武田塾熊谷校流!赤本ノートの使い方!!

熊谷校・

こんにちは! 逆転合格専門の個別指導塾・予備校の武田塾熊谷校です。

武田塾には様々なタイミングで、塾選びを失敗してしまった受験生や高校生が数多く「無料受験相談」に来てくれます。

今日は『武田塾熊谷校流、赤本ノートの使い方』です(^^)/

さて、タイトルに書きましたが、赤本ノートの使い方ですが、みなさんの参考になるようにその一部を紹介していきたいと思います。そもそも赤本ノートを使っていますか?何のために使うのかはっきりさせておいた方が良いと思うのではっきりと書いておきます。

その目的はズバリ・・・自己分析です。

私の持論:「自分のことすら分からない人間が、出題者の意図(問題の傾向)なんてわかるわけがない」

↑の写真はA君の赤本ノートです。早稲田大学の過去問を解いたものですが、非常によく書けています。具体的にいうと、一番下の欄。苦手な分野~To Doの部分。何をやらなければならないのかが明確です。

B君のノートはどうでしょう。B君のものですが・・・。赤鉛筆で丸をつけてあるところが未記入です。これではただ解いて点数を記入した程度でそれほどの効果は発揮できません。

 

さてさて、みなさん。何のために赤本を解きますか?

①実力を知るため

②合格点に達しているか知るため

③問題の傾向を把握

④自己分析

正解はどれでしょう???

 

正解は・・・全部です。赤本ノートを完成させることはとても大変なことだし、時間も必要。でもそれだけの価値があることを分かってください。志望校の出題形式の中で自分に何が足りないのかがわからないようでは到底逆転合格など不可能です。12月中旬からは弱点補強に時間を割く時期です。センター試験の対策はもちろん大切ですが、私立専願の人は特にこの作業を12月から始められるように今しっかりと赤本分析+自己分析を行ってください。

(ちなみに武田塾熊谷校では「猫スタンプ」によって出来を分けていますw 当然、赤〇をつけたところは特訓内で指導が入るのでみんなかなり良い分析が出来るようになりました。)

大学受験は部活でいうならば全国大会に値します。全国大会で勝ち抜くのがどれだけ難しいかわかりますよね?ぜひこの機会に考えてみてください。勉強法がわからない、塾選びがわからない、など悩みあれば武田塾熊谷校にお問い合わせください。相談に乗ります。

大学受験の逆転合格専門塾【武田塾熊谷校】
〒360-0037
埼玉県熊谷市筑波2-50-1センターフィールド4F
(JR高崎線熊谷駅徒歩1分)
TEL:048-525-5152
地図

  • 武田塾の無料受験相談