勉強の「時間」と「質」

前橋校・

 

こんにちは!武田塾前橋校です。

今回は勉強の「時間」と「質」について考えていきたいと思います!

thA35V8NDJ

受験勉強の質とは?

 

まず、はじめに、

皆さんは「勉強の質」とは何を指していると考えますか??

 

だらけた勉強をせず

「ある程度の時間で、集中力を切らすことなく学習をすること」を指す

という考えを持っている方が多いかもしれません。

 

こと受験における勉強」の質とは

「ある程度の時間で、知識を正しく、確実に身につけること」を指します。

 

つまり、どれほど集中して学習したか

ではなく

学習した知識の定着度が測られるべきと考えられるのです。

 

勉強時間と学力の関係

さて、

大学受験を考えている受験生にとっては、

周りのライバルがどの程度勉強しているかということは

気になるものですよね。

 

この場合、みなさんが気にしているのは、

周りのライバルがこなしている勉強時間でしょうか?

それとも、勉強内容の定着度でしょうか?

 

塾生に

「一日何時間くらい勉強していましたか?」

「一日何時間くらい勉強すればいいんですか?」

と質問されることがあります。これは勉強時間についての質問ですね。

 

一方、勉強の質に関する質問をされることはめったにありません。

 

このことから、勉強時間勉強の質を考えた場合、

多くの受験生は

自分と周りの勉強時間を比較し、

あくせくしているように考えられます。

 

たしかに、

勉強時間は客観的に比較することができるため、

優劣を判断する材料の一つとなり得ます。

しかし、

試験の得点は必ず勉強時間に比例する

というものではありません。

 

何時間勉強すれば、何点取れるという保証はないのです。

 

だからこそ、

自分の知識がどの程度定着しているか、

に目を向けるべきなのです。

重要なことは定着度!

 

ではこの「定着度」を高めるためには何が必要でしょうか

「問題を解き、解説を見直して理解する」だけで十分でしょうか?

 

「定着度」を高めるためには、実に多くのことをこなさなければなりません。

 

ただ解説を読んで理解するだけではなく、

もう一度自分で解答を再現できるか確認しなくてはなりません。

 

そのためには、その解答の根拠を明確に説明できなければなりません。

そのためには、その問題の解説だけでなく、

講義本を用いて関連事項を確認することが必要となるかもしれません。

 

また、さらなる定着を実現するために、

その問題の類題を解いてみることが求められます。

 

そして、その類題の

解説を読んで理解して、

解答を再現するために解答の根拠を明確にしなければならなくて、

そのためにー、、、

の繰り返しをこなして定着度を高めていくのです。

 

つまり、

1つのことを定着させるためには

様々な方面からのアプローチが必要です。

まとめ

おわかりでしょうか。

「質」を高めるためにはどうしても「時間」が必要になってくるのです。

正しい学習ができている人はこのことを知っています。

 

1日6時間勉強をしよう!と意気込む必要はありません。

無理に1日の勉強時間を定めているようなら、

そもそもの学習方法を見直してみてください。

 

定着するまで、やるべきことをやる

その結果として、6時間経ってしまった。時間が足りない、、、

ということはよくあることです!笑

無料受験相談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談