《センター英語66点UPで獨協大学合格!!》

熊谷校・

~合格体験記インタビュー~
太田 直人 くん

出身校:熊谷西高校
入塾時期:浪人の7月
入塾前の成績:センター5割以下(現役時代は全落ち)
合格校:獨協大学、文教大学、東京電機大学

【武田塾に入ったきっかけは?】

現役時代は東進ハイスクールに通っていたにもかかわらず全落ち
自分で演習する時間を確保することの大切さに気づき、授業を行わずに自分のペースで勉強を進められる武田塾の存在を知り、入塾することに決めました。

 

【武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?】

武田塾に入る前までは、”とりあえず長時間勉強する”ということや”参考書がどこまで進んだか”など形にこだわった勉強をしていました。
もちろんこれら2つのことも成績を上げるには必要なことなのですが、それ以上に”なぜこうなるのか”と思考し、”何が身に付いたのか”をこまめに確認することの方が大切だということを学ぶことができました。
その結果、昨年のセンター試験と比べて 物理が26点、地理は30点、英語は66点も点数を上げることに成功しました!

【担当の先生はどうでしたか?】

理系の先生2人に担当してもらっていました。
分からないことがあればイチから丁寧に教えてくれるのはもちろん、特訓がない日でも質問に行けば教えてくれる熱心で優しい先生方でした。
ぼくは浪人生だったので学校に行かず勉強していたのでとても心細かったのですが、家族以外に年が近くて勉強を教えてくれて雑談が出来る人がいる、という環境のおかげで気持ちが落ち込むことがあっても立て直すことができていました
恭平先生、藤井先生、1年間お世話になりました!

【武田塾での思い出を教えてください!】

大晦日の日にピザパーティーをしたり、浪人友達と一緒にご飯を食べに行ったり、スタバに行ったりしたのも良い思い出です。

【好きな参考書ランキングベスト3!】

第1位:『システム英単語』

コメント:フレーズごとの例文があって覚えやすい!

第2位:『Next Stage』

コメント:問題プラス考え方ものっているので、これ1冊で文法・語法はほぼ完璧!

第3位:『物理のエッセンス』

コメント:なぜそうなるのか、ということが詳しく載っている参考書!

【来年度以降の受験生にメッセージを!】

勉強している時に、こんな所絶対試験に関係ないだろ、と思った所が試験に出たり、問題を解く際に必要な知識であったりするので、手広くメジャーな所ばかりを勉強するよりも、参考書は出来るだけ絞って何度も何度も繰り返して深くやり込むほうが力がつくので是非実践してみてください!!

【校舎長から】

現役時代は東進の映像授業を見るだけで終わってしまって全落ち。演習時間を確保出来なかったせいで成績を伸ばせなかった、ということに入塾時点で気付けていた太田くん。
毎日自習室でコツコツと勉強し続けた結果、なんとセンター試験本番の英語は66点UPの162点!!!
受験生が敬遠しがちな基礎基本をとにかく徹底し続けたので、模試や過去問題演習の成績にブレがなく安定した点数をとり続けることができました。
どこか天然でいじられキャラな太田くん、これからも一歩一歩を着実に積み重ねて歩んでいってくださいね(^-^)

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談