【講師紹介】細野先生 中央大学国際経営学部

経堂校・

1.自己紹介

私は現在、中央大学国際経営学部に在籍しています。

春から3年生になりますが、国際経営学部は中央大学の新設学部で、私が入学した2019年に開設されました。

元々経営学にとても興味があり、将来は世界全体をマーケットとしたビジネスを展開したいというビジョンがあったため、すべての講義を英語で受けることのできる国際経営学部に進学しました。

結果として自分の興味のある学部から合格をいただくことができましたが、元々AO入試や自己推薦に本腰を入れていた私は、最後の1か月間で一から一般入試の勉強をして受験に臨んだので、自学自習の大切さを身に染みて感じることができました。

 

2.大学紹介

中央大学はとても真面目な生徒が多く、学校側のサポートもとてもしっかりとしています。

私が在籍している国際経営学部は、中央大学で初めて”英語を用いて講義を全ての講義を行う”学部です。

留学生や帰国子女も多く、学部専用ラウンジなどの共用のスペースでは、英語での会話が飛び交っていることも魅力の1つです。

1年次の夏休みには、全生徒に英語圏への1か月間短期留学が義務化されています。

また、経営学や経済学だけではなく、環境学やプログラミングなどの他分野の授業も英語を用いて学ぶことができるので、生徒側からすると大変ではありますが、将来のグローバルリーダーを育成するための環境が整っています。

物凄いスピードで国際化が進んでいる現代において、従来のように学費の高い海外大学への留学の代替として、日本の国際系学部で手厚いサポートを受けながら自分の興味のある分野を学んでいくのも一つの手ではないでしょうか。

国際経営学部のような経営学専門の学部ではなく、早稲田大学のSILS、上智大学のFLAなどの国際教養学部は、いろんな分野の学問を学ぶことができるので、将来の夢が決まっていない生徒さんも、沢山の選択肢が広がっています。

最後に、新設学部の特徴として、倍率が集中するという点や、システムが不安定であるという懸念があります。

しかし、新設学部ならではの”自分たちで新しい学部を作っていく”という感覚を味わうことができ、意見やアイデアもすぐに反映してくださるので、最先端の素晴らしい環境で学ぶことができるのでおすすめです。

 

3.受験時の苦労

私は高校時代に一年間休学して留学に行ったり、学校外での活動も活発に行っていたため、帰国後は学校での評定を上げることに全力を注ぎ、推薦入試の準備をしていました。

しかし、推薦入試では書類の一次選考すら通過することが出来なかったり、すでに休学して1年遅れをとっていた私は、毎日不安とプレッシャーに襲われ笑顔や口数も減っていきました。

今となっては笑い話ですが、自分の人格や今までやってきたことを否定されたように感じてしまい、当時は毎日泣きながら消えたいと願ったり、支えてくれている家族に八つ当たりをしてしまいました。

大学の付属高校に通っていたため、大学受験に失敗しても大学に進学することはできましたが、自分を追い込むために第一志望校の不合格通知を受けた日に推薦権破棄の書類を提出しに行き、予備校も辞め、その日から1か月間誰とも連絡を取ることなく必死に勉強しました。

1か月しか時間がなかったため授業を受けることもせず、ただひたすら英単語や古文単語を叩き込んだり、過去問を何回も解いては間違えたところを復習したりと、一秒も無駄にしないように自学自習に励んでいました。

その結果、最終的に受験倍率40倍以上の中央大学国際経営学部に合格することができました。

 

4.受験生に向けて

受験には、運やまぐれもあるかもしれません。

次々と難関校から合格をもらう同級生を見て落ち込んだり、どんなに時間と労力をかけても結果を出すことの出来ない自分が大嫌いになってしまうかもしれません。

また、私のような留年生や、浪人生の方は、すでに大学に入って楽しそうに遊んでいる元同級生が羨ましかったり、自分の生活が悲惨に思えてしまうかもしれません。

そのような厳しい受験戦争の中で、一般入試は一番自分の努力ややってきたことが結果として反映しやすい受験形式だと思っています。

1つでも多くの単語を覚えたり、演習問題を解いていくたびに、現状より上の難関校を目指すチャンスを得ることが出来ます。

一年間予備校で準備した倍率1,2倍の推薦入試で全く結果を出すことができなかった私でも、1か月間自分の足りないところや、点を挙げられる見込みのある教科を重点的に学習することで、倍率40倍の人気の新設学部から合格を頂くことが出来ました。

適切な方法や、順序の上で努力を惜しまなければ、どんなことでも成し遂げられるチャンスは日に日に近づいてきます。

だからこそ、強い意志と勉強を継続する力があれば、どんな難関大学でも、自分の目指している大学への合格を手にすることが出来ると信じています。

無限の可能性が待っている受験生の皆さんには、限られた時間を無駄にせず、絶対に後悔のない大学受験にしていただきたいです。

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 経堂校へ