8月末で志望校ワンランク下を突破できなかった!これからどうする?

久留米校・

んにちは!

西鉄久留米駅から徒歩1分!

大学受験の予備校・塾・個別指導塾の

武田塾久留米校です。

 

武田塾は「最も効率的な勉強方法を教える」

「E判定からでも逆転可能な学力をつける」

学習塾です!

 

通塾生は、最難関の医学部医学科や

九州大学・早稲田大学・慶応大学・

東京理科大学を始め、福岡大学・

西南学院大学

 

明治大学・青山学院大学・立教大学・

中央大学・法政大学・関西大学といった

上位私大の逆転合格を目指して日々、

学習に励んでいます!

 

今現在、通っている生徒さんは

久留米地区を中心に、

みやま地区から通っている生徒さんも居ます。

 

中学生~受験を控えた現役生や浪人生まで

一緒に、目標に向かって頑張っています!!

 

夏までの目標を突破できなかったらどうする!?

今年もいよいよ9月に入りました。

武田塾では8月末までに

志望校ワンランク下を突破するという

目標を掲げており、

これに到達できた人は順調と言えます。

 

しかしそうではない人は焦る気持ちが

出始めているのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

8月末までに志望校ワンランク下を

突破できなかった場合どうすればいいか

についてお話しします。

 

やるべきことを見極めよう

まず初めに、この目標は目安として

設定しているものなので、

9月末までに志望校ワンランク下を

突破できればまだ可能性はあります。

 

しかし8月末と比べて過去問対策の期間が

少なくなるので、焦らないことが大事です。

 

では、終わらなかった場合は

いつ・どこまでなら終わるのでしょうか?

直前期は分野別以外の新しい参考書を

あまりやるべきでないので、

日大レベルの人の場合、

12月からMARCHレベルの参考書を

新しく始めるのは難しいです。

 

志望校レベルまたはワンランク下までは

何月に入れたら順当に終わるのか考えましょう。

第1志望のレベルを見て、

科目によって戦えるか戦えないかを調整して

各科目の優先順位を決める必要があります。

 

文系の場合、国語は順調なペースでも

英語が少し追い付かず社会が遅れている

という人が多いです。

 

こういう状況のまま突っ走ると

社会の得点不足英語の仕上がりの甘さ

合格まで届かないとになります。

 

そうならないために、9月以降英語や日本史の

比率を一気に上げるなどの計画を検討しつつ

見直しましょう。

 

ここからは理想的展開で進めることが難しいので

なんとか確実に間に合いきる材料

勝負しなければなりません。

 

その中で志望校の情報はすごく重要です。

配点・問題形式・難易度などから

受かる可能性を上げるためにはどうするか、

分野ごとに対策する参考書を検討したり

大学ごとの各科目の配点を比較したりと、

情報収集から残りの時間でできることを逆算しましょう。

 

受験生の前半戦は8月末で終わりです。

ここでどれだけ仕上がったのか成果を確認して

やることとやらないことをしっかり見極め、

今後の方針を考えてください。

 

これから先理想論では進められないので、

今の自分の中でどれが1番可能性が高いプランか

考えて動く必要があります。

 

理想論で突き進んだ結果

中途半端で終わるのが一番怖いです。

「武田塾のルートを全部終わらせなきゃ!」

と思いがちですがそうではありません。

終わらなくても受かれば勝ちです。

 

9月以降の勉強計画で悩んでいるのなら、

悩む時間がもったいないので

無料受験相談に来て戦略を練りましょう。

 

諦めるにはまだ早い!

8月末までにワンランク下を突破できていなくても

合格している人はたくさんいます。

あくまで参考にするものの一つととらえ、

間に合うことを最優先に計画を立てましょう。

後半戦もまだまだ諦めずに頑張ってください!

 

武田塾久留米校(0942-36-7736)では

成績を上げるための正しい勉強方法を

あなたにお伝えします!

気になる方は無料の受験相談にお越しください!