高1・2向け!「本気を出すのは高3から」では受かりません!

久留米校・

んにちは!

西鉄久留米駅から徒歩1分!

大学受験の予備校・塾・個別指導塾の

武田塾久留米校です。

 

武田塾は「最も効率的な勉強方法を教える」

「E判定からでも逆転可能な学力をつける」

学習塾です!

 

通塾生は、最難関の医学部医学科や

九州大学・早稲田大学・慶応大学・

東京理科大学を始め、福岡大学・

西南学院大学

 

明治大学・青山学院大学・立教大学・

中央大学・法政大学・関西大学といった

上位私大の逆転合格を目指して日々、

学習に励んでいます!

 

今現在、通っている生徒さんは

久留米地区を中心に、

みやま地区から通っている生徒さんも居ます。

 

中学生~受験を控えた現役生や浪人生まで

一緒に、目標に向かって頑張っています!!

 

受験はまだまだ先の話……ではない!?

「○月から本気出す」

このセリフを言ったことはありませんか?

よく聞く言葉ですが、実は

このような考え方をしている人は

受かりません。

 

いったいどういうことなのか、

詳しく説明していきます。

 

高1・高2の方も、

「受験はまだまだ先の話」

油断していたら要注意です。

 

最初はうまくいかない!

「本気を出して効率のいい勉強をするぞ」という

勢い自体は良いのですが、

勉強はいきなりMAXで

効率を上げることはできません。

 

暗記の要領復習の仕方を確立させるために、

助走期間がしばらく必要になります。

そこに意外と時間がかかって

最終的に間に合わなくなってしまうリスクがあります。

 

武田塾の参考書ルートでも、

〇か月あれば早稲田大学に受かるだけの

参考書が終わらせられる!

という理論上の数値を出すことはできますが、

勉強を進めていくと、

 

・勉強法を間違える

・勉強の効率が悪い

・過去問を解くと基礎が抜けている

 

など、初期は必ず失敗が付きまといます。

スタートは絶対早ければ早いほうが良いです。

 

「部活を引退してから頑張る」など

時間の問題で仕方ない場合もありますが、

それでも引退まで本当に何もせず

そこから単語を覚え始めるのではなく、

基礎的な単語は事前に覚えておいて

その過程で暗記慣れをしておくようにしましょう。

 

そうやって暗記法を確立しておけば

引退後の追い上げに役立ち現役合格へつながります。

 

「〇月から頑張る!」というのを

言い訳にして何もしない状況を作らず、

今すぐ少しずつでもよいのでやってほしいです。

早めに失敗の経験をしておきましょう。

 

先生たちの失敗談

武田塾御茶ノ水本校 校舎長の清水先生も、

受験勉強を始めるのが遅く

序盤は躓きましたが、

 

最終的に70~80点くらいの

勉強姿勢にしていったそうです。

もっと早くスタートしておけば

 

90~100点に近い状態で勉強できる

期間をより長く取れて、

もっと本番の点数を上げられたかもと

後悔しているそうです。

 

教務の高田先生も、高校2年生の春ごろから

2年かけて京大ルートを終わらせましたが、

理想通りに進めていれば1年ちょっと

終わらせられました。

 

1年近く無駄や失敗と付き合っていたのです。

しかし、その経験があるからこそ

正しい勉強法に出会えたとも言えます。

無駄や失敗も含めて受験計画を立てましょう。

 

できるだけ早く始めよう!

「まだ高1・高2だしいいや」

「武田塾は1年で受かるって言ってたし

高3になってからでいいでしょ」

 

などと思わずに、できるだけ早く始めて

失敗をしてほしいです。

独学で勉強する場合は失敗することが前提です。

 

その失敗に早く気づいて、

徐々に正しい勉強法に軌道修正して

成績を上げましょう!

 

武田塾久留米校(0942-36-7736)では

時期に応じた正しい勉強方法を

あなたにお伝えします!

気になる方は無料の受験相談にお越しください!