【模試】5月の模試って受けなきゃダメなの!?

松戸校・

こんにちは!武田塾松戸校の校舎長福山です。

 

4月1日より河合塾の第一回全統マーク模試、第一回全統記述模試の申し込みが始まりました!

受験者数も多く今の自分のレベルを知るために非常に参考になる模試ですので、ぜひみなさん受けてください!

 

申し込み期間:4月1日(月)~4月26日(金)15:00

実施日:マーク 5月5日(日)、記述 5月12日(日)

申し込みはこちら

5月の模試はうけるべきなの...??

受けてください!とは言ったものの

「5月の模試なんか受けてもなんの参考にもならないんじゃないの?」

「そもそも受験勉強を始めたばかりだから受けたくない!」

と思っている人も多いのではないでしょうか?(^◇^;)

結論から言うと、絶対に受けてください!!

 

なぜ5月に模試を受けるべきなのか?

5月の模試を受けるにあたって皆さんが気になることは「結果が出せるのか?」ということではないでしょうか?

はっきり言います。残念ながら結果は出せないでしょう!

5月の段階ではまだ高得点を出せない人がほとんどです。そもそも受験勉強を本格的に始めた人ばかりなので、これは当然と言えますよね。

ではなぜ受けた方がいいのか?

その理由は

 

『現状の自分のレベルを知るため』です

 

そもそも模試の役割というのは点数を確認することではありません。いまの自分を知るチャンスとして活かすことが主な役割となります。

だから、5月の模試ではいまの自分はどの分野が理解できて、どの分野が理解できていないのかを明確にできるチャンスだと思って受験してください。そして、何よりも大事なのは模試を受験した後にできなかった分野を勉強することです。

わからなかったことはそのままにしない。わかるようにしてるから次の日を迎える!それが武田塾の勉強法です!!

 

さいごに

模試はゴールじゃない。志望校の受験日に学力のピークを持ってくることが大事!!
だから、模試の出来が良くても、悪くてもそれを自分自身の「勉強を頑張ろう!」と言うモチベーションに変える能力が大切です!

実際のところ、長い人生を生きていく上で嫌なことや理不尽なことなんて山ほどあります。でも、そういう経験した時に頑張ろうというモチベーションに変えられるか?他人のせい、環境のせいにするのか?

これで人生は大きく変わります。

何かを成し遂げた人と何も成し遂げずに成功者を批判し続ける人の違いはたったこれだけなんです。

私は、一橋の大学院を修了するまでにさまざまな経営者、著名な教授のお話を伺ってきました。
全員が共通して言うのは「さまざまな結果を引き起こしたのは元をたどれば全部自分自身だ」ということです。

これはどういう事かというと、人間は毎日色々な選択をしている。

たとえば、
・朝7時に目覚ましがなって、①まだ眠いからあと30分寝るのか?②眠いけどいま起きるのか?
・友達に学校で会って、①自分から挨拶するのか?②相手から挨拶されるのを待つのか?
・昼食に何を食べるのか?
・明日テストという状況で①見たいテレビを見るのか?②勉強するのか?

この中には無意識に選択しているものもあるが、全部選択をしている。

だから、さまざまな選択の積み重ねがいまの自分をつくっている

人のせいや環境のせいにせず、嫌なことがあっても自分の糧として前に進んでいく!そういう人には自然と結果と運がついてきます!

私が言いたいことはとにかく5月の模試は絶対に受けてほしいってことです。笑

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談