慶應義塾大学・法学部・小論文【解説(松戸校講師)】

松戸校・

慶應法小論文サムネ本部.001

武田塾松戸校の講師で、現役の慶應義塾大学法学部のA先生に、慶應法学部の論述力(小論文)のポイントの解説と模範解答を作成していただきました。

◇試験の概要

スクリーンショット 2019-11-05 18.25.59

基本的には、小論文の過去の平均点から考えて調整が行われていると思われる。例年50点弱と言うことは、合格点から45点引いた上で、残りの2科目でその点数をとる必要があることを暗に意味しています。

 

◇過去の出題と頻出テーマ

2019年度 国際人権問題
2018年度 現代社会のリスク
2017年度 立憲主義
2016年度  世界文明の到来
2015年度 人間社会における関係価値
2014年度 「ケアの倫理」と「正義の倫理」について
2013年度 内閣総理大臣のリーダーシップの在り方について
2012年度 「未来国家」の在り方
2011年度 「抵抗権」について
2010年度 ポリスの対立を題材に市民としてどのような決定を下すか
2009年度 セキュリティー社会の是非
2008年度 「知識人」の在り方
2007年度 戦争責任

出題テーマは、法学・政治学が中心である。ただ一方で、その枠にとらわれない出題も見られる。幅広い分野での視野が必要となるので普段からニュース等には敏感である必要がある。また、武田塾でも使用している『小論文の完全ネタ本(文英堂)』を利用してある程度の基礎知識をインプットしておくのもよい。

 

◇試験のポイント

 慶應義塾大学法学部の「論述力」では、評価ポイントについて事前に問題用紙の表紙に示されています。そのため、これが評価の参考になります。

 そこには、「理解力」「構成力」「発想力」「表現力」の4つが評価の対象になると明示されているので、答案作成の際はこれらの点に注意し作成してください。

それぞれの力についての具体的な説明については以下の記事を見てください!

・現役慶応大生が慶應義塾大学法学部の小論文を書いてみた!!

 

◇模範回答例

抵抗権とは、「抵抗」する「権利」である。「抵抗」とは、言葉だけではなく行いによって「反対する」ことだ。権利には、それが保障されている場合とされていない場合がある。前者は「合法的抵抗権」とよばれ「悪法も法なり」とする法実証主義でも認められているもので、例外的に実定法の枠内でしか行使されない。抵抗権の実定化は、幅広く抵抗権を実定化した政体である民主制の下で国の安定性と秩序を保障しつつ支配者の交代を実現するといった進歩をもたらした。それに対し、後者は実定法と国家権力の不正な強制に抵抗する「超実定的抵抗権」であり、自然法思想に根拠を置く良心の問題である。その行使は、良心に従った義務で、その義務ゆえの権利である。国家権力は強いので、個人による抵抗権の行使は負けるだけでなく、処分を受ける覚悟もしなければならない。だが、どんなに抵抗権の実定化が進んでも、完全な政体と法秩序はあり得ず、抵抗の結果悪法や権力の不正が改められる可能性はある。それゆえ、超実定的抵抗権の意義は失われない。以上のように筆者は抵抗権を捉えている。
「日の丸・君が代」の「掲揚・斉唱」の実施を教職員に強いる都の決定に対し、それに伴う処分は憲法の保障する思想・良心の自由を脅かす不当なものではないかという訴訟が行われた。判決では、従来から全国で広く実施されていることや、国旗国歌法や国歌斉唱を「指導する」とした学習指導要領が存在していることなどを理由に訴えを退けた。つまり、少数者保護を目的としているはずの憲法の人権規定が重視されなかったのだ。これに対し、実質的に憲法の保障する人権を侵害することは不当だと教職員側は上告した。
裁判でも、憲法の保障する基本的人権が保障されないなら、合法的抵抗権の道は狭まるとともに、近代立憲主義が揺らぎかねない。そして、国家に対し個人が処分覚悟でこの自由を実現するために、超実定的抵抗権の行使しか道が残されなくなってしまうが、その覚悟を持てる教職員はそういない。歴史を振り返ると、超実定的抵抗権の行使で、公民権運動のように救われた人権があったことからその権利の行使自体が悪いわけではない。しかし、多様な意見の存在を前提とした民主主義、ひいては近代立憲主義を守るためにも、司法は、反対意見を覚悟した少数者の超実定的抵抗権に追い込む判決ではなく、少数者の人権をも最大限保証した判断をするべきである。(994字)

この模範回答例の作成ポイントを知りたい方は以下の記事を参照ください

・現役慶応大生が慶應義塾大学法学部の小論文を書いてみた!!

 

無料受験相談

無料受験相談実施中!

S__203808771

武田塾では、無料受験相談を随時実施しております。

志望校に逆転合格する勉強法
あなたにぴったりの参考書紹介
武田塾の詳細や料金説明 などなど…

受験や勉強に関するお悩みがある方は、ぜひお気軽に近くの武田塾までお問い合わせください。

無料受験相談

//////////////////////////////////////////////////

武田塾 松戸校
千葉県松戸市本町4-4 GK松戸ビル 4F
電話 047-710-8402
E-mail matsudo@takeda.tv
URL https://www.takeda.tv/matsudo/

//////////////////////////////////////////////////