、1年間で概ね1000時間もの授業を受けます。
「こんなにも長い時間授業を受けているのか!?」と驚かれたと思います。
しかし年間1000時間授業を受けても、その分成績が上がったとなかなか実感できないですよね。

 

なぜ成績が上がらないのか?

年間1000時間も授業を受けているのに、なぜ成績が上がらない理由はなんでしょうか?
それは、勉強が「わかる」の段階で終わってしまっているからです。
多くの人が、授業を受けて「わかった」状態になり、解けるようになった気になってそのまま次に進んでしまっているのです。

 

どうしたら成績が上がるのか?

01

学習には、わかる→やってみる→できる、の3つの段階を踏むことが重要です。

授業を受けて(わかる)、復習を行い(やってみる)その後同じ問題や類題を自力で解けるようになる(できる)まで繰り返す。この一連のサイクルが習慣付いている人は、成績が上がっていきます。

そして武田塾では、日々「完璧にできる」ようになるまで徹底的に勉強してもらいます。

この「完璧にできる」ようになるということが非常に重要で、1つのミスが命取りになる難関大学受験においては、日々の学習の完成度を完璧にするか否かで合否が分かれます。

武田塾 こんな方におススメ!

自分一人だとサボってしまいそうな人
・勉強の方法がわからない人
・大手の塾や予備校に通ったけど、伸びなかった人
・短期間で成績を上げたい人

こちらの4つにあてはまる方、ぜひ武田塾の無料受験相談にお越しください。

無料受験相談

 

無料受験相談とは

受験相談・山火

受験相談では

  • あなたのための奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 合格までやるべきすべてのこと

などについてお話しさせていただきます。

受験相談の詳細はこちら

「絶対に志望校に合格したい」という気持ちがあれば、今の成績や高校のレベルは関係ありません。

「模試でE判定だけど合格できるかな?」
「受験勉強って何から始めれば良いの?」
「勉強してるのに成績が上がらない・・・」

とお悩みなら武田塾の無料受験相談にお越しください。
あなたが志望校に合格できるよう全力でサポートさせていただきます。

無料受験相談

 

無料受験相談実施中!

S__203808771

武田塾では、無料受験相談を随時実施しております。

志望校に逆転合格する勉強法
あなたにぴったりの参考書紹介
武田塾の詳細や料金説明 などなど…

受験や勉強に関するお悩みがある方は、ぜひお気軽に近くの武田塾までお問い合わせください。

無料受験相談

//////////////////////////////////////////////////

武田塾 松戸校
千葉県松戸市本町4-4 GK松戸ビル 4F
電話 047-710-8402
E-mail matsudo@takeda.tv
URL https://www.takeda.tv/matsudo/

//////////////////////////////////////////////////