夏の勉強計画、武田塾OBはこうやって立てました!

町田校・

皆さんこんにちは!

町田 の 大学受験 逆転合格 予備校 、 個別指導 の 「武田塾町田校」です!

町田、相模原、川崎、横浜、座間、海老名、厚木など小田急線や横浜線沿線にお住まいの受験生、沿線の学校に通う高校生などが通塾している「武田塾町田校」に寄せられる「受験相談の声」をこちらに紹介していきます!

武田塾は「最も効率的な勉強方法を教える」「E判定からでも逆転可能な学力をつける」受験塾です!

生徒たちは皆、早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・東京理科大学を始め、明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学・学習院大学といった上位私大や横浜国立大学・東京学芸大学・首都大学東京・横浜市立大学などの公立大学などに逆転合格を目指して日々励んでいます

 

定期試験も終わったところが多く、いよいよ夏休み直前!!

受験の天王山である夏をどう過ごすかによって、その後の伸びや定着度合いが大きく変わります。

逆転合格を果たした先輩がどのように夏の計画を立てて、どう夏休みを過ごしたのか聞いてみました。

まだ準備ができていない人は是非参考にしてみてください!

まずは入試本番からの逆算をしよう!

夏休みが明けると本番まであっという間です。

なので、夏休みに入る前に本番からの逆算をしてみることをオススメします。

夏休みに何をどれだけやれば良いかはっきりと分かる状態を作る

これがとても重要です。

 

具体的な逆算の仕方の例として、

⓪:入試本番までに合格できる実力をつけたい

①:⓪を実現するために何月から大学別の過去問を解き始めたいか

②:そのために目安となるセンターで何割以上を何月までにとるか

③:そのためには夏休みで各科目どれくらいの量をこなさなければならないか

このように逆算をしていきます。

 

たとえばですが、夏の間に英単語2000個を覚えなければいけないとしましょう。

夏の間に2000個覚えるためには、夏休みが40日あると仮定すると単純計算で一日50個ずつ覚える。

このように一日の勉強量を明確することができます。

これを夏休みに入る前に各教科で行ってみてください。

ただし気を付けなければいけないのが、人間は物凄い勢いで忘れていくということです。

1日50個で覚えて最終日に2000個消化したとしても、最初の方に覚えたものを忘れてしまう可能性が大いにあります。

だからこそ、定期的に復習するタイミングも考えて、そのうえで間に合うペースを考えてみましょう!

 

時間があるからこそ夏休みはルーティンを作ろう!

夏休みの過ごし方で一番大事な点は、毎日一定の生活リズムで過ごすということです。

なぜこれが大事かというと、生活リズムがバラバラだと夏前に明確にした必要勉強量を、必ずといっていいほどこなせなくなるからです。

私は必要勉強量をこなすための生活リズムの整え方として、一日の勉強スケジュールを分単位で紙に書きだし毎日同じ時間に同じ教科を勉強するようにしました。

↑当時の様子を思い出しながら作成した午前中のスケジュール。
時間で区切ることで本番を意識しての練習にもなりました。

このようにスケジュールを作ることで、勉強の合間に次は何を勉強するか考える時間を削ることができます。

無駄な時間を無くし、効率の良い勉強をどれだけ増やすことができるかが夏休みのカギです。

夏休みを通してタイムマネジメントのプロになるのを目標にしましょう!

 

いかがでしたか?

皆さんの中にも、取り込めそうなものがあれば是非試してみてください。

写真に載っていたスケジュールのようなものとして、ToDoリストを作って
自分がその日にやる課題に優先順位をつけて消化していくのもオススメです!

計画的に夏を制しましょう!!

もし一人で上手く計画を立てられないという方や、計画を作ってもやり切れるか心配な方は
武田塾町田校の受験相談へお越しください!

 

武田塾町田校では無料の受験相談を行っています。

お申し込みはこちら

 


武田塾生の1日を紹介する動画ができました!

 

小田急線 町田駅 徒歩3分
町田に開校!逆転合格専門の武田塾町田校


武田塾町田校 無料受験相談、無料体験をご希望の方は、
042-720-5001 (武田塾町田校 問合せ窓口)まで
もしくは、
HPから武田塾町田校 無料受験相談へのお問い合わせはこちら 

 

 

武田塾町田校の地図はこちら

〒194―0022 東京都町田市森野1-32-13 新光森野ビル5F
osaka_map0310_2 (1)

最寄り駅

小田急線町田駅 徒歩3分

  • 武田塾の無料受験相談